FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  MLBの良き習慣
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
2014
04.06

 田中将大投手がメジャー初先発・初勝利を挙げたゲームで、「MLBの良き習慣」が見られました。

 6回表ヤンキースの攻撃の時、突然歓声が上がりました。ゲームも中断されています。何事が起こったのかなと思いましたが、テレビ画面にはデレク・ジータ選手とC.C.サバシア投手がベンチ内で寛いで会話しているシーンが流されています。

 アナウンサーから「ライトスタンドの観客がフィールドに降りた」との説明がありました。しかし、テレビは全くそのシーンを映し出しません。相変わらずジータとサバシアです。

 しばらくして、バックネット裏上部からの俯瞰画像が流され、2塁後方に係員が集まって何かしていることは分かりましたが、何をしているのかは分からない絵です。不法侵入者というか「お騒がせ男」の姿も全く見えません。見えない状態だから、流しているのでしょう。

 再び、このゲームがお休みの2人、ジータとサバシアの会話シーンに戻りました。

 メジャーリーグでは、こうした「お騒がせ男」(性別も不明ですが)がフィールドに乱入しても、テレビ放送は「相手にしない」「無視する」という習慣というか分化があります。

 これは「真似をする人物が現れることを防止する」という観点と「お騒がせ男をヒーローにしない」という目的実現のための措置でしょう。随分以前から徹底されています。

 こうした「お騒がせ男」は、ゲームの雰囲気をぶち壊します。この日は48000人を超える大観衆で超満員でしたが、その全ての観客にとって極めて迷惑な話ですし、両チームのプレーヤーにとっても集中したプレーを妨げられるという意味で、とんでもない行動なのです。
 この行為の後、得点が入るようなことがあり、勝敗への影響があるとしたら、負けたチームのファンにとっては大変な疫病神ということになります。

 また、例えばこの場面を抑えればメジャーに定着できるという中継ぎ投手が投げていたとして、この中断の後打たれてしまい、マイナーに落とされたりすれば、その投手の選手生命にかかわることになります。

 従って、MLBはこうしたプレーを絶対に許しませんし、ファンもプレーヤーも、そうした姿勢を断固支持しています。

 結局この「お騒がせ男」は、全くテレビ画面に映されることなく球場から連れ出され、その後は球場に入ることはできません。どのように本人確認するのかは分かりませんが、MLB全球場で今後出入り禁止となるのです。
 素晴らしい習慣だと思います。「健全なるスポーツ」としてのMLBのイメージは、こうして維持されていくのです。

 ジータとサバシアは、このゲームには出場しませんでしたが、重要な役割を果たしました。2人は「お騒がせの現場方向を一顧だにすることなく」楽しそうな会話を続けていたのです。
 数十秒間に及んでテレビ画面を独占していても、何ら問題が無い、十分な存在感を持ったプレーヤー達ということです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[アイスホッケー] 観客席を少し暖かく出来ないか?
NEW Topics
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
Entry TAG
MLBの良き習慣  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031