FC2ブログ
HOME   »   スポーツ共通  »  「シュートは枠に行かないと入らない」・・・?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 スポーツに限らず、全ての分野に多くの諺(ことわざ)が存在します。

 それらの諺の中には、意味が分かり難いものも沢山あります。そして、意味は分かるが狙いが分からないものも多いと思います。

 本稿で採り上げる「シュートは枠に行かないと入らない」という、サッカー競技の諺もそのひとつでしょう。

 「シュートは枠に行かないと入らない」という諺というか言葉は、最近では聞かれなくなりましたが、20年ほど前には、テレビ放送の解説などで良く聞かれました。
 「あーっと惜しい。シュートがバーを越えてしまいました。」とアナウンサーが言うと「シュートは枠に行かないと入りませんからね。」と解説者が応ずるといった形です。

 この言葉の意味は、極めて分かりやすいものです。ゴールの枠の中に蹴らなければ、あるいはヘディングしなければ、シュートは決まらないということ。そんな「当たり前のこと」をわざわざ解説者等が述べる以上、表面的な意味を超える、深い意味が込められていると感じるのが、普通でしょう。

 確かに20年前の日本サッカーにおいては、シュートがなかなか決まりませんでした。絶好のチャンスと思われたシーンでも、最後のシュートが枠に行かないことが多かったのです。
 シュートが枠に行かないという現象は、もちろん現在でもよく観られます。「サッカー競技における永遠の課題」のひとつなのでしょう。

 そうすると「シュートは枠に行かないと入らない」というのは、当時の日本サッカーに警鐘を鳴らした言葉ということになります。

 しかし、良く考えてみると警鐘にもなっていない感じです。

 シュートが決まらない事象に対しては、「どうしたら枠内にシュートを打つことができるか」が重要なのであって、「シュートは枠に行かないと入らない」と言っても進歩しないでしょう。シュートする全てのプレーヤーは当然に「枠の中を狙って打っている」のですから。そんなことは分かっている、ということになりそうです。

 角度、距離、キーパーとの関係、ディフェンダーとの関係、味方プレーヤーとの関係といった様々な要素を勘案し、どういった状況でも、高い確率で枠を捉えるシュートを放っていくための努力は、並大抵のことではないでしょう。

 走力、シュートを蹴るための筋力、全身のバランス向上といった身体面の弛まぬ強化を前提として、相手ディフェンス陣を崩していく戦術・戦略の構築、それを高い精度で実行していくための日々のトレーニング等々、「枠に行くシュートを放つため」には、数多い要素・ポイントをクリアして行かなければなりません。

 サッカー競技で上達するために必要な心構えを説くのであれば、「シュートは枠に行かないと入らない」という言葉は、不十分なものなのでしょう。中身の無い言葉のように感じますし、広い意味では嘘なのかもしれません。
 場合によると、前述のような努力の妨げにもなりそうです。シュートを枠の外に外してしまったプレーヤーが、「シュートは枠に行かないと入らない」と考えて納得してしまうようでは、無意味というより有害です。

 さすがに、この妙な言葉は最近使われなくなりました。その本質が広く理解されてきたのでしょう。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ザ・メモリアルトーナメント2014] 松山英樹選手 PGAツアー初優勝!
NEW Topics
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
Entry TAG
シュートは枠に行かないと入らない?  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930