FC2ブログ
HOME   »   スケート  »  [ソチ・オリンピック21] SP高得点連発の波に完全に飲まれた 日本女子フィギュア代表3選手
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 日本女子個人フィギュアスケート代表3選手のソチのメダルへの挑戦は、ショートプログラムSPで終了してしまいました。首位グループの3選手が74点台を記録し、鈴木選手と15点差、浅田選手・村上選手とは19点差、と大差が付いたのです。

 現状の採点基準では、「高難度の技を演じた数で、加算式の採点」が行なわれますので、上位の選手が1度や2度転倒したところで、それ以外の演目を相応に実施できれば得点が大きく下がることはありませんから、10点以上の差を逆転することは到底不可能です。
 全体の構成から見ても、SP上位3名=キム・ヨナ選手、アデリナ・ソトニコワ選手、カロリナ・コストナー選手と、4位以下には5点以上の差が付きましたので、フリーではこの3名によるメダルの色を決める争いとなったのです。

 全30人が出場したSPでは、まず17番目のキム・ヨナ選手(韓国)が今季世界最高点となる74.92をマークして首位に立ちました。極めて高い得点でしたので、後続の選手達に向けての強力な先制攻撃となりました。

 このプレッシャーに押されて、20番目に登場した日本勢の1番手・村上佳菜子選手は、ジャンプに思わぬミスが出て55.60点という低い得点に止まりました。

 続いて、日本勢の2番手鈴木明子選手が24番目に登場。今シーズン見たことも無いミスが出て、60.97点に終わります。

 25番目には、優勝候補の一角と呼び声高いユリア・リプニツカヤ選手(ロシア)が登場しましたが、こちらもジャンプにミスが出て65.23点に止まりました。但し、リプニツカヤ選手は、当該ジャンプ以外の演目は相応に演じましたので、65点を確保できました。

 ヨナ選手の独走かと見えたSPでしたが、さすがにオリンピック。26番目のコストナー選手(イタリア)が、世界チャンピオンを忘れるなといわんばかりの完璧な演技を見せて、74.12という高得点で僅差の2位に付けます。
 大舞台でのコストナー選手の強さが発揮された、見事な演技でした。

 ロシア勢のトリを飾ったのが29番目滑走のアデリナ・ソトニコワ選手でした。大会直近になって、ロシア勢の1番手をリプニツカヤ選手に奪われていた形ですが、本来はロシア勢のお姉さん格。ここでは、ほぼ完璧な演技を見せて74.68の高得点。キス・アンド・クライでの嬉しそうな様子が、印象的でした。

 4年前は珍しい演目であった、女子の「3回転+3回転」は、この大会では多くの選手が挑み成功させています。コストナー選手やソトニコワ選手が、ヨナ選手と互角の得点を叩き出すことが出来たのは、現在の「加算式採点方法」の下では、どの選手でもキチンと演技すれば、キチンと点が出ることの証左に他なりません。
 日本チームでも、鈴木選手と村上選手は、日本選手権大会他の大会で3+3を完璧に演じていましたから、十分に戦えるハズだったのです。

 そして、全体最後の30番滑走、日本勢のトリを飾る浅田真央選手の登場でしたが、これはもう、今季浅田選手が出したことが無い74点台3人の圧力に完全に押されていたのでしょう。
 今季一度も綺麗に成功していないトリプルアクセルの転倒は止むを得ないこととしても、その後の演技も精彩を欠き、コンビネーションジャンプも出来ないとあっては、得点が出る要素は無く、55.51点。全体16位でした。

 3つしかないジャンプシークエンスの内2つで失敗、トリプルアクセルの方は、トリプルアクセルを演じた上での転倒ですから、トリプルアクセルの基礎点はありますが、コンビネーションジャンプは「試技無し」という形ですから、加算の仕様がありません。

 おそらく、鈴木・浅田・村上の3選手は、高得点連発の状況を受けて「ミスはできない」と感じ、守りに入って、小さな演技になってしまったのでしょう。
 「攻めの姿勢が不足していた」のです。

 オリンピックという大舞台では、有力選手の大半が失敗することなど期待できず、誰かが必ず良い演技をするのですから、自らも「ミスを覚悟しての一か八か」といった心持で、攻撃的・積極的なプレーを展開しなければ、勝機は見えてきません。
 その意味では、高得点連発の波に完全に飲み込まれてしまった形でしょう。

 滑走順番が大きく影響したとも言えますが、どんな事態が発生しても、自らの滑りを演じ切る「強い精神力」が欠けていたということかもしれません。

 浅田真央選手の素晴らしいフリー演技を観るにつけても、「攻めるしかない競技」の前半戦で、日本代表3選手が守りに入ってしまったのは、とても残念なことでした。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ソチ・オリンピック22] 滑走能力が活きた 小野塚彩那選手の銅メダル
NEW Topics
[大相撲2020・11月場所] 出し投げは「一発で形勢を逆転できる」技
[UEFA-CL2020~21・グループステージ] 第4節を終えて
[大相撲2020・11月場所・千秋楽(観客数制限)] 2度の物言い 大栄翔VS琴勝峰
[NPB2020日本シリーズ(観客数制限)] 工藤公康監督の冷静な采配
[競馬(観客数制限)] 世紀のレース・ジャパンカップ2020の注目馬
[大相撲2020・11月場所14日目(観客数制限)] 隆の勝 「素晴らしい立合い」
[NPB日本シリーズ2020(観客数制限)] エンターティンメントとしては・・・。
[大相撲2020・11月場所(観客数制限)] 照強の「外小股」
[NFL2020~21第10週(無観客)] 素晴らしい ソーファイスタジアム
[大相撲2020・11月場所(観客数制限)] 11月場所の主役 志摩ノ海
[大相撲2020・11月場所(観客数制限)] 大関・貴景勝 決定戦を制して2度目の優勝
[大相撲2020・11月場所14日目(観客数制限)] 明瀬山の勝ち越し
[NPB2020(観客数制限)] 日本シリーズの開幕!
[NPB2020個人成績-1] 鈴木大地選手(楽天)の活躍
[競馬(観客数限定)] マイルチャンピオンシップ2020の注目馬
[マスターズ秋2020(無観客)第1ラウンド] 全18ホールパーオン・39パット
[マスターズ秋2020(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 悠然たる優勝
[NPB2020パリーグCS] ソフトバンク・ホークスの強さ
[競馬コラム282-ジャパンカップ2020] コントレイルVSデアリングタクトにアーモンドアイが参戦
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-8] 男子200m 飯塚翔太選手の逆転優勝
[マスターズ秋2020(無観客)] 広がる「ダスティン・ジョンソン ワールド」
[マスターズ秋2020(無観客)第2ラウンド] 超ベテラン選手達の活躍
[大相撲2020・11月場所(観客数制限)] 上位陣の相次ぐ「休場」
[競馬(観客数制限)] エリザベス女王杯2020の注目馬
[NFL2020~21(無観客)] レギュラーシーズン第9週を終えて
[PGAツアー2020~21] 2度のマスターズ・トーナメント
[PGAツアー2020~21] マスターズまでに、あと5kg体重を増やす。
[NPB2020(観客数制限)] 坂本勇人選手 2,000本安打達成!
[J1リーグ2020(観客数制限)] キング・カズ 53歳8ヵ月13日で出場
[競馬コラム281-JBCデイ2020] 面白かった「2場開催」
[UEFA-CL2020~21] グループステージ第3節を終えて
[ATP1000-ロレックス・パリ・マスターズ2020] ラファエル・ナダル選手 シングルス通算1,000勝達成
[競馬コラム280-JBCクラシック2020] クリソベリル 圧勝!
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-7] 男子110mH 金井大旺選手の快走
[PGAツアー・バミューダ選手権2020] ブレンダン・トッド選手へのインタビュー
[大相撲2020・11月場所(観客数制限)] 活躍が注目される10名の力士
[競馬コラム279-天皇賞(秋)2020] アーモンドアイ号 G1レース8勝目!
[全日本大学駅伝2020] 駒澤大チーム 空前の大混戦を制して6年振りの優勝
[MLB2020・WS] アロザリナ選手VSベッツ選手・シーガー選手
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-6] 女子100mH 青木益未選手 好記録で優勝
[競馬(観客数制限)] 天皇賞(秋)2020の注目馬
[全日本スピードスケート距離別選手権2020] 一戸誠太郎選手と高木美帆選手の活躍
[MLB2020・WS第6戦(観客数制限)] ドジャース 21世紀初の「世界一」
[PGA・ZOZOチャンピオンシップ2020(無観客)] 日本人プレーヤー「8名」が出場
[MLB2020・WS第5戦(観客数制限)] ドジャース ブルペンの踏ん張りで「王手」
[MLB2020・WS第4戦(観客数制限)] レイズ 逆転サヨナラ勝ちで2勝2敗のタイ
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-5] 女子円盤投げ 齋藤真希選手 55m41cmの好記録で優勝
[UEFA-CL2020~21] グループリーグ 開幕
[競馬(観客数制限)] 菊花賞2020の注目馬
[MLB2020・WS第2戦] レイズ 「負けられない試合」を制す
Entry TAG
フィギュアスケート女子・日本代表3選手SPで失敗  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031