FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [ブラジルWC-24] あまりにも大きかった世界との差
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 [グループC コロンビア4-1日本]

 残念ながら、ザックジャパンのワールドカップ2014ブラジル大会は終わりました。

 このゲームの日本チームは、第一戦・第二戦と比較すると攻撃への意識が高く、多くの選手が前を向きゴールを目指していましたし、動きも良かったとは思います。
 とはいえ、前ゲームから8人の選手を代えてきた「控えチームであるコロンビア」に1-4で大敗した事実には重いものがあります。この「1-4」が、現時点の日本代表チームと世界の差であろうと感じます。

 この「大差」を十分に認識し、消化するところから、次の進歩に結び付けていく必要があるでしょう。

① シュート力の差

 いつも言われることですが、大会の結果について観る限り、最も大きいのはこの差でしょう。「ワールドクラスのスピードのプレーの中で、ワールドクラスのディフェンダーDFを相手にして行うシュート」という点で、日本チームは他の出場国に比べて大きく劣りました。

 このゲームでも、後半20分の大久保選手や同38分の香川選手に絶好のチャンスがありましたが、シュートは枠を大きく外れました。ギリシャ戦でも何回か観られた事象ですが、日本チームのシュートは相手ゴールキーパーGKの正面か、枠外に飛ぶことが多いのです。

 一方で、コロンビアチームの2点目3点目4点目は、いずれも確かにチャンスではありましたが、日本のDFとGKを相手にして、一人のプレーヤーが勝負をし、キッチリと決めました。
 2・3点目はサイドネットへのシュート、4点目はふわりと浮かしたシュートが日本ゴールを揺らしました。日本DFを振り切る動きから、GKと1対1の局面を創り出し、サイドネットにシュートするというプレーは、「固まったもの」のように観えました。「慣れている」のでしょう。

 グループリーグ3ゲームで、ザックジャパンの得点は僅かに2点でしたが、その2得点は「長友→本田」と「本田→岡崎」の形から生まれています。ヨーロッパでプレーし、ワールドクラスのスピードとプレーが体に染みついている3人のプレーヤーから得点が生まれたのは、決して偶然ではありません。

② パスのスピードと強さの差

 特に初戦のコートジボワール戦のキックオフ直後、日本チームが妙にゆっくりした弱いパスを行っているのを見た時には「体力温存」かと思いましたが、それが「現在の日本チームのパス」であることに気が付くのに、時間はかかりませんでした。

 このワールドカップに出場している全チームの中で、日本チームのパスは最も遅く、最も弱いでしょう。
 「相手より一瞬でも速く、先手を取るプレーを展開」しない限り、得点・勝利はおぼつかない大会で、パスが遅いのでは勝負にはなりません。

 速く強いパスが出せない原因としては「フィジカルの弱さ・技術の低さ」とともに「勇気不足」も挙げられるでしょう。相手チームにカットされることを恐れない勇気が不足しているのです。リスクを取らなければ成果は得られません。
 筋力面・技術面の強化とともに、メンタル面の強化も不可欠だと思います。

③ トラップ力の差

 ワールドカップのゲームが面白い理由のひとつに「素晴らしいトラップ」があります。とても長く速く難しい角度からのパスを「いとも簡単に足下に収め」たり「狙う方向に置く」プレーは、ただそれだけで溜め息を誘いますし、世界トップクラスの技術を肌で感じることが出来ます。

 もちろんこの点は②と大きな関係が有ります。「いつも速くて強いパスを行っている」からこそ、素晴らしいトラップ技術が身に付くのです。②が出来ていなければ、③も進歩しないということでしょうか。

④ ベンチワークの差

 この差は、大会前から既に付いていたと言えるのでしょう。劣勢のゲームを立て直すべく投入された、途中交代のプレーヤーで目覚ましい活躍を見せた選手は、3試合でひとりも居ませんでした。

 代表選手選定時点で「インパクトプレーヤーを選定できていなかった」のは明白(そういうプレーヤーが日本には居ないのかもしれませんが)ですし、選手交代のタイミング、投入プレーヤーの選定も上手く行かなかったことは結果が示しています。

 先発メンバーの選定にも疑問が残ります。最も得点力がある岡崎をワントップに据えず、最も得点を取る可能性が高い本田にパスを出す選手である清武を使わず(清武は本田と役割が重なると考えたのでしょうか。「役割が重なるからこそ」使うのでしょう。ラストパスを出せる選手が2人居れば、攻撃のバリエーションは飛躍的に増えます)、中途半端に奇を衒ったような布陣は、結果として成果に結びつきませんでした。

 こうした世界大会では、結果が非常に重いものです。全てという人も居ます。2敗1引分と結果を残せなかった以上、監督・コーチを始めとするベンチの責任は隠しようがありません。
 
 ワールドカップに出場し、日本中のファンに夢と希望を与えてくれたザックジャパンには、大変感謝していますし、その健闘には大きな拍手を送ります。

 とはいえ「世界との大差を実感」したことも事実ですし、「4年前の南アフリカ大会の時より世界との差は相当拡大している」ことも間違いないでしょう。

 今大会の結果を真摯に受け止め、今後の日本サッカー発展の糧としていくことが大切だと思います。

 何はともあれ、ザックジャパンの選手・関係者の皆さん、お疲れ様でした。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ブラジルWC-25] 奇跡を起こしたギリシャチームが決勝トーナメント進出
NEW Topics
[FIFAワールドカップ1982準決勝] 「死闘」 フランスチーム 延長で2点リードするも勝ち切れず
[競馬コラム258-日本馬の海外挑戦5] 栄光の1998年
[ラグビーワールドカップ2011準々決勝] オーストラリアチームの勝利
2016年~20年のスーパーボウルを彩った新進気鋭のクオーターバック達
[競馬(無観客)] 大阪杯2020の注目馬
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
Entry TAG
ワールドカップ・大きかった日本チームと世界の差  
Comment
118
おはようございます
2010年の時は期待値が低いにもかかわらずベスト16進出で、
PK戦の末の敗退でしたからね。
今大会は期待も大きかっただけに、戦績も内容も残念でなりません。
まあ4年後に期待しましょう。

120
コメントありがとうございます。
おっしゃる通りですね。

今思うと、ザックジャパンは最後の1年間の進歩が
不足していたかもしれません。

次WCの日本代表に期待しています。

今後ともコメントお願いします。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930