FC2ブログ
HOME   »   スポーツ共通  »  日本女子若手プレーヤー大活躍!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 ソチ・オリンピックで、19歳の羽生選手、15歳の平野選手、18歳の平岡選手の金・銀・銅メダル獲得という、日本男子若手プレーヤーの大活躍を目の当たりにしましたが、今度は若手女子プレーヤーの活躍が続いています。

1. 卓球・ワールドツアー

 3月30日にドイツのマルテブルグで開催されたドイツオープン・女子ダブルスで、日本の平野美宇・伊藤美誠ペアが優勝しました。平野・伊藤ペアは、ワールドツアー初優勝です。

 また、共に13歳のペアがワールドツアーで優勝するのは史上最年少記録、そして13歳と160日の伊藤選手は、卓球ワールドツアーの全ての種目を通じて個人最年少での優勝となりました。

 伝統的に卓球が強いドイツで開催されるドイツオープンは、オリンピック・世界選手権に次ぐ格式のワールドツアーの中でも最高位の「スーパーシリーズ」に位置する大会ですから、まさに快挙といえる活躍です。

 当たり前のことなのですが改めて驚かされるのは、2人の誕生日です。平野選手が2000年4月14日生まれ、伊藤選手が2000年10月21日生まれ。「2000年以降に生まれたプレーヤー」が、ジュニアではなくシニアの大会に出場していることだけでも驚きですが、優勝してしまうのですから、凄いものです。

 2人は「2020年の東京オリンピックを目指しているが、2016年のリオデジャネイロ大会にも出場してみたい」とコメントしていました。リオでは15歳と16歳のペアになります。遠慮は無用ですから、思い切りやっていただきたいと思います。

2. サッカー・u-17ワールドカップ

 アフリカ・コスタリカで開催されている、17歳以下の女子サッカーワールドカップの準決勝は、3月31日にエドガンド・バルトダノ競技場で行なわれ、日本チームが4-1でベネズエラチーム(南米王者)を破って、決勝進出を果たしました。

 世界各地の予選を勝ち抜いた16カ国が出場した本大会ですが、日本チームは順調にというか、圧倒的な強さで勝ち上がっています。
 4チームずつ4つのグループに分かれて行なわれたグループリーグで、Cグループに入った日本は、スペインを2-0、パラグアイを10-0、ニュージーランドを3-0で破って3戦3勝・勝ち点9でトップ通過、決勝トーナメント初戦・準々決勝ではメキシコに2-0で勝利し、準決勝に進みました。
 その準決勝を4-1で突破したのです。決勝は、もうひとつの準決勝の勝者スペインチームとの対戦になります。

 u-17日本女子代表チームの特徴は、その攻撃力にあります。「どこからでも点が取れる」といった雰囲気のチームで、準決勝の4得点も、長野選手、市瀬選手、小林選手、杉田選手がそれぞれ1点ずつを挙げました。

 「リトルなでしこ」とも呼ばれるチームですが、大会前から優勝候補の筆頭に挙げられています。17歳以下の世界女子サッカーは、このところ日本がリードしているのです。優勝候補の筆頭とされている状況下で、キチンと決勝に勝ち上がるというのは、本当に力がある証左でしょう。是非、決勝でも思い切ったプレーを展開していただき、優勝して欲しいものです。

 卓球のワールドツアーは国際卓球連盟の主催、u-17女子ワールドカップ大会はFIFAの主催ですから、共に「世界の公式戦」です。こうした「フィールドが高い」大会で、自らの実力を遺憾なく発揮できるところが、最も素晴らしい点だと思います。

 間違いなく、「日本の若手トッププレーヤーは本番に強い」のです。

 もともと、冷静に観れば「日本人プレーヤーは決して本番に弱い方ではなかった」と思いますが、最近の各種競技におけるプレー振りを観ると、「本番に強い」国になってきていることを感じます。頼もしい限りです。

 日本代表若手プレーヤーを相手にする際には、世界中のプレーヤーはもちろんとして、日本国内のお兄さん・お姉さんプレーヤーの皆さんも、油断大敵どころか、心して掛からなくてはならない時代が来ているのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬コラム103] 「栗毛如何ともし難し」 サクラユタカオー号
NEW Topics
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
Entry TAG
日本女子若手プレーヤー・世界で大活躍  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930