FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [ブラジルWC-27] グループリーグで各チームのエースが活躍し過ぎではないか?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 変な表題で恐縮ですが、今大会のグループリーグは各チームのエースの活躍が目立ちます。

 後から「○○の大会」と呼ばれるとして、○○の候補プレーヤーが、グループリーグのゲームから大活躍していることが、「珍しいこと」だと感じますので、こうした題名になりました。

 例えば、1986年メキシコ大会は「マラドーナの大会」と呼ばれています。(「○○の大会」という呼ばれ方が始まったのも、この大会からだと思います)
 アルゼンチンが優勝した大会でしたが、この大会でアルゼンチンのエース、ディエゴ・マラドーナ選手が大活躍し、大会MVP=ゴールデンボール賞を受賞しました。数々の印象的なゴールシーンを生み出したマラドーナは、間違いなくこの大会の主役でした。

 しかし、この大会のグループリーグでは、マラドーナは1得点しか挙げていないのです。グループAに入ったアルゼンチンチームは、初戦韓国相手に3-1、2戦目イタリアと1-1の引き分け、3戦目でブルガリアに2-0の2勝1引分で、グループリーグを突破しましたが、マラドーナゴールはイタリア戦の1得点だけでした。

 グループリーグでは、同僚のバルダーノ選手やブルチャガ選手、ルジェリ選手が得点し、バルダーノは2得点しています。

 続く決勝トーナメント1回戦でアルゼンチンはウルグアイを1-0で下していますが、この1点もバスクリ選手でした。

 この大会を「マラドーナの大会」にした活躍は、準々決勝と準決勝の2試合でした。それぞれのゲームでマラドーナ選手は2点ずつ計4点を挙げ、準々決勝2-1イングランド戦勝利、準決勝2-0ベルギー戦勝利に大貢献しています。準々決勝と準決勝のアルゼンチンチームの全得点を、マラドーナが叩き出したのです。

 そして決勝は3-2で西ドイツを下し、アルゼンチンが優勝しましたが、マラドーナ選手は得点していません。ブラウン選手、バルダーノ選手、ブルチャガ選手が各1得点でした。

 この事実は、「マラドーナの大会」と呼ばれる基礎となった印象が、準々決勝と準決勝の4得点にあったことを示しています。特に準々決勝イングランド戦の「5人抜き」「神の手」の2ゴールが印象的だったのでしょう。
 もちろん、アシストプレーの活躍もありましたが、マラドーナ選手はグループリーグでは「鳴りを潜めていた」と言ってよいでしょう。

 このことは「1986年のアルゼンチンチームにはマラドーナ以外にも多くの優秀なプレーヤーが居て活躍した」ことを示しています。
 パサレラ、ブルチャガ、エンリケ、バルダーノ、バティースタ、ボルギ等々、素晴らしいプレーヤーが揃ったチームだったと思います。

 さて、翻って今大会を観てみましょう。(6月25日時点)

 ○○候補の、例えばブラジル・ネイマール選手はグループリーグで4得点、アルゼンチンのメッシ選手も4得点、オランダのロッベン選手とファン・ペルシ選手は3得点ずつ、ドイツのミュラー選手も3得点と、いずれもチームの勝利に貢献する大活躍です。

 このこと自体は素晴らしいことなのですが、気になるのは

① 各チームの選手層の厚み・得点力

 チームの総合力は得点シーンに表れると思いますので、特定のプレーヤーからしか得点が生まれないチームは、チーム力が十分とは言えないでしょう。

② エースプレーヤーのコンディション維持の難しさ

 グループリーグで「鳴りを潜めていた」マラドーナ選手は、決勝トーナメントで一気に実力を爆発させました。体力面・精神面の両面から、余力十分な形で準々決勝・準決勝に臨んだものと思われます。

 本大会でグループリーグから全開の各チームのエースプレーヤーの調子・コンディションが、決勝トーナメントが進むにつれてピークアウトしないか心配です。

 とはいえ、グループリーグから決勝トーナメントまで継続して活躍を続けるプレーヤーも居るでしょうし、大会が進むにつれて調子を上げて、複数のプレーヤーが得点するようになるチームも当然出てくるでしょう。

 こんな心配が杞憂に終わることを祈っています。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬] 宝塚記念2014 注目馬
NEW Topics
[FIFAワールドカップ1982準決勝] 「死闘」 フランスチーム 延長で2点リードするも勝ち切れず
[競馬コラム258-日本馬の海外挑戦5] 栄光の1998年
[ラグビーワールドカップ2011準々決勝] オーストラリアチームの勝利
2016年~20年のスーパーボウルを彩った新進気鋭のクオーターバック達
[競馬(無観客)] 大阪杯2020の注目馬
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
Entry TAG
グループリーグで各チームのエースが活躍しすぎ?  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930