FC2ブログ
HOME   »   競馬  »  [競馬] 天皇賞(春)2014 注目馬
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 良いメンバーが揃いました。

 距離2000m前後の中距離競馬全盛の時代に、京都・淀の3200mという過酷なレースにフルゲート18頭が挑戦してきたのです。
 純粋なステイヤー血統は、我が国で、そして世界中でも、衰退の方向にあると思いますが、やはり「古馬最高の栄誉」である天皇賞(春)は、ホースマンなら誰もが憧れるということでしょう。

 今年のフルゲート18頭は例年にも増して粒揃いの印象です。「出走することに意義がある」というタイプの馬は見当たりません。皆、勝ちに来ているのです。現在の中央競馬における牡馬の実力馬の大半が出てきた、という感じです。
 とはいえ天皇賞ですから、実力が無くては勝てません。実力馬の中で、展開他に恵まれた馬に栄冠が輝くというところでしょうか。

 検討に入りましょう。内枠から順に、有力馬をピックアップして行きます。

・2枠3番サトノノブレス
 ディープインパクト産駒の4歳馬。あまり大負けしない=安定した成績を残してきています。前走の阪神大賞典4着、前々走・日経新春杯1着、前々走・菊花賞2着、その前の神戸新聞杯3着と、同世代のトップクラスの実力を備えていることは明らかですし、G1常連馬レベルと言えます。
  菊花賞2着を見ても、京都コースの長距離戦でも十分に戦えます。

・3枠5番レッドカドー
 ○外の8歳せん馬です。世界中を股にかけて戦っていて、前走のドバイワールドカップ2014は6着、前々走香港ヴァーズ4着、その前のメルボルンカップ2着と、国際G1レースでの健闘が続いています。間違いなく実力馬。
 今から15年以上前なら、この成績で天皇賞(春)の優勝を十分に狙えたと思いますが、全体の力が上がった現在の日本競馬では、少し苦しいかもしれません。

・4枠7番フェノーメノ
 ステイゴールド産駒の5歳馬、言わずと知れた昨年の優勝馬です。淀3200mへの適性は証明されています。春の楯2連覇を目指すレースとなります。
 但し、前走の日経賞5着、前々走・宝塚記念4着を見ると、少し調子が落ちていたかもしれません。

・4枠8番ゴールドシップ
 こちらもステイゴールド産駒の5歳馬。3歳時に皐月賞と菊花賞を制してクラシック二冠馬に輝き、その後も有馬記念と宝塚記念という東西のオールスター戦を制して、ここまでG1レース4勝という、現役最強馬の1頭であることは間違いありません。
 一方で、「速い脚が無いので成績が展開に左右される」面があります。前走の阪神大賞典は4角先頭で強い競馬を魅せましたが、直線で後ろの馬との差を広げることは出来ませんでした。3馬身位の差のままゴールまで走り切った形。一定のスピードで長い脚が使えるのですが、4角からヨーイドンの上がりの競馬では思わぬ負け方もあるタイプです。

・6枠12番ウィンバリアシオン
 ハーツクライ産駒の6歳馬。3歳時、日本ダービーと菊花賞で三冠馬オルフェーヴルに食い下がったレース振りは、その実力を如何無く見せたものでした。昨年の有馬記念もオルフェに次いで2着を確保しましたから、オルフェが居ないレースならNO.1とも考えられます。
 昨年の天皇賞(春)3着、続く宝塚記念4着、有馬記念2着、そして前走の日経賞1着と安定した成績も好材料でしょう。

・7枠14番キズナ
 ディープインパクト産駒の4歳馬。前走の産経大阪杯では直線で見事な追い込みを披露して優勝、凱旋門賞2013のラスト200mの失速で下げてしまった評価(産経大阪杯の2番人気)を一気に戻しました。
 昨年の日本ダービー馬であり、その後もフランスG2ニエル賞を快勝して、凱旋門賞4着、そして大阪杯快勝となれば、このレースの1番人気は間違いないところでしょう。
 心配なのは3000mを超えるレースが初めてであることでしょうか。どんなに強くとも、2500mを超える距離では脚がもたない馬が居ます。キズナの血統と適応力が試されるレースとなります。

・8枠16番ジャガーメイル
 ジャングルポケット産駒の10歳馬。2010年の天皇賞(春)優勝馬です。このレースへの適性は証明されていますが、さすがに10歳となりました。全盛期は過ぎているでしょう。

・8枠18番デスペラード
 ネオユニヴァース産駒の6歳馬。前走の京都記念を制しました。前々走・有馬記念7着、その前のステイヤーズステークス優勝と、長距離レースへの適性を示しています。しかし、さすがにこのメンバーでは苦しいという感じもします。

 では、天皇賞(春)の注目馬3頭を選びます。

① 7枠14番キズナ
② 6枠12番ウィンバリアシオン
③ 4枠7番フェノーメノ

 以上の3頭に期待します。

 5月4日前後の京都・淀の天候は良さそうですから、良馬場となるでしょう。近年、良馬場の天皇賞(春)は高速競馬になることが多いので、ゴールドシップには厳しい展開となりそうです。(昨年5着)

 キズナは、完全な中距離馬であれば「直線でバッタリ」という可能性はありますが、疑似直線を含めて600mに及ぶ直線がある凱旋門賞でも、何とか4着に粘った様子を見ると、淀の3200mに対応できそうです。

 ウィンバリアシオンは、3000mを超えるレースへの適性は証明されていますし、その安定した成績を見ても「軸馬に相応しい」と感じます。遅咲きのハーツクライ産駒として、そろそろ大きなレースを取るかもしれません。

 フェノーメノは、何といっても昨年の覇者です。長距離レースに強いことは明白で、大事に使われてきている印象ですから、調子が戻っていれば好勝負を展開してくれるでしょう。

 例年にも増してメンバーが揃った天皇賞(春)2014。「歴史に残る好レース」が展開される予感がします。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[大相撲] 遠藤関「ちょんまげ」を結うも、「大銀杏」はまだまだ先のこと
NEW Topics
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
Entry TAG
天皇賞(春)2014注目馬  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031