FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [ブラジルWC-22] クリスティアーノ・ロナウド選手に活躍してもらうには
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 [グループG アメリカ2-2ポルトガル]

 グループGでポルトガルが苦戦しています、この6月22日のゲームもアメリカにリードを許し、インジュリータイムも残り僅かというところで、クリスティアーノ・ロナウド選手からバレラ選手へのパスが通って2-2の同点に持ち込んだ形です。

 最終第3戦で、ポルトガルがガーナに勝ち、アメリカがドイツに負けて、得失点5点差をひっくり返すという「極めて難しい状況」に追い込まれたとはいえ、グループリーグ突破に向け、首の皮一枚残した形です。

 ポルトガル苦戦の要因はいくつかあるのでしょうが、エースであるクリスティアーノ・ロナウド選手が活躍していないことも、ひとつでしょう。「孤立している」「ボールが回ってこない」といった報道が目立ちます。

 Cロナウド選手の特徴を挙げてみましょう。
・縦に突破するドリブルの驚異的なスピードと力強さ
・強烈なミドルシュート
・全体としての圧倒的なフィジカル

 ゲームにおける典型的な得点パターンは、自陣深くからのパスを受け、フリーで前を向いてドリブルし、センターラインの後ろからでも相手ペナルティエリアまで独走で前進、20m内外の強烈なシュートを叩き込む形でしょう。
 相手チームに深いダメージを与えるゴールです。

 そうすると、Cロナウド選手は
① 長いドリブルを伴うプレーが、最も他の選手との差を活かせる
② ワントップは不向き

ということになりそうです。

 相手チームから見れば、ワントップでゴール前に居るCロナウドには2~3人のマークを付けるのは当然のこと(昨年のバロンドール受賞選手=現在世界最高の選手)ですから、さすがに僚友も、ガチガチにマークされているCロナウドにパスは出さないでしょう。
 結果として「孤立する」ことになるのは、自然なことです。

 本来は、Cロナウド選手が相手プレーヤーを複数引き付けているうちに、空いたスペースで他のプレーヤーが仕事をすれば、ポルトガルチームの得点が生まれる筈なのですが、これがなかなか上手く行っていません。

 「長いドリブルの圧倒的なスピードで勝負する」プレーヤーである、オランダのロッベン選手が、その持ち味を存分に発揮しているのと比較しても、ポルトガルチームのCロナウド選手の使い方には問題が有るのかもしれません。

 仮に、アメリカがドイツに1-2で敗れるとすれば、ポルトガルはグループリーグ突破に向けてガーナに少なくとも4点差を付けて勝たなくてはなりません。超崖っぷちにポルトガルチームは立たされているのです。

 センターライン手前からクリスティアーノ・ロナウド選手が走り出すのと同時に、ポルトガル陣内からロナウド選手の5m前にボールを落とし、Cロナウド選手が競りかけてくるガーナの選手をそのスピードで振り切って独走、フリーとなってシュートを叩き込むシーンが、少なくとも3回は必要なゲームなのではないでしょうか。

 ワントップ→左のミッドフィールダーへのCロナウド選手のポジションチェンジと、チーム全体として「とても守備的なフォーメーションからのロング・カウンター狙い」の戦術採用が必要なのではないかと思います。高い位置からのショート・カウンターでは、相手チームのセンターバックが残っているケースが多く、Cロナウド選手が「相手ディフェンダーを振り切ってフリー」という形は生まれ難いと思いますので。

 もちろん、ポルトガルチームは自陣深いところで2~3人のプレーヤーで相手ボールを奪い、Cロナウド選手の前にロングパスを送る必要があります。

 ハイリスクで無謀な戦術であることは十分に認識していますが、ターゲットがCロナウド選手だからこそ可能な戦術かもしれません。

 何より、あのドリブルと強烈なシュートが、この大会で一度も観られずに終わるというのは、とても残念なことなのです。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ブラジルWC-23] ようやく稼働したか ブラジルチーム
NEW Topics
[温故知新2020-陸上競技8] 男子円盤投げ オリンピック金メダリストの記録
[PGAツアー2019~20(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 今期初優勝
[NPB2020(無観客)] ロッテマリーンズ 8連勝!
[競馬コラム271・宝塚記念2020] 「重巧者」 クロノジェネシス 圧勝!
[温故知新2020-男子水球] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[NPB2020(無観客)] 山川穂高選手の逆転3ランホームラン
[温故知新2020-競泳6] 女子200m平泳ぎ 日本チーム「伝統」の種目
[競馬(無観客)] 宝塚記念2020の注目馬
[セリエA2019~20(無観客)] 再開!
[プレミアリーグ2019~20(無観客)] 再開!
[PGAツアー2019~20(無観客)] ベテランの戦い
[NPB2020(無観客)] 開幕3連戦の結果
[温故知新2020-陸上競技7] 女子円盤投げ オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳5] 男子4×200mフリーリレー 日本チームの復活
[温故知新2020-男子ホッケー] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[NPB2020(無観客)] 6月19日 歴史的な開幕
[競馬コラム270-日本馬の海外挑戦13] 2010年 ブエナビスタとナカヤマフェスタ
[温故知新2020-女子テニス5] 「強烈無比なフォアハンド」 シュテフィ・グラフ選手
[温故知新2020-男子テニス6] 初代「ザ・オールラウンダー」 ピート・サンプラス選手
[温故知新2020-女子バレーボール] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[リーガ・エスパニョーラ2019~20(無観客)] 再開!
[PGAツアー2019~20(無観客)] トーナメントの再開!
[温故知新2020-陸上競技6] 男子砲丸投げ オリンピック金メダリストの記録
[ラグビー日本選手権2006・2回戦] 早稲田大学チーム トヨタ自動車チームを破る
[温故知新2020-競泳4] 男子200m平泳ぎ 日本チームの「お家芸」
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] バイエルン 圧倒的な攻撃力
[温故知新2020-女子テニス4] WTAツアー歴代最多勝 マルチナ・ナブラチロバ選手
[温故知新2020-陸上競技5] 女子走り高跳び オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-男子バレーボール] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 長谷部誠選手 309試合出場!
[温故知新2020-男子テニス5] 「フラットの強打」 ジミー・コナーズ選手
[UEFA-EURO2000準決勝] フランス ポルトガルとの死闘を制す
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
Entry TAG
クリスティアーノ・ロナウドに働いてもらうには  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031