FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  [ヤンキース] C.C.サバシア→黒田博樹→田中将大のリレー
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 3月1日、ニューヨーク・ヤンキースとフィラデルフィア・フィリーズのMLBプレシーズンゲーム(日本プロ野球のオープン戦に相当)が行われました。

 ヤンキースのキャンプ地タンパで行われたのですが、ヤンキースにとっては「先発3本柱」が今季初めて登場するゲームとなりました。

 先発はC.C.サバシア。2007年のサイ・ヤング投手にして、2009年にヤンキースに移籍してから2013年まで不動のエースです。久しぶりに見ましたが、随分スリムになりました。201cmの長身ですが、一時期は140kgを超えていた体重を125kgまで絞ったのだそうです。もっと細くなった印象ですが、今季に賭ける意気込みが伝わってきます。
 いかにも調製中という投球内容でしたが、2イニングを無失点に抑えました。

 2番手は黒田博樹。ヤンキースで3年目を迎えました。こちらもMLB7年目のベテランですから、一球一球確認するような投球でした。39歳ですから、1年1年が勝負だという、黒田投手の気持ちが良く分かる投球でした。表情も穏やかでした。順調な調整ぶりを感じさせます。こちらも3回4回の2イニングを無失点に抑えました。

 3番手は田中将大。ゲーム開始前は笑顔が見られましたし、リラックスした様子でしたが、さすがにマウンドに上がる時には、緊張した様子。何しろ、サバシア、黒田と違い、プレシーズンゲームとはいえメジャー初マウンドですから、緊張するのが当然というか、緊張しなくてはならない場面でしょう。大観衆から、大きな拍手を受けました。鳴り物入りのデビューということです。

 初球は、アウトコース高目に149kmのストレート。驚きの声と拍手が沸き起こりました。落ち着いたプレート裁きはさすがというところで、5回6回の2イニングを被安打2、3三振で、無失点に抑えました。
 2本のヒットは、いずれも詰まったセンター前ヒット。球威では抑えているのですが、高めの球を運ばれた形です。

 この時期の初登板ですから、多少コントロールにバラつきが出たり、失点したとしても、何ら心配ないと考えていましたが、結果としては良い投球に見えました。ベンチに戻った田中投手もホッとした様子でしたから、自身の想定内の投球内容だったのでしょう。

 少し左脚の開きが早いというか、ひょっとすると数センチ左脚が1塁ベース寄りに降りているのかもしれません。その分、手投げになっているようでしたが、今後のトレーニングの中で調整していくことと思います。

 ヤンキース・ジラルデリ監督としては「3本柱」が順調な仕上がりぶりを披露してくれましたので、一安心というところでしょう。

 また、このゲームではイチロー選手が7番で先発し、3打数1安打でした。イチロー選手としては、レギュラー取りがかかっていますから、プレシーズンゲームといっても実績を残して行かなくてはなりません。
 今季のヤンキースは、外野に強力なプレーヤーを補強していますから、イチロー選手がレギュラーで出場できるかは微妙なところです。
開幕までの今後1か月間の頑張りに期待しましょう。

 ベンチには、松井秀喜コーチの姿もありました。そして、招待選手の建山義紀投手(元、北海道日本ハム)の姿もありましたから、タンパのスタインブレナースタジアムに、5人の日本人プレーヤー・コーチが居たことになります。そのこと自体が、日本プロ野球とMLBの距離が縮まったことを如実に示しています。20年前には考えられなかった光景でしょう。

 松井秀喜コーチが、タンパでのプレシーズンゲーム開始前に紹介された時、観客は総立ちで拍手を送ったと報道されました。
 
 このゲームで黒田投手がマウンドに上がった時、満員の観客は「チームの主力投手」に対して、安心感・信頼感を持った暖かい拍手を送っていました。

 そして、田中投手が登場した時「たのむぞ」という大きな拍手を送ったのです。

 日本人プレーヤーは、ヤンキースそして世界最高のベースボールリーグ・MLBを構成する重要な要素として定着しました。とても素晴らしいことだと感じます。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ソチ・オリンピック36] オリンピックでの悔しさは、オリンピックで晴らすしかない。
NEW Topics
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
Entry TAG
ヤンキース・サバシア→黒田博樹→田中将大のリレー  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930