FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  [MLB] ニューヨークの4つの球団
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 現在のMLBで、複数の球団がホームとしている都市は、ニューヨークとシカゴです。ニューヨークにはヤンキースとメッツ、シカゴにはホワイトソックスとカブス、のそれぞれ2チームが本拠地を置いています。同じ都市をホームにしている2つの球団は、アメリカンリーグALとナショナルリーグNLに別々に属していますから、インターリーグやポストシーズン以外には対戦しません。

 ベースボールに限らず、アメリカンフットボールでもバスケットボールでもアイスホッケーでも、ファンはホームチームを熱狂的に応援します。
 そして、北米のメディアを見ても、それぞれのチームは第一義的には「街の名前」で呼ばれています。例えば、シアトル・マリナーズであれば、シアトルと呼ばれることが多く、「マリナーズ」のみで表記されたり呼ばれたりすることは、北米のメディアにおいては余り無いようです。つまり、ホームタウン意識を大変大事にするリーグ運営が行われているのでしょう。

 そうした中で、2つのチームを持つ街=ニューヨークとシカゴは、やはり大都市です。「街のベースボールファンを2分」しても、球団経営が成り立つのですから、人口も多く、MLBファンが多い街なのでしょう。

 このブログでも、シアトル・マリナーズやテキサス・レンジャーズは、シアトル、テキサスと呼びますが、ヤンキースはニューヨークとは表記しません。メッツと区別がつき難いからです。

 さて、そういう点からは、ひとつの都市に複数の球団があることは、MLBにおいても珍しい、例外的なことなのですが、ある時期に同時に3つの球団が存在した街があります。それはニューヨークです。

 時は19世紀後半から20世紀前半のことです。MLBの形自体が、まだ固まっていない頃のことですから、色々なことがあったのでしょう。
 伝えられていることを、年代順にまとめて記載してみます。

①1882年ニューヨーク・ジャイアンツ創設
②1883年ブルックリン・ドジャース創設(ブルックリンはニューヨークの一地域名)
③1901年ボルチモア・オリオールス創設(現在のオリオールズとは違う球団)。1903年ニューヨークに移転しニューヨーク・ハイランダーズに改称。1913年使用球場の移転に伴いニューヨーク・ヤンキースと改称。

 ニューヨーク・ジャイアンツは現在のサンフランシスコ・ジャイアンツ、ブルックリン・ドジャースは現在のロサンゼルス・ドジャースです。

 つまり、当時ヤンキースはニューヨークの新参者球団だったわけです。新参者には、古参者から、色々と妨害や邪魔が行われることがあるのでしょうが、1903年にニューヨークにフランチャイズを置いたハイランダーズに対しても、特にジャイアンツから様々な嫌がらせが行われたようです。

 しかし、ヤンキースはそうした妨害に負けず、次第に好成績を収めるようになり、加えてボストン・アメリカンズ(1908年にレッドソックスと改称)とのライバル関係が強くなっていった(1920年、ベーブルースがレッドソックスからヤンキースに移籍したことなど)こともあって、ニューヨークを代表するベースボールチームになって行きました。
 1945年の第二次世界大戦終戦前後もヤンキースの好調期が続きました。

 一方、古参チームであったジャイアンツとドジャースは、観客数の伸び悩みに頭を痛めていました。他方、東海岸主体であったMLBは、西海岸の都市に球団を置き、MLBをアメリカ全体のものにしたいというニーズがありましたので、両者のニーズがマッチし、ジャイアンツとドジャースの西海岸への移転が実現したのです。

 ドジャースは1957年にロサンゼルスに移転しました。ニューヨークはブルックリンに本拠を置いた名門球団の移転でしたから、大きな話題となりました。大都市ロサンゼルスに、本格的なMLB球団が本拠を置くことになったのです。
 ジャイアンツは1958年にサンフランシスコに移転しました。

 ドジャースもジャイアンツもMLB屈指の歴史と伝統を誇るチームでしたし、同じニューヨークに本拠を置いていましたから、そのライバル関係は大変強いものがありました。
 そして、ほぼ同時期に西海岸に移ったわけですが、西海岸に移ってからもこのライバル関係が続いたところが興味深いところです。現在も、NL屈指のライバル同士として、しのぎを削っていますし、ファン同士の確執も依然として強いと言われています。

 ニューヨーク時代のファンが西海岸に大挙して移住した筈は無いのに、移転直後から激しいライバル関係が存在したというのは、プロスポーツの面白いところです。

 現在でも「ブルックリン・ドジャース」という言葉は時々見聞きすることがあります。アメリカの年配のMLBファンにとっては、ドジャースはブルックリンのものなのでしょうか。一方、ニューヨーク・ジャイアンツという言葉は全く耳にしません。ドジャースと比較すれば、不思議なものだとも思います。

 さて、3チームが犇いていたニューヨークから2チームが一気に去り、1958年にはニューヨークにフランチャイズを置く球団はヤンキースひとつになってしまいました。大都市ニューヨークとしては、それも寂しいことだと考えたのでしょうか、1962年のNL球団数増加施策の際に、ニューヨーク・メッツが誕生しました。

 創設当初、人気が無いことは止むを得ないことですが、メッツ球団は、黒とオレンジをジャイアンツから、青はドジャースから受け継ぎ、この3色をチームカラーとし、帽子のNYマークはジャイアンツが使っていたものを使用し、ホームグランドもジャイアンツのポロ・スタジアムを使うなど、「ジャイアンツとドジャース」の伝統を受け継ぐ球団としてのPRを続けました。

 都会っ子を意味するメトロポリタンからメッツという球団名を決めたこともあり、ニューヨークの中では、やや豊かな階層の人達にファンが多いといわれています。ヤンキースは、あらゆる階層にファンが居るようです。
 そして、ヤンキースに比べればどうしても地味なメッツですが、ニューヨーク在住の友人に聞くと、メッツの人気も中々のものだそうですし、この両チームのファンの確執も相当強いようです。ちなみに彼もメッツファンです。

 史上、4つの球団が本拠を置き、様々な活動を展開したニューヨーク。
 アメリカの、そして世界の経済・文化の中心地で、これからも多くのMLBの歴史が積み重ねられていくことでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
自国の「レジェンド」を海外から聞くということ
NEW Topics
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
Entry TAG
MLB史上4球団がホームとした街・ニューヨーク  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930