FC2ブログ
HOME   »   大相撲  »  [大相撲] 朝青龍と白鵬の10年
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 朝青龍が横綱になったのは2003年3月場所、引退したのは2010年1月場所後。
この間、2003年11月場所から2007年5月場所までの21場所は、一人横綱でしたが、この21場所一人横綱は、史上最長記録です。白鵬が横綱になったのは2007年7月場所。これでようやく、朝青龍の一人横綱は終了します。
 
 朝青龍と白鵬の二人横綱時代は、2007年7月場所から2010年1月場所までの16場所。

 白鵬は、2010年3月場所以降一人横綱を続けています。今年の7月場所で14場所となります。

 この10年間、朝青龍と白鵬の二人の横綱は、ものすごく強かったのです。
朝青龍は、2004年11月場所から7場所連続優勝、2005年は年間6場所すべて優勝。いずれも、大相撲の新記録です。年間最多勝も84勝、不滅の記録と言われた北の湖の82勝を更新。2003年~2006年の4年間全24場所中18場所で優勝、優勝確率は75%に上ります。これも、過去に例が無い実績だと思います。

 白鵬は、2010年3月場所から2011年5月場所まで7場所連続優勝(八百長問題で1場所中止)。2007年~2011年の5年間全29場所中20場所で優勝、優勝確率は69%と、こちらも驚異的。年間最多勝も86勝と朝青龍の記録を凌駕。
この二人の記録は、体調管理面、他の力士の努力・研究が重ねられていることを考え合わせても、ずば抜けた成績と言えるでしょう。

 私は、大鵬・柏戸の時代から、約50年間大相撲を観てきましたが、その歴史上でもこの朝青龍・白鵬の10年間が、横綱と大関以下の力の差が最も大きい時代であったと思います。
 
 この二人を10年間観続けてきた私たちは「横綱は負けないもの」といった感覚を身に付けてしまっています。白鵬の連勝が止まった時に「これが負けか」と言ったのは有名ですし、「不敗」は横綱に求められるひとつの要素であろうと思います。
 しかし、横綱は強くあらねばなりませんが、負けてはいけないというのは行き過ぎではないかとも思います。

 個性豊かな横綱が、様々な相撲を見せてくれて、土俵入り・化粧まわしも種々華やかな大相撲も楽しいものです。強い横綱が、時々ぽろっと負けるのも、人間味に溢れていて良い、という見方もあります。
 二人横綱の時代は、いくつもありました。三人横綱も珍しいことではありません。実は、四人横綱の時代も、そう珍しくはなかったのです。近い順に表記します。

① 1999年7月場所~2000年3月場所
  曙、貴乃花、若乃花(三代目)、武蔵丸
② 1990年9月場所~1991年5月場所
  千代の富士、北勝海、大乃国、旭富士
③ 1979年9月場所~1980年11月場所
  輪島、北の海、若乃花(二代目)、三重ノ海

 これ以前にも、四横綱時代がありましたが、この3例を見ても、華やかな時代であることがお判りいただけると思います。また、例えば①の時代は横綱が四人もいたのに、休場が多かったこともあり、関脇出島や武双山、あるいは幕尻の貴闘力に、5場所中計3場所で優勝を許しています。ふがいないといえば、ふがいないのですが、この時期の大相撲がつまらなかったという感覚を私は持っていません。変化に満ちて、下克上の雰囲気に溢れた、楽しい時代でした。
 ②の時期には、横綱が10勝止まりという場所が沢山ありましたが、晩年を迎えた大横綱千代の富士と伸び盛りの力士たちの取組がとても面白かった。
 大横綱の時期と複数横綱の時期が交互に到来するのが、大相撲であるようにも思います。

 大相撲9月場所は、9月9日から始まります。大関日馬富士の綱取りの場所です。7月場所全勝優勝で、日馬富士は横綱になる力があることを示しました。横綱昇進を期待しています。加えて、残りの大関陣にも稽古を積んで、地力を付けてもらい、来年は久しぶりに三横綱、四横綱の場所が観たいものだと思っています。
 
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[サッカー] ドーハの悲劇とワールドカップ参加国数
NEW Topics
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 再開 ベスト8決まる。
[温故知新-陸上競技13] 男子3,000m障害 オリンピック金メダリストの記録
[全米プロゴルフ選手権2020(無観客)] コリン・モリカワ選手 初優勝
[MLB2020(無観客)・ナショナルリーグ] 8月8日終了時点の各地区の順位
[MLB2020(無観客)・アメリカンリーグ] 15ゲーム前後を終えての各地区の順位
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 2連勝!
[PGAツアー2019~20(無観客)] 全米プロゴルフ選手権大会 開幕
[ルヴァンカップ2020(観客数制限)] 三浦知良選手 53歳5ヵ月10日で先発!
[温故知新2020-陸上競技12] 男子三段跳び オリンピック金メダリストの記録
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] MVPは隠岐の海関
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 照ノ富士関 5年振り2度目の優勝
[競馬コラム275] キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの勝ち馬
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン初登板
[NBA2019~20(各種制限)] 再開 八村塁選手の活躍
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 大一番 朝乃山VS照ノ富士
[欧州4大リーグ2019~20] 各リーグの優勝チームが決まりました。
[NPB2020(観客数制限)セリーグ] 巨人が首位
[NPB2020(観客数制限)・パリーグ] ソフトバンクが首位
[陸上・東京選手権2020(無観客)] 男子800m クレイ・アーロン・竜波選手 快勝!
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 今季初登板・初勝利
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平「投手」 久しぶりの登板
[競馬コラム274] エネイブル号 G1レース11勝目!
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 中日を終えて
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 登場
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平選手 3年目のシーズンイン
[MLB2020(無観客)] 筒香嘉智選手 メジャーデビュー戦で2ランホームラン
[MLB2020(無観客)] 秋山翔吾選手 メジャー初打席・初ヒット・初打点
[MLB2020開幕戦(無観客)] マックス・シャーザー投手とゲリット・コール投手の投げ合い
[MLB2020(無観客)] ついに開幕 今シーズンの試合数など
[大相撲2020・7月場所5日目(観客数制限)] 5戦全勝の力士達
[セリエA2019~20(無観客)] クリスティアーノ・ロナウド選手 驚異の得点力
[競馬コラム273] ビワハヤヒデ号 30歳の大往生
[大相撲2020・7月場所初日(観客数制限)] お行儀の良い観客の皆さん
[ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020(観客数制限)] 一山麻緒選手と前田穂南選手
[FIFAワールドカップ2010準決勝] スペインチーム 「パスサッカー」の完成
[温故知新2020-陸上競技11] 男子400m競走 オリンピック金メダリストの記録
[NPB2020(観客数制限)] 戸郷翔征投手 開幕3連勝!
[NPB2020(観客数制限)] DeNA 7月15日まで16試合連続「○●○●・・・」のNPB記録更新
[大相撲2020・7月場所(観客数限定)] 活躍が注目される10名の力士
[温故知新2020-競泳8] マーク・スピッツ選手とマイケル・フェルプス選手
[リーガエスパニョーラ2019~20(無観客)] 久保建英選手 今シーズン4点目!
[アメリカ・カレッジスポーツ2020] アイビーリーグが秋季のスポーツを中止
[温故知新2020-ボート] 男子エイト オリンピックのメダル獲得チーム
[NPB2020・パリーグ(無観客)] 楽天ゴールデンイーグルスの快走
[NPB2020・セリーグ(無観客)] 阪神タイガース 3連勝
[温故知新2020-陸上競技10] 110mハードル 金メダリストの記録
[競馬コラム272-日本馬の海外挑戦14] 2011年 ヴィクトワールピサの快挙
[温故知新2020-競泳7] 男子100m自由形 オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技9] 男子200m競走 金メダリストの記録
[温故知新2020-自転車] 男子団体追い抜き オリンピックのメダル獲得チーム
Entry TAG
朝青龍      白鵬   4人横綱   強すぎる横綱  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031