FC2ブログ
HOME   »   NFL  »  [NFLプレーオフ] ペイトリオッツ 見事な試合運び
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今季NFLのプレーオフも、ワイルドカードを終えてディビジョナル・プレーオフゲームが、1月11日と12日に行われました。
 AFC・NFCともに2チームが勝ち上がり、1月19日のチャンピオンシップゲームに進出しました。このゲームで、各カンファレンスのチャンピオンが決まり、チャンピオン2チームにより、世界一を決めるスーパーボールが行われます。

 ディビジョナル・プレーオフの結果は以下の通りです。(左側が勝ったチーム)

NFC(ナショナルフットボール・カンファレンス)
・ シーホークス23-15セインツ
・ 49res23-10パンサーズ
AFC(アメリカンフットボール・カンファレンス)
・ ペイトリオッツ43-22コルツ
・ ブロンコス24-17チャージャーズ

 シーホークスとプロンコスは、各カンファレンスの第1シードですし、49ersは昨季のNFCチャンピオンチームですから、この3チームの勝ち上がりは順当なところでしょう。
 また、ペイトリオッツは21世紀最強のチームとも呼ばれていますから、これも「意外」な勝ち上がりではありません。

 しかし、ペイトリオッツの試合内容は、とても「意外」なものでした。

 そもそも、絶対に負けられないゲームであるプレーオフゲームは、インターセプト等のターンオーバーを警戒して「守備的なゲーム」になることが多く、少ない得点になることが多いのです。
 事実、他3ゲームの勝利チームの得点は、ブロンコス24、49ers23、シーホークス23とレギュラーシーズンに比べると少なくなっています。プロンコスなどは、レギュラーシーズンで1試合平均37.8点を取っていますから、得点が激減しているのです。

 一方で、ペイトリオッツは43点という高得点です。6つのタッチダウンTDを挙げました。この高得点は、相当意外でした。
 加えて、ペイトリオッツの43点中TDパスによる得点が0なのです。この点が、最も意外です。

 ニューイングランド・ペイトリオッツと言えば、ペイトン・マニングと並び称される、当代最高のQBトム・ブレイディを擁するチームですから、強力なパスプレーを中心とした攻撃力に定評が有るところです。
 特に「ここぞという場面」での、ブレイディのパスは、何度もチームに勝利を齎してきました。

 そのペイトリオッツのプレーオフゲームにおいて、TDパスが0というのは驚かされるのです。

 本ブログでも、今季のプレーオフにおいてペイトリオッツは苦戦すると予想しました。ブレイディのパスの受け手が次々と故障し、切り札のタイトエンドTEグロンコウスキーも出場できないとあっては、さすがのブレイディもパスを投げ難いであろうと考えたのです。

 ところが、ブレイディとヘッドコーチHCビル・ベリチックは「ランで勝つ」戦略を立て、実行しました。見事という他はない戦略でした。

 このゲームで、ペイトリオッツのランニングバックRBルギャレット・ブラントは24度のランで166ヤードを走り4つのTD。素晴らしい活躍です。
 そして、2番手のRBとして、スティーバン・リドリーは14度のランで52ヤードを走り2TDを奪いました。この2人で6TDを挙げたのです。

 ブラントは183cm114㎏、リドリーは180cm100㎏という体格を活かしての走りでした。NFL4年目のブラントは、2010年にバッカニアーズでシーズン1007ヤードを走ってはいますが、1000ヤードラッシングは1回だけでしたし、3年目のリドリーも1000ヤードは1回しか走っていません。NFLでは中堅どころのRBということになります。
 パス中心であったオフェンスを急遽、この2人のRBを中軸に据えたオフェンスに再構築するというのは、通常なら考えにくいところでしょうが、ペイトリオッツのベンチはさすがということでしょう。

 実は、レギュラーシーズン最終戦、2013年12月29日のゲームでペイトリオッツは試運転を行っていたのです。対ビルズのこのゲームで、ブラントは189ヤードを走り2TD、リドリーもTDこそありませんでしたが74ヤードを走っています。
 
 ブラントのレギュラーシーズン第15戦までのランによる獲得ヤードは計583ヤード・1試合平均38.8ヤードでした。そのRBの第16戦の獲得ヤードが189、ディビジョナル・プレーオフ緒戦で166ヤードというのですから、「完全に攻撃方法を変更した」ことは間違いありません。
 容易なことではない筈のプレー変更を、短期間で実現してしまうところがベリチックとブレイディのコンビなのです。改めて、その凄さに感じ入りました。

 さて、これでAFCのチャンピオンシップゲームは、デンバー・ブロンコスとニューイングランド・ペイトリオッツの対戦となりました。ペイトン・マニングとトム・ブレイディの「宿命のQB対決」となったのです。

 ご存知の通り、これまでプレーオフゲームにおいては、ブレイディがマニングを圧倒しています。
 コルツ時代、4度のシーズンMVPに輝き、史上最高のQBという名を欲しい儘にしていたマニングは、AFCプレーオフゲームとなると、ブレイディ率いるペイトリオッツに苦杯を舐めてきました。そしてマニングは「プレーオフでの勝負強さに欠ける」と言われ続けてきたのです。

 これまでのスーパーボールSB制覇回数も、ブレイディ3回、マニング1回とブレイディが上回っていますし、何よりブレイディはSBに5回も進出しているのです。このプレーオフにおける勝負強さは、驚異的なものですし、常にブレイディはマニングのSB進出の障害になってきたことを示しています。

 今季マニング率いるブロンコスは、圧倒的な攻撃力・得点力を背景として勝ち上がりました。一方のペイトリオッツは「ランプレーのチームに変貌」して、勝ち上がってきたのです。
 「宿命の対決2014」が、どのようなゲームとなるのでしょうか。最高のQB同士の対決です。本当に楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ACミラン] 本田圭佑 「挨拶代わり」の初先発・初ゴール!
NEW Topics
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
Entry TAG
NFLプレーオフ・ペイトリオッツ見事な試合運び  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031