FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  [MLB] 田口壮氏のコラム「メジャーの芝には蛇が出る?」
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 6月3日の日本経済新聞電子版に、田口壮氏のコラムが掲載されました。

 田口壮氏は、日本プロ野球のオリックス・ブルーウェーブで活躍の後、MLBのセントルイス・カージナルスに移籍、チームのワールドシリーズ制覇にも大きく貢献した名プレーヤーです。
 現在は野球解説者などで活動中ですが、その田口氏が時々日経新聞にコラムを載せます。このコラムが、とても面白いのです。

 掲題のコラムは、MLBの球場について書かれたものですが、MLB各球場のことが詳細かつ軽妙に描かれていて、とても楽しく読ませていただきました。

 まず、5月11日のイチロー選手の故障について触れています。敵地ミラーパークでの守備の際にイチロー選手の膝が芝生に挟まり、腰他の故障につながった事例ですが、「・・・ミルウォーキーは寒冷な土地で・・・太陽の光をあまり浴びないからかどうか、ここの芝生とその下の地面は軟弱です。」とコメントします。
 「ミラーパークの場合はメジャーの球場で一番というほど柔らかいのです。しかも、飛球のワンバウンド目が、他の球場とは全く違う跳ね方をします。・・・」と加えます。

 「・・・アメリカンリーグのチームに所属してきたイチロー選手がミラーパークでプレーしたのは2002年のオールスターゲームくらいでしょう。何試合か経験していないと、あのフィールドに慣れるのは無理かもしれません。」と、この項を結んでいます。

 守備の絶対的名手であるイチロー選手が、おかしな倒れ方をしたプレーだなと思っていましたが、こうした事情もあったのです。

 さらに話題は他の球場に移ります。
 「守りやすいのは西海岸の球場です。短めに刈り込んであるので足もとられませんし、変なバウンドもあまりありません。・・・私にとっては西海岸のドジャー・スタジアムやジャイアンツのAT&Tパークは守りやすい球場でした。」と。

 「中西部や東海岸は日差しが強すぎたり、弱すぎたりであまり刈り込むと芝が死んでしまうからでしょうか。比較的長く芝を伸ばしていました。こういうフィールドで怖いのは”スネーク”です。といっても蛇が出るわけではありません。
 バウンドしたボールが右左、右左とジグザグに、それこそ蛇がはうような軌道でバウンドしてくるのです。・・・どんな名手でも付き合いきれない『きまぐれな蛇』がたまにいるんですね。」と続きます。

 なるほどと思います。実際に、MLBの色々な球場でプレーした田口氏ならではの記述です。

 「天然芝はあんなに気持ちよさそうにみえて、実はなかなかくせ者です。」
 「こうした”芝目”を読みながらプレーするのも野手の技術のうちです。」といったまとめのコメントもベースボールの奥深さを感じさせてくれます。

 こうしたコラムは、田口氏の経験・知識のごく一部を表したものでしょうが、実際にプレーしたプレーヤーでなければ知り得ない知見に満ちています。しかも、私のような素人にも分かりやすく記述していただけるのです。有り難いことです。

 今後も、楽しく興味深いコラムを、よろしくお願いいたします。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ゴルフ] アメリカ人プレーヤーが勝てなくなってきた全米オープン
NEW Topics
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
Entry TAG
田口壮氏のブログは興味深い。  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031