FC2ブログ
HOME   »   日本プロ野球  »  [日本プロ野球2014] 斎藤佑樹投手 勝負の年!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 北海道日本ハムファイターズの斉藤佑樹投手が、3月18日イースタンリーグの西武戦に先発、6回92球を投げ4被安打1失点の好投を見せたと報じられました。18のアウトの内13が内野ゴロという打たせて取るピッチングであり、ストレートは最速143kmでした。

 斎藤佑樹といえば、2006年夏の甲子園大会、早稲田実業高校のエースとして決勝戦では、駒大苫小牧高校のエース・田中将大との引分け再試合という激闘が想い出されます。
 斎藤投手は、田中投手に投げ勝ち優勝を果たすとともに、田中投手の夏連覇の夢をも破ったのです。

 その後の2人は、別々の道を歩みました。
 斎藤投手は、早稲田大学に進学し、東京六大学リーグの優勝はもちろんとして、全日本大学野球選手権の優勝も果たし、卒業後、日本ハム球団に入団したのです。

 田中のマー君は、高校卒業と同時に東北楽天球団に入団し、早々にプロの投手としてデビュー、日本ハムのダルビッシュ有投手との投げ合いを始めとする数々の名場面を演出、2013年シーズンには東北楽天を初優勝に導くと共に、シーズン24勝0敗1セーブという空前の大記録を打ち立て、2014年にはMLBニューヨーク・ヤンキースと超大型契約を結び、メジャーデビューに向け準備中です。

 ここまでの「プロの投手としてのキャリア」を見れば、田中投手が圧倒しています。甲子園大会決勝戦で日本中を沸かせたライバルに、大きな差が付いているのです。

 今年4年目のシーズンを迎える斎藤投手。2013年は肩痛に悩まされましたが、完治した様子。今シーズンは、「プロ野球投手・斉藤佑樹」の勝負のシーズンとなります。

 高校~大学の時期には、間違いなく大スターであったプレーヤーが、このまま球界を去っていくのは大きな損失(スターを育てるのは容易なことではありません)ですし、本当に残念ですので、斎藤選手にお願いしたいことを述べます。

 「ストレートのスピードを上げるか、キレを良くしていただきたい」ということです。

 2006年夏の甲子園大会の時、斎藤投手のストレートには、キレがありました。

 決勝再試合、早実4-3のリードで迎えた9回、駒大苫小牧の最後のバッターは田中将大選手でした。外角高めのストレートを空振りして三振・ゲームセット。この外角高めのストレートは、素晴らしいボールでした。

① 初速とベース上のスピードに大きな差が無く
② ボールはお辞儀をすることなく、どちらかと言えば少しホップ気味にキャッチャーのミットに納まりました。
③ 球速は145km位だったと思います。

 この3つのポイントが、大学野球やプロ野球に入ってからの、斎藤投手には観られないと思います。
大学時代、日本ハム入団後も、テレビ画面で観る斎藤投手のストレートは、ベース上でお辞儀をしています。高校時代のキレというか、球筋はどこに行ってしまったのでしょう。

 球速は、できることなら150kmを超えて欲しいのですが、現在の体力・筋力からは難しく、短期間で絶対筋力を向上させるのは不可能ということであれば、球のキレを復活させて欲しいのです。

 良いストレートが無くては、変化球も活きてこないのは、球界の通説です。実際に、過去3年間の日本プロ野球における斎藤投手の投球は、この通説通りの結果となっています。
 球速140kmは、プロで通用するための水準をクリアしていますから、あとはキレ。「プロの打者の予測を超える球筋を生むキレ」こそ、斎藤投手に求められるものなのでしょう。

 数年前のTBSサンデーモーニングという番組で、ゲストの金田正一氏が、斎藤佑樹投手の可能性について=プロ野球で通用するかどうかについて質問され、「高校でも大学でも日本一を成し遂げた。同期生で最も素晴らしい投手ということ。通用しなくてどうする。」とコメントしていました。

 日本プロ野球史上最高の投手である金田正一氏のコメントですから、間違いないでしょう。あとは、斎藤投手が「最も良い自分」を取り戻すだけなのだと思います。

 田中将大投手がMLBに挑戦した2014年が、斎藤佑樹投手の復活の年にもなって欲しいものです。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[大相撲3月場所・13日目] 琴奨菊 白鵬を破る!
NEW Topics
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
Entry TAG
斎藤佑樹投手の復活  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930