FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  [MLB2014] クレイトン・カーショー投手 ノーヒット・ノーラン
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 ロサンゼルス・ドジャーズのクレイトン・カーショー投手(26歳)が、6月18日のコロラド・ロッキーズ戦に先発、9イニング107球を投げて、被安打0、奪三振15、エラー1、失点0の堂々たる内容で、ノーヒット・ノーランを達成しました。

 既に、2011年と2013年にサイ・ヤング賞(シーズン最優秀投手賞)を受賞し、2011年には最多勝利・最優秀防御率・最多奪三振の投手部門三冠を達成するなど、MLBを代表するピッチャーのひとりでしたが、ノーヒッターは今回が初めてでした。

 カーショーと言えば、調子が良い日には「分かっていても、かすりもしないカーブ」が絶対的な武器です。
 この日のノーヒッターも、ノーヒッター自体も凄いことなのですが、何と言っても「15奪三振」が見事です。最後のバッターも空振り三振でした。
 まさに「クレイトン・カーショー劇場」というところでしょう。

 この勝利で今シーズン通算7勝2敗としたカーショー投手ですが、カーショーにしては星が上がっていないのは、シーズン開始直後に肩の張りを訴えてDL(故障者リスト)入りし5月6日に復帰したためです。約1か月間を棒に振ってのこの成績ですから、今後の大活躍が期待されます。

 今年1月には、MLBの投手史上最高額となる7年総額2億1500万ドル(約219億円)で契約を更改し、「年俸30億円投手」と呼ばれていますが、その実力を存分に魅せた快投でした。

 リーグは違いますが田中将大投手と同い年(1988年生まれ)です。今年、所属チームと大型7年契約を締結したことも同じです。

 「ナショナルリーグNLのクレイトン・カーショー、アメリカンリーグALの田中将大」と言われるようなライバル関係が構築されることを期待するのは、少し我儘でしょうか。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ブラジルWC-16] さすがの、さすがのルイス・スアレス選手
NEW Topics
Entry TAG
クレイトン・カーショー投手ノーヒッター  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031