FC2ブログ
HOME   »   競馬  »  [競馬コラム109] アメリカのクラシック三冠レース
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2014年のアメリカ競馬では、カリフォルニア・クローム号が話題を浚っています。クラシック三冠レースの第一弾ケンタッキーダービーと第二弾プリークネスステークスを連勝し、6月7日に行われるベルモントステークスに優勝すれば、1978年のアファームド号以来36年振りの三冠馬誕生となるからです。
 出走するか、しないかについては情報が錯綜していますが、是非トライしてほしいものだと思います。

 さて、今回はアメリカ競馬のクラシック三冠について見て行きましょう。

 アメリカ競馬のクラシックレースは、イギリス競馬のクラシックレースとの関連は薄いと思います。薄いと言うより、ほぼ無関係と言っても良いかもしれません。

 先のブログでも述べましたが、近代競馬発祥の地イギリスのクラシックレースは、1000ギニー・2000ギニー・オークス・ダービー・セントレジャーの5レースから構成されていて、内1000ギニーとオークスが牝馬限定のレースです。

 一方、アメリカ競馬のクラシックレースは、以下の3レースから構成されています。

・ケンタッキーダービー(1867年開始・ダート2000m)
・プリークネスステークス(1873年開始・ダート1900m)
・ベルモントステークス(1875年開始・ダート2400m)

 この3レースは3歳馬限定(牡馬・牝馬・せん馬)のレースではありますが、イギリスのクラシックレースと異なる点が、いくつかあります。

① ダート馬場で行われること
 アメリカ競馬は主にダート馬場で行われるのですが、クラシックレースも同様です。

② 牝馬限定のレースが無いこと
 イギリス競馬の1000ギニー・オークスに相当するレースがありません。もちろん、ケンタッキーオークスなど「オークス」名を配したレースは存在しますが、クラシックレースとはなっていません。

③ 5週間で3レースが開催されること
 イギリス競馬では、2000ギニーとダービーが春に行なわれ、セントレジャーは秋に行なわれるのですが、アメリカの3レースは、ケンタッキーダービーが5月第一週の土曜日、プリークネスステークスがその2週間後、ベルモントステークスがさらにその3週間後の開催となっていますから、5週間で3レースが行なわれる形です。
 一気に3レースを行なってしまうのです。

 こうした明確な違いが有りますから、アメリカ競馬はイギリス競馬を元にクラシックレースを創って行ったわけではないことは明白でしょう。

 そもそも、この3つのレースを全て優勝した馬を「三冠馬」と呼ぶこと自体が、相当後になって出来上がったと言われています。

 これは、1800年代後半には、全米各地で大レースが開催されていて、この3レースが他のレースと比べ必ずしも格式が上位であるという評価が固まっていなかったからだと思います。
 1919年にこの3レースを初めて全勝したサーバートン号は、当時「三冠馬」とは呼ばれませんでしたし、1920年に3歳を迎えたマンノウオー号(アメリカ競馬史上最高のサラブレッドと呼ばれています)はプリークネスSとベルモントSには勝ちましたが、ケンタッキーダービーには出走しませんでした。故障で欠場したわけではないと伝えられていますから、まだケンタッキーダービーがどうしても走らなくてはならないレースでは無かったことを示しているように思います。

 「三冠」の概念が、アメリカで初めて登場したのは1930年とされています。競馬新聞のコラムニストであったチャールズ・ハットン氏が、この年この3レースを勝ったギャラントフォックス号について書いた際に使用したのです。
 おそらく、他のレースに比べてこの3レースの重要度が上がってきていた時期とも重なったのでしょう、その後「三冠」という言葉・概念は、瞬く間に普及しました。1919年のサーバートンも、遡って「三冠馬」と称されるようになったのです。(ギャラントフォックスは2頭目の三冠馬)

 ちなみに、イギリス競馬においては「クラシックレース」という概念は存在しましたが、「三冠」という概念は存在しませんでした。「三冠」概念は、アメリカ競馬で生まれ、イギリス競馬に逆輸入されたのです。
 5つのレースが在り、その5つ全てに出走する権利があるのは牝馬だけであるという、イギリス競馬のクラシックレース体系では、牡馬の三冠という概念が生まれにくかったのでしょう。

 イギリス競馬のクラシックレース開始から約50年~100年遅れて、アメリカ競馬のクラシックレースは始まりました。
 とはいえ、既に150年近い歴史があります。ケンタッキーダービーは、今年第140回を迎えるのです。「クラシック」と呼ぶに相応しい歴史を有しています。

 アメリカのホースマンはこの150年間、イギリス競馬とは異なるアメリカ競馬を発達させてきました。「三冠(トリプル・クラウン)」という概念は、いかにもアメリカらしい華やかな権威付けだと思います。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[リーガエスパニョーラ] アトレティコ・マドリード18季振りの優勝!
NEW Topics
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
Entry TAG
アメリカ競馬のクラシック三冠レース  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930