FC2ブログ
HOME   »   スキー  »  自国の「レジェンド」を海外から聞くということ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 スキージャンプ男子のソチオリンピック代表・葛西紀明選手が、世界のスキージャンプ界において「レジェンド」(伝説)と尊称されているという報道が、続いています。
 Jリーグの最年長記録を更新し続けるサッカーのキング・カズこと三浦知良選手も、葛西選手の活躍に刺激を受けたと伝えられました。

 2013年12月20日の本ブログでも書きましたように、葛西紀明選手は今回で7度目のオリンピック出場となります。どんな競技であっても、7回もオリンピック代表選手となることは、想像を絶することです。少なくとも4年×6(オリンピック間の回数)=24年間以上は、日本の当該競技のトップクラスに位置し、世界でも通用する実力を維持し続けるということですから。

 我が国で、葛西選手が「レジェンド」と呼ばれていると一般に報じられたのは、今年1月11日のスキージャンプ・ワールドカップ・バートミッテンドルフ大会(オーストリア)で優勝を飾った後であったと思います。
 葛西選手は41歳7ヶ月5日でワールドカップ優勝を果たしたわけで、自身の最年長優勝記録を更新したと伝えられました。そして「レジェンド」と呼ばれていることも報道され始めたのです。

 この優勝の時や、その後の1月12日・25日のワールドカップでの3位入賞の時にも、同じ大会に出場し、上位の成績を挙げた世界中のジャンパー達10人ほどが、葛西選手の前に列を作り、順番に祝意を示し握手を求めるとも伝えられました。葛西選手は、世界中のジャンパーの憧れの的なのです。「レジェンド」なのです。
 当の葛西選手本人も、テレビのインタビューで「皆が並んで順番に挨拶に来てくれるのは嬉しい」と笑顔でコメントしていました。

 本当に素晴らしいことです。同じ日本人として誇りにも感じます。

 ただし、少し反省したいことは、スキージャンプ先進地域である欧州において「レジェンド」という最上級の賛辞を受けるジャンパーが、我が国において同じように評価されてきたのかどうかという点です。
 「葛西選手の活躍の価値」について、私達は十分に認識していたのかどうかという点です。

 我が国においては、スキージャンプ競技に限らず、またスポーツに限らず、様々な分野で、海外で評価されて初めて国内でも評価されるという現象が見られます。
 もちろん、我が国のみならず、海外の国々でも同様の現象が有るのでしょう。

 しかし、自分の国の宝物を、まずは自分の国で評価する、「評価できる眼と判断力を保持すること」は、色々な意味で必要なことだと思います。

 前述の本年1月11日のワールドカップ大会における葛西選手の史上最年長優勝を報じた、ドイツの放送局ARD(日本のNHKに相当)が「これからは『驚異』という言葉は『カサイ』にすべき」と、放送の中で最大級の賛辞を送ったそうです。
 葛西選手の活躍を報じる日本のマスメディアで、葛西選手をこれほど賞賛しているのを聞いたことがありません。

 さて、「レジェンド」の7回目のオリンピックが迫りました。世界スキージャンプ史上に燦然と輝く「伝説のジャンパー」が、ソチの空を飛ぶだけでも素晴らしいことなのですが、メダルを獲得してくれるようなら、さらに伝説が積み上げられることになります。大活躍を祈念するばかりです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[デビスカップ2014] 「錦織の仁王立ち」 日本チーム初の8強入り!
NEW Topics
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
Entry TAG
「レジェンド」葛西紀明選手  
Comment
98
スポーツ選手に敬意なんて国民はマスコミに期待などしてないよ(笑)
番組に出ても、カス芸能人は敬意すら示さないよね。
芸能人より海外の日本に対する認知度という点では、芸能人
 みたいな内輪よりよっぽど貢献してるのがスポーツ選手

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930