FC2ブログ
HOME   »   その他のスポーツ  »  [バドミントン] 快挙! 日本チーム、トマス杯で優勝
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 5月18日~25日にかけて、インド・ニューデリーで開催されていたバドミントン競技の国別団体世界一を争うトマス杯(男子)とユーバー杯(女子)で日本チームが大活躍を見せました。

 トマス杯で優勝、ユーバー杯で準優勝というのですから、素晴らしいとしか言いようが無く、特に男子のトマス杯優勝は史上初めてのことでしたから、快挙というか奇跡といった感じがします。

 1948年に開始され、今回で28回目となるトマス杯で、日本チームはグループリーグを3戦全勝で勝ち上がり、決勝トーナメント1回戦(準々決勝)でタイチームを3-0で下し、準決勝で中国チームと対戦しました。

 2年に一度のこの大会で、中国チームは5連覇中、2004年以来負けを知らないチームですから、当然に苦戦が予想されましたが、これを3-0で破って、日本チームは決勝に進出しました。決勝の相手は、インドネシアチームを3-0で破ったマレーシアチームでした。

 決勝は予想通りの接戦となり、2-2のタイから最終試合(第3シングルス)を迎えます。この試合もフルセットに持ち込まれる大接戦となりましたが、日本チームの上田拓馬選手は最終セットを21-17でものにして、日本の優勝が決まりました。

 日本男子チームは、この大会で1967年と1979年、そして2010年と2012年に3位があるだけで、決勝進出も初めてという状況でしたが、その決勝を勝ち切り世界一に輝いたのです。

 一方、1957年に開始され今回で25回目を迎える、女子のユーバー杯も日本チームはグループリーグを3戦全勝で勝ち上がり、決勝トーナメント1回戦(準々決勝)ではデンマークチームを3-0で破り、準決勝で地元インドチームを3-2で破って決勝に進出しました。決勝の相手は、準決勝で韓国チームを3-0で破った中国チームでした。中国チームは、1998年以来直近の9大会で8回優勝している強豪国です。
 
 この決勝で、日本チームは惜しくも1-3で敗れて準優勝でした。

 ユーバー杯においては、日本女子チームは1966年~1981年までの第4回から第9回までの6大会で5回優勝という黄金期を築きあげた頃もありましたが、それ以降は3位が4回と中々決勝に進めませんでした。
 その意味では、久々の決勝進出ということになります。

 本ブログでは、最近の日本バドミントンの活躍を採り上げてきました。男子の早川・遠藤ペアや女子の山口茜選手の活躍が目立っていたからです。
 日本のバドミントンが世界トップを争うレベルに上がって来ていることは各大会の結果が示していました。

 そして、トマス杯において2010年と2012年の直近2大会で連続して3位、ユーバー杯においても直近の2大会で連続3位と、「日本バドミントン界は男女とも着実に世界における地位を上げてきていた」のです。

 それにしても、こんなにも早くトマス杯で優勝するとは、正直驚きました。

 「2000年代に日本バドミントン界に何が起こったのか」は分かりませんが、日本バドミントン協会を中心とした強化策が実を結んだことは間違いないでしょう。1990年代に比べて著しく効果を上げた強化策がどのようなものか、とても興味深く思います。

 選手・コーチを始めとする関係者の皆さんのご努力に、深甚なる敬意を表するとともに、 2016年のリオデジャネイロ・オリンピックにおける活躍が、今から楽しみです。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[なでしこジャパン] 宮間あや選手の高い能力
NEW Topics
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 再開 ベスト8決まる。
[温故知新-陸上競技13] 男子3,000m障害 オリンピック金メダリストの記録
[全米プロゴルフ選手権2020(無観客)] コリン・モリカワ選手 初優勝
[MLB2020(無観客)・ナショナルリーグ] 8月8日終了時点の各地区の順位
[MLB2020(無観客)・アメリカンリーグ] 15ゲーム前後を終えての各地区の順位
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 2連勝!
[PGAツアー2019~20(無観客)] 全米プロゴルフ選手権大会 開幕
[ルヴァンカップ2020(観客数制限)] 三浦知良選手 53歳5ヵ月10日で先発!
[温故知新2020-陸上競技12] 男子三段跳び オリンピック金メダリストの記録
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] MVPは隠岐の海関
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 照ノ富士関 5年振り2度目の優勝
[競馬コラム275] キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの勝ち馬
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン初登板
[NBA2019~20(各種制限)] 再開 八村塁選手の活躍
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 大一番 朝乃山VS照ノ富士
[欧州4大リーグ2019~20] 各リーグの優勝チームが決まりました。
[NPB2020(観客数制限)セリーグ] 巨人が首位
[NPB2020(観客数制限)・パリーグ] ソフトバンクが首位
[陸上・東京選手権2020(無観客)] 男子800m クレイ・アーロン・竜波選手 快勝!
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 今季初登板・初勝利
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平「投手」 久しぶりの登板
[競馬コラム274] エネイブル号 G1レース11勝目!
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 中日を終えて
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 登場
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平選手 3年目のシーズンイン
[MLB2020(無観客)] 筒香嘉智選手 メジャーデビュー戦で2ランホームラン
[MLB2020(無観客)] 秋山翔吾選手 メジャー初打席・初ヒット・初打点
[MLB2020開幕戦(無観客)] マックス・シャーザー投手とゲリット・コール投手の投げ合い
[MLB2020(無観客)] ついに開幕 今シーズンの試合数など
[大相撲2020・7月場所5日目(観客数制限)] 5戦全勝の力士達
[セリエA2019~20(無観客)] クリスティアーノ・ロナウド選手 驚異の得点力
[競馬コラム273] ビワハヤヒデ号 30歳の大往生
[大相撲2020・7月場所初日(観客数制限)] お行儀の良い観客の皆さん
[ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020(観客数制限)] 一山麻緒選手と前田穂南選手
[FIFAワールドカップ2010準決勝] スペインチーム 「パスサッカー」の完成
[温故知新2020-陸上競技11] 男子400m競走 オリンピック金メダリストの記録
[NPB2020(観客数制限)] 戸郷翔征投手 開幕3連勝!
[NPB2020(観客数制限)] DeNA 7月15日まで16試合連続「○●○●・・・」のNPB記録更新
[大相撲2020・7月場所(観客数限定)] 活躍が注目される10名の力士
[温故知新2020-競泳8] マーク・スピッツ選手とマイケル・フェルプス選手
[リーガエスパニョーラ2019~20(無観客)] 久保建英選手 今シーズン4点目!
[アメリカ・カレッジスポーツ2020] アイビーリーグが秋季のスポーツを中止
[温故知新2020-ボート] 男子エイト オリンピックのメダル獲得チーム
[NPB2020・パリーグ(無観客)] 楽天ゴールデンイーグルスの快走
[NPB2020・セリーグ(無観客)] 阪神タイガース 3連勝
[温故知新2020-陸上競技10] 110mハードル 金メダリストの記録
[競馬コラム272-日本馬の海外挑戦14] 2011年 ヴィクトワールピサの快挙
[温故知新2020-競泳7] 男子100m自由形 オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技9] 男子200m競走 金メダリストの記録
[温故知新2020-自転車] 男子団体追い抜き オリンピックのメダル獲得チーム
Entry TAG
日本男子チーム・トマス杯で初優勝  
Comment
109
初めましてバドミントンを15年ほどやっている者です。
バドミントンを取り上げて下さって嬉しいです。
日本は2004年のアテネオリンピックでほとんどの選手が初戦、女子ダブルス1組だけ2回戦負けという惨敗を喫しました。
まだ若手だったオグシオはアテネオリンピックは寸前で代表に選ばれませんでした。
個性的なタレントが揃いこれまでより世界で戦えていると感じ始めていた矢先のオリンピック惨敗。そんな時代でした。
流石に日バも危機感を募らせ韓国からダブルスの神様と言われた元世界チャンピオンをヘッドコーチとして招聘しました。
それまでも中国やインドネシアのコーチがいましたし、今でも彼らは日本代表コーチをやっています。
今の日本代表コーチ陣は韓国、中国、インドネシアから招いた人たちとアテネの頃日本のエースだった人たちです。

111
コメントありがとうございます。
コーチ陣が、そういう内訳とは知りませんでした。
日本バドミントン躍進の、ひとつの要因ですね。

これからも、コメントよろしくお願いします。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031