FC2ブログ
HOME   »   スケート  »  [フィギュアスケート] ソチオリンピック代表選手決まる!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 12月23日にかけて開催された、全日本選手権2013の結果を踏まえて、最終23日の競技終了後、恒例のオリンピック代表選手発表が行われました。

 男子シングルは羽生結弦、町田樹、高橋大輔の3選手、女子シングルは鈴木明子、浅田真央、村上佳菜子の3選手でした。

 この発表を聞いて、男子代表の3人目が焦点となったのだろうと、誰もが思ったことでしょう。
 全日本選手権2013・男子シングルの3位は小塚崇彦選手だったのですが、同5位の高橋選手が選出されたからです。

 もともと、全日本選手権の結果のみで選出するわけではなく、世界ランキングやグランプリシリーズの内容も加味するということでしたから、この選定は妥当なものなのだろうと思います。

 一方で、「不透明な感じ」がすることも事実でしょう。マラソンや他の競技でも見られることですが、スポーツの世界大会代表が密室で決まることへの不信感は、拭えないものです。

 選出する側は「オリンピックで好成績が期待できる選手を選出する」と、必ず言うのですが、選ばれなかった選手は出場していないので、どちらの選手が好成績を残せたかということは、常に分からないことなのです。「好成績が期待できる」という言葉には、あまり意味がありません。

 「①いくつかの要素・いくつかの大会の成績を加味して選出する」という方法と、「②ひとつの大会の成績で選出する」という方法は、何時の時代も優劣が付けにくいものなのです。

 アメリカの陸上競技他の選出方法のように、全米選手権というひとつの大会の上位3位までを代表とするという形は、とても分かりやすく、選手の納得性も高いものでしょう。その大会に向けての調整能力も反映されますし、本番での強さも醸成されます。

 一方で、実力十分な選手がたまたまの不調や故障のために、代表に選ばれないというのも残念な気がします。

 また、②の方法を選ぶことが出来る国は「選手層が厚く、世界トップレベルの選手が数多く居る国」であり、①の方法を選ぶ国は「世界トップクラスの選手が少数しか居ない国」であると言うことも出来そうです。

 例えば、代表枠が3人で、有力選手が5人居るような場合には、ひとつの大会の上位3人という選出方法が適しているのでしょう。本番に向けての精神面の強弱を測るには、②の方が優れていると思われます。

 そうすると、現在世界最高の選手層を誇る日本男子シングルの代表選出方法として、②を採用する時期が来ているのかもしれません。

 いずれにしても、高橋大輔選手はソチで自らの実力を必ず発揮しなければならないことになりました。少しでも緩んだ演技を見せれば「代表選出方法に問題があった」と言われかねないからです。高橋選手にとって大きな負担となるのでしょうが、高橋選手にはこのプレッシャーを是非跳ね返していただきたいと思います。

 男女共、史上最強・最高のメンバーが揃った、シングル日本代表の6選手。男女共に、複数のメダルが期待されます。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[NFL] 氷点下22℃のゲーム
NEW Topics
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
Entry TAG
ソチ五輪フィギュアスケート代表決定  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930