FC2ブログ
HOME   »   高校野球  »  [春の甲子園2014] 歴史に残る好ゲーム 智弁和歌山vs明徳義塾
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 大会4日目第3試合・智弁和歌山高校と明徳義塾高校の対戦は、期待に違わぬ大接戦となり、延長15回の末3-2で明徳義塾がサヨナラ勝ちしました。

 1回戦屈指の好カード、両チームとも甲子園大会の常連・強豪校であり、今年のチームも共に優勝を狙える実力を有していましたから、いわば横綱同士の対決といった面持でしたが、その予想をも超えるゲームでした。

 智弁和歌山が2回に先制し、5回に明徳義塾が追い付いて1-1となってからは、両チームの先発投手がキッチリとした投球を見せ、守備も極めて安定していましたから、高いレベルの締まった試合となったのです。
 智弁・高嶋、明徳・馬淵の両監督も、その持ち味を十分に発揮しました。両監督がテレビ画面に登場する度に、このゲームが強豪校同士の対戦であることを印象付けました。この2人の監督は、既に「甲子園大会の風景」でした。

 引き分け・延長再試合となる延長15回の裏に決着したゲームですから、両チームの全選手・ベンチスタッフが死力を尽くした戦いでしたので、全員がヒーローですが、敢えて明徳義塾の勝因を検討してみたいと思います。

① 先発・岸投手の好投

 名にし負う強打の智弁和歌山打線を2点に抑え切った岸投手の好投が第一の勝因でしょう。15イニング・188球を投げ切りました。
 智弁打線は12安打を浴びせましたが、岸投手は決定打を許しませんでした。特に、ゲームの前半は智弁和歌山が5.5対4.5で押し気味でしたので、再三ピンチが訪れましたが、極めて冷静な投球が続きました。
 その球威・コントロールの良さはもちろんとして、何よりその「安定した心持」が見事であったと感じます。

② 12回裏の森選手のヒット

 前述の通り、延長11回までは智弁和歌山が押し気味にゲームを進めていました。12回の表、3番の山本選手のホームランが飛び出し、2-1とリードしたのです。これで智弁和歌山が相当有利になったと感じました。智弁の先発斎藤投手の投球が冴えわたっていたからです。

 そして12回の裏を迎えます。ここで先頭の森選手が痛烈なヒットを放ちました。初球か2球目だったと思います。
 この「思い切り」が素晴らしいと思います。やや押され気味の状況下、じっくりとボールを待つというプレーになりがちですが、森選手は好球必打を実践したのです。

 私は、森選手のこの一打が、明徳義塾勝利の最大の要因であったと考えます。
 ゲームの流れを引き戻した、驚くべき一打でした。

 一方智弁和歌山としては、2-1で押し切りたかったところでしょう。

③ 12回裏のスクイズ

 前述の森選手のヒットを足掛かりとして、1死1・3塁とチャンスを広げた明徳義塾は、1番・尾崎選手がスクイズを決めて2-2の同点としました。

 このスクイズはさすがでした。
 ボールが転がったのを確認してから走るセイフティ・スクイズでは無く、文字通りのスクイズ。3塁ランナーの森選手も好スタートを切りました。

 このプレーは、ベンチとしてもとても勇気ある作戦だったと思います。好守の智弁和歌山を相手に出したサインなのです。もし小フライでも上がればダブルプレーとなりゲームセットになるプレー。
 実際、バントは斎藤投手のほぼ正面に比較的強い打球で転がりましたから、セイフティ・スクイズでは本塁憤死の可能性が高かったと思いますが、森選手は猛然と本塁に突進していましたから、斎藤投手もキャッチャーへのトスを諦めたのです。
 馬淵監督会心のプレーでしたし、明徳義塾に球運が微笑んだというところでしょうか。

 このプレーを境として、今度は5.5対4.5で明徳義塾が押し気味のゲームとなりました。後攻めの利が活きてきたのです。

 このスクイズプレーが決まった後、智弁和歌山・高嶋監督が大写しになりました。少し微笑んでいたようにも観えました。「やりおるわい」と呟いているようでした。

 センバツの歴史に残る好ゲームは、両チームの全選手・ベンチスタッフの努力の結晶でした。心から拍手を送ります。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬コラム101] 毎日杯とNHKマイルカップ
NEW Topics
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
Entry TAG
春の甲子園2014・好ゲーム智弁和歌山対明徳義塾  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930