FC2ブログ
HOME   »   NFL  »  [NFLプレーオフ] デンバー・ブロンコス スーパーボールへ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今季NFLのプレーオフ・チャンピオンシップゲームは、1月19日に行われ、AFCはデンバー・ブロンコスが26-16でニューイングランド・ペイトリオッツを破り、NFCはシアトル・シーホークスが23-17でサンフランシスコ・49ersを倒して、ともに2月2日のスーパーボールに駒を進めました。

 日本プロ野球でいえば、セ・リーグとパ・リーグの覇者を決めるゲームでしたから、2試合とも注目されましたが、結果的には両カンファレンスとも第1シード(レギュラーシーズンで勝率1位のチーム)が勝ち上がった形です。
 当然のようにも思えますが、このところワイルドカードを勝ちあがったチームがスーパーボールに進出することが多かったので、第1シード同士のスーパーボールは、かえって新鮮な感じがします。

 注目のチャンピオンシップゲームでしたが、特に注目度が高かったのがAFCのブロンコスとペイトリオッツの対戦でした。
 当代屈指のクオーターバックQB、ブロンコスのペイトン・マニングとペイトリオッツのトム・ブレイディの対決とあって、戦前の予想も喧しいものでした。
 これまで、7度のチャンピオンシップゲーム登場で5勝2敗のブレイディと、同3度の登場で2勝1敗のペイトンです。

 ともにNFLの歴史に名を刻む2人のQBですが、プレーオフゲームではブレイディがマニングを圧倒していましたので、第1シードがブロンコスとは言っても、第2シードのペイトリオッツに分が有るという論評も数多く見られました。
 実際、何度もプレーオフで戦っている2人のQBの成績を観ると、「ペイトン・マニングがブレイディをリードしていたのは、全部で10分とちょっと」という、いかにもアメリカらしい「データの裏打ち」がありましたので、今年のゲームでも「ペイトンは、ブレイディに睨まれたカエル」ではないかというのです。

 確かに、あれ程素晴らしいプレーを披露するペイトンが、ブレイディ相手では全く力を発揮できないゲームを多数見てきましたので、今季の戦力比較を無視した「形而上学的な見方?」が成立するようにも思えました。

 第1クオーターQは、ブロンコスが1フィールドゴールFGで3-0とリードしました。まだ小手調べの段階でしたが、この3点のリードが実は大きなものであったのではないかと感じました。
 何しろ、これまでの両者の対決は「常にブレイディが先行し、ペイトンが追いかける形」だったのです。プレーオフで唯一ペイトンが勝った2006年のAFCチャンピオンシップゲームでも、試合終了3分前までブレイディが34-31とリードしていました。
 ブレイディ=ペイトリオッツは、ペイトン・マニングに対して、常に先行することで焦りを誘い、試合を有利に進めたのです。

 しかし、今年のゲームは違いました。第1Qは3点とはいえペイトンがリードしたのです。第2Qに入り、ペイトンはタッチダウンTDパスを決めて、10-0とリードを広げます。これは、これまでプレーオフゲームでペイトンがブレイディに付けた最大得失点差でしょう。ブロンコスはこの10点差を守ったまま、13-3で第2Q=前半を終えました。

 そして第3Q、ペイトンはワイドレシーバーWRデメアリアス・トーマスにTDパスを通して、20-3とリードを広げます。これは、いつもブレイディがペイトンに対して行っているゲーム運びそのものでした。

 第4Qに入り、ブレイディはWRジュリアン・エデルマンへのTDパスと自らのTDランにより追い上げますが、時既に遅く、ブロンコスが押し切りました。
 ロースコアゲームの中で、ペイトン・マニングのゲームメイクが機能したゲームでした。

 戦術面では、ディビジョナルプレーオフで全6TDを叩き出したペイトリオッツの2人のランニングバックRBブラントとリドリーを、デンバーディフェンスDF陣が完全に止めたことが大きかったように思います。
 ディビジョナルプレーオフで160ヤード以上を走ったブラントを6ヤードに、70ヤード以上走ったリドリーを17ヤードに押さえ込んだDF陣は、この試合最大の功労者でしょう。

 一方のブロンコスオフェンスOF陣は、いつものような攻撃を展開し、ペイトン・マニングのパスが400ヤード、モレノとボールの2人のRBがトータル100ヤードを超えるランを見せました。獲得ヤードがトータル500ヤードを超えていますから、これで26点に押さえたということは、ペイトリオッツのDFも相当に機能したということではないでしょうか。

 ゲームにおける最大のホットラインは「QBペイトン・マニング→WRデメアリアス・トーマス」でした。7度のレシーブで134ヤードの獲得、1TD。特に自陣ゴール前など苦しい時のロングゲインが目立ちました。

 試合終了後、ブレイディがペイトンに駆け寄り握手をするシーンが映し出されました。素晴らしいショットでしたが、握手後引き上げて行くブレイディの背中には、悔しさが溢れていたように見えました。
 いつも冷静なブレイディですが、やはり「超負けず嫌い」なのでしょう。そうでなければ、NFL史上屈指のQBになど、成れる筈がありません。

 38歳のペイトン・マニングと37歳のトム・ブレイディには、現役として残されている時間はそう多くは有りませんが、今後も何回かは、この2人のプレーオフでの対決=NFL史上を飾る「宿命の対決」を観ることが出来そうです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
箱根駅伝の5区は長すぎないか?
NEW Topics
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
Entry TAG
ブロンコスとペイトン・マニング、スーパーボール2014  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031