FC2ブログ
HOME   »   NFL  »  [NFLプレーオフ] 第4Q残り10分18秒から8分18秒までの2分間
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 1月19日に行われた、NFL2013~2014のプレーオフ、NFCチャンピオンシップゲーム、シアトル・シーホークス対サンフランシスコ49ers、最終の第4クオーターQ、残り時間10分18秒、シーホークスが20対17と僅か3点リードで迎えた、49ersの攻撃。

 ここからの2分間は、凄まじい攻防でした。まさに「NFLプレーオフゲーム」の醍醐味であったと思います。

 ボールオン自陣29ヤード。49ersのクオーターバックQBキャパニック選手が左に走りながらパスを投げようとしてファンブル。もちろん、シーホークスの守備選手DFがキャパニックが投げようとした時にボールを叩き落としたのです。DFはファンブルボールを拾い上げて走り、49ers陣残り6ヤードまで前進。シーホークスの攻撃。タッチダウンTDまで6ヤードに迫る、絶好のチャンスです。守備陣のビッグプレーでした。

 さて、シーホークスの最初の攻撃ファーストダウン1Dは、QBウィルソン選手からランニングバックRBリンチ選手へのハンドオフ。しかし、これを49ers守備陣が完全に止めて、ゲイン(前進)は0ヤード。

 2度目の攻撃2Dで、シーホークスがフォルススタートの反則を犯し5Y後退して、ボールオン10ヤード。
 再び2Dで、QBウィルソンはパス失敗。

 3度目の攻撃3D残り10ヤードから、QBウィルソンのパスをワイドレシーバーWRカース選手がゴール前1ヤードで受けました。
 しかし、カース選手の胸の中にあるボールを、49ersのDFボウマン選手が一瞬のうちに奪い取りました。カース選手・ボウマン選手ともに立ったままでのプレーです。
 そこに、反対側から49ersのDFがカース選手にタックルしてきて、カース選手がボウマン選手側に倒れます。そのカース選手の体が、ボウマン選手の左膝に乗りかかり、ボウマン選手の左膝は内側に大きくグニャリと曲り、ボウマン選手も倒れ込みます。
 ボウマン選手は、左膝の痛さに耐えかねて、持っていたボールをポトリと体の右側に落としました。

 パス失敗という判定でした。

 実際には、ボウマン選手がカース選手からボールを奪い取った瞬間に、ボール支配権はシーホークスから49ersに移り、その後ボウマン選手が倒れてからボールを落としたのですから、ターンオーバーで49ersボールの筈なのですが、「誰もボウマン選手の動きを見ていなかった」のです。それ程に素早いプレーであったということですが、あまりに素早く、素晴らしいプレーであったために、審判の目に留まらなかったという、悲劇でした。

 ボウマン選手は、大きな故障を発症し、担架でグランドを去りました。左膝の靭帯断裂・脱臼といった大怪我を負ったと見られますが、そのプレーは報われなかったのです。
 テレビ放送の解説者も「選手生命にかかわる大怪我」であろうとコメントし、「本当に可哀相だ。無駄死にだった。」と続けました。無駄死にとは、穏やかならざる表現ですが、あのスーパープレーが、誰にも確認される事無く、自軍のボールにもならず、自身は大怪我を負った、という意味では、私には良く分かる言葉でした。

 危ういところで助かったシーホークスでしたが、49ersゴール前1/2ヤードからの4回目の攻撃4Dギャンブルは、QBウィルソン選手からRBリンチ選手へのハンドオフミス。ファンブルとなって、大きく後退し、49ers陣16ヤードまで戻されて49ersのボールとなりました。
 解説者が「フットボールの神様が居ますね」とコメントしました。

 この時、残り時間8分18秒。QBキャパニック選手のファンブルに始まったシーホークスの攻撃が、RBリンチ選手のファンブルで終わった2分間でした。

 両チーム死力を尽くした、素晴らしく凄まじい2分間でした。

 ゲームはこの後、残り3分40秒でシーホークスのキッカーKハウシュカ選手が47ヤードのフィールドゴールFGをキッチリと決めて、23-17とシーホークスがリードを広げ、そのまま押し切りました。
 シアトル・シーホークスがNFCチャンピオンとなり、スーパーボールに進出したのです。

 守備が強いチーム同士の、凄まじい守り合いのゲームでした。

 49ersのDF53番ナバーロ・ボウマン選手が、怪我を克服し、復活してくれることを祈らずにはいられません。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ゴルフ] 石川遼選手 PGAツアー2015のシード権「当確」
NEW Topics
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
Entry TAG
シーホークス・49ersを破りスーパーボール進出  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930