FC2ブログ
HOME   »   駅伝・マラソン  »  [箱根駅伝] 1984年 東京大学が箱根駅伝に初出場
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2013年正月に実施される第89回箱根駅伝の予選会が、本日2012年10月20日に行われました。

 例年のように20㎞の距離を走り、各大学の成績上位10名の合計タイムが良い学校の上位9校が、正月の本戦に参加できるのです。(7位~9位は、関東インカレ大会の成績がタイムに加味されます)

 今年の予選通過大学は、1位日本体育大学、2位帝京大学、3位中央学院大学,以下、大東文化大学、上武大学、神奈川大学、日本大学、法政大学、東京農業大学の9校です。拓殖大学、専修大学、東海大学などの常連校が、予選落ちとなりました。

 実は、東京大学が箱根駅伝予選会を通過し、本戦に出場したことがあるのです。今から29年前1984年の第60回大会です。箱根駅伝の黎明期である1920年台の話ではなく、きちんと予選会が開催されるようになってからのことです。

 別に東京大学の駅伝ランナーの能力を過小評価しているわけではありませんが、意外な感じがします。全国の大学長距離ランナーの夢であり目標である箱根駅伝に、どちらかといえば勉学優先の東京大学が出場できたことには、やはり理由があるのではないでしょうか。

 ちなみに、陸上競技の競走の中でも「短距離競走」では、東京大学が好成績を挙げることは珍しくありません。兵庫県の灘高校もインターハイ短距離競走でメダリストを出しています。短距離競走は瞬発力と絶対筋力の水準が高ければ、好成績を残せるのです。記録と練習時間・量との相関性が低いといえます。

 一方、長距離競走においては、筋力・筋肉の質とともに心肺能力が重要な要素になります。体中に新鮮な酸素を速く・大量に継続して送り込む能力である「心肺能力」は、練習により強化されるもの、逆に言えば「走り込まないと向上しない」ものなのです。従って、長距離競走の成績は、練習量との相関性が高いのです。

 こうした性質を持つ長距離競走、その中でも平均区間距離が21.7㎞という大学長距離競走の中でも最長の部類に属する長距離競走で、かつ我が国で最も注目されている駅伝の予選会を東京大学チームが通過したというのは、ある意味では驚異的なことだと思います。

 さて、何故こうした驚異的な事実が生まれた理由について考えてみましょう。

 第一の理由は、その年の東京大学に長距離に強いランナーが揃っていたことです。当たり前だと言われそうですが、これが一番難しいことです。箱根駅伝は10区間のレースですから、10人のランナーが走ります。予選会も上位10名の合計タイムで競われるのですが、20㎞を相応のタイムで走れるランナーを10人以上揃えるのは、容易なことではありません。この年の東大には、そうした猛者が集まっていたということです。凄いことだと思います。

 第二の理由は、その年が第60回大会という節目の記念大会で、例年より5校参加校=予選通過校が多かったことです。現在も節目の大会は、参加校が上乗せされます。なんだ5校多かったのか、と言われそうですが、今年が記念大会であれば、その5校に入るのは頭書の拓大、専大、東海大といった駅伝強豪校ですので、ここに東大が入っているのは、当たり前と言うわけにはいかないのです。

 第三の理由は、この時代の箱根駅伝は、ライブ・フルタイムのテレビ放送が行われていなかったことです。正月2日・3日の日本テレビ系列による全区間ライブ放送が始まったのは1987年です。箱根駅伝というと、昔からライブのテレビ放送が行われていて、正月2日の往路、3日の復路は、朝早くから午後2時を過ぎるまで、ずーっと大学生ランナーがテレビに映し出されているという印象がありますが、1920年に始まった箱根駅伝の歴史からすると、まだ25年しか経っていないという感じです。東大が出場した1984年は、ライブのラジオ放送でした。

 第三の理由は、直接的な理由ではないのですが、テレビ放送が行われていない「関東学生陸上競技連盟が主催する関東地区の大学しか出場できない大会」だった箱根駅伝に、「全国の高校を卒業した有力長距離ランナーが集まる度合いが低かった」つまり、現在ほどレベルが高くなかったことに結び付きます。
 テレビによるフルタイム・ライブ放送が開始されてから、箱根駅伝は駅伝ファンの大会から、全国規模のメジャーな大会に変わったのです。これは、急速な変貌でした。

 1987年以降、高校駅伝界・長距離競走界で好成績を挙げた日本中の有力ランナーが、こぞって関東地域の駅伝有力校に進学するようになります。正月2日・3日のテレビに映る可能性が高いレースに、有力ランナーが出場したいと考えるのは無理のない話です。

 一方、大学経営の面から見ても、大学名を全国にPRする絶好の機会ですから、明治大学、早稲田大学、中央大学、日本大学といった、箱根駅伝黎明期からの伝統校だけではなく、山梨学院大学、神奈川大学、中央学院大学、帝京大学といった、それまで箱根駅伝にそれほど注力していなかった大学も、駅伝チームの強化を図り、参加・好成績を目指すようになりましたから、箱根駅伝全体のレベルも年々上がることになりました。

 1983年秋の予選会を勝ち抜き、1984年の本戦に出場した「東京大学の栄光の10人」(私の勝手な呼び方です)のひとりの方からお話を伺ったことがあります。「あの時代は、20㎞を1時間5分平均で走れば、予選を通過できました」と。10選手の合計で10時間50分となります。
 本日行われた2012年秋の予選会を当落ラインの9位で通過した東京農業大学の合計タイムは10時間10分41秒です。気象条件等から一概に比較はできませんが、やはりレベルは上がっていると考えてよいと思います。

 もちろん、この第二・第三の理由があるからといって、1984年第60回大会に出場した東京大学チームの栄光は、いささかも損なわれるものではありません。快挙であることは間違いありません。(東京大学の箱根駅伝出場は、この1回だけです)
 本稿で考えたいのは、テレビ放送が始まったことで、箱根駅伝の性質が変わったということです。

 中学生・高校生のスポーツ選択への影響や、高校有力長距離ランナーの関東地区大学への進学集中、いわゆる駅伝ファン以外の観客の増加といった事象です。これは、野球における甲子園大会に似ている面があると思います。

 ライブ・フルタイム・テレビ放送開始の功罪については、ここでは論じませんが、現在も箱根駅伝は大学駅伝ランナーの夢であり、最大の目標のひとつであることは、間違いありません。

 さて、本日の予選会で常連校の東海大学が予選通過できませんでした。1973年の第49回大会から続けてきた連続出場が途絶えてしまいました。村澤選手という絶対的エース(怪我で本日は走っていません)がいながらの落選は大変残念ですが、今更ながら過去40年間出場を続けてきた東海大学チームの諸先輩の努力の大きさを、感じさせる事実でもあります。

 1990年代の後半には、コンディショニングの失敗からか、練習のし過ぎからか、箱根駅伝本戦で途中棄権の大学が多い時期がありました。最近は、途中棄権が減ってきていますが、第89回大会に出場する20チームの全てが、2013年正月3日大手町のゴールに無事に帰ってきてほしいものだと思います。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[日本サッカー] 釜本邦茂というプレーヤー
NEW Topics
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 再開 ベスト8決まる。
[温故知新-陸上競技13] 男子3,000m障害 オリンピック金メダリストの記録
[全米プロゴルフ選手権2020(無観客)] コリン・モリカワ選手 初優勝
[MLB2020(無観客)・ナショナルリーグ] 8月8日終了時点の各地区の順位
[MLB2020(無観客)・アメリカンリーグ] 15ゲーム前後を終えての各地区の順位
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 2連勝!
[PGAツアー2019~20(無観客)] 全米プロゴルフ選手権大会 開幕
[ルヴァンカップ2020(観客数制限)] 三浦知良選手 53歳5ヵ月10日で先発!
[温故知新2020-陸上競技12] 男子三段跳び オリンピック金メダリストの記録
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] MVPは隠岐の海関
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 照ノ富士関 5年振り2度目の優勝
[競馬コラム275] キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの勝ち馬
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン初登板
[NBA2019~20(各種制限)] 再開 八村塁選手の活躍
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 大一番 朝乃山VS照ノ富士
[欧州4大リーグ2019~20] 各リーグの優勝チームが決まりました。
[NPB2020(観客数制限)セリーグ] 巨人が首位
[NPB2020(観客数制限)・パリーグ] ソフトバンクが首位
[陸上・東京選手権2020(無観客)] 男子800m クレイ・アーロン・竜波選手 快勝!
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 今季初登板・初勝利
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平「投手」 久しぶりの登板
[競馬コラム274] エネイブル号 G1レース11勝目!
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 中日を終えて
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 登場
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平選手 3年目のシーズンイン
[MLB2020(無観客)] 筒香嘉智選手 メジャーデビュー戦で2ランホームラン
[MLB2020(無観客)] 秋山翔吾選手 メジャー初打席・初ヒット・初打点
[MLB2020開幕戦(無観客)] マックス・シャーザー投手とゲリット・コール投手の投げ合い
[MLB2020(無観客)] ついに開幕 今シーズンの試合数など
[大相撲2020・7月場所5日目(観客数制限)] 5戦全勝の力士達
[セリエA2019~20(無観客)] クリスティアーノ・ロナウド選手 驚異の得点力
[競馬コラム273] ビワハヤヒデ号 30歳の大往生
[大相撲2020・7月場所初日(観客数制限)] お行儀の良い観客の皆さん
[ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020(観客数制限)] 一山麻緒選手と前田穂南選手
[FIFAワールドカップ2010準決勝] スペインチーム 「パスサッカー」の完成
[温故知新2020-陸上競技11] 男子400m競走 オリンピック金メダリストの記録
[NPB2020(観客数制限)] 戸郷翔征投手 開幕3連勝!
[NPB2020(観客数制限)] DeNA 7月15日まで16試合連続「○●○●・・・」のNPB記録更新
[大相撲2020・7月場所(観客数限定)] 活躍が注目される10名の力士
[温故知新2020-競泳8] マーク・スピッツ選手とマイケル・フェルプス選手
[リーガエスパニョーラ2019~20(無観客)] 久保建英選手 今シーズン4点目!
[アメリカ・カレッジスポーツ2020] アイビーリーグが秋季のスポーツを中止
[温故知新2020-ボート] 男子エイト オリンピックのメダル獲得チーム
[NPB2020・パリーグ(無観客)] 楽天ゴールデンイーグルスの快走
[NPB2020・セリーグ(無観客)] 阪神タイガース 3連勝
[温故知新2020-陸上競技10] 110mハードル 金メダリストの記録
[競馬コラム272-日本馬の海外挑戦14] 2011年 ヴィクトワールピサの快挙
[温故知新2020-競泳7] 男子100m自由形 オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技9] 男子200m競走 金メダリストの記録
[温故知新2020-自転車] 男子団体追い抜き オリンピックのメダル獲得チーム
Entry TAG
東京大学箱根駅伝に初出場   第60回箱根駅伝   箱根駅伝予選会  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031