FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [ブラジルWC-27] グループリーグで各チームのエースが活躍し過ぎではないか?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 変な表題で恐縮ですが、今大会のグループリーグは各チームのエースの活躍が目立ちます。

 後から「○○の大会」と呼ばれるとして、○○の候補プレーヤーが、グループリーグのゲームから大活躍していることが、「珍しいこと」だと感じますので、こうした題名になりました。

 例えば、1986年メキシコ大会は「マラドーナの大会」と呼ばれています。(「○○の大会」という呼ばれ方が始まったのも、この大会からだと思います)
 アルゼンチンが優勝した大会でしたが、この大会でアルゼンチンのエース、ディエゴ・マラドーナ選手が大活躍し、大会MVP=ゴールデンボール賞を受賞しました。数々の印象的なゴールシーンを生み出したマラドーナは、間違いなくこの大会の主役でした。

 しかし、この大会のグループリーグでは、マラドーナは1得点しか挙げていないのです。グループAに入ったアルゼンチンチームは、初戦韓国相手に3-1、2戦目イタリアと1-1の引き分け、3戦目でブルガリアに2-0の2勝1引分で、グループリーグを突破しましたが、マラドーナゴールはイタリア戦の1得点だけでした。

 グループリーグでは、同僚のバルダーノ選手やブルチャガ選手、ルジェリ選手が得点し、バルダーノは2得点しています。

 続く決勝トーナメント1回戦でアルゼンチンはウルグアイを1-0で下していますが、この1点もバスクリ選手でした。

 この大会を「マラドーナの大会」にした活躍は、準々決勝と準決勝の2試合でした。それぞれのゲームでマラドーナ選手は2点ずつ計4点を挙げ、準々決勝2-1イングランド戦勝利、準決勝2-0ベルギー戦勝利に大貢献しています。準々決勝と準決勝のアルゼンチンチームの全得点を、マラドーナが叩き出したのです。

 そして決勝は3-2で西ドイツを下し、アルゼンチンが優勝しましたが、マラドーナ選手は得点していません。ブラウン選手、バルダーノ選手、ブルチャガ選手が各1得点でした。

 この事実は、「マラドーナの大会」と呼ばれる基礎となった印象が、準々決勝と準決勝の4得点にあったことを示しています。特に準々決勝イングランド戦の「5人抜き」「神の手」の2ゴールが印象的だったのでしょう。
 もちろん、アシストプレーの活躍もありましたが、マラドーナ選手はグループリーグでは「鳴りを潜めていた」と言ってよいでしょう。

 このことは「1986年のアルゼンチンチームにはマラドーナ以外にも多くの優秀なプレーヤーが居て活躍した」ことを示しています。
 パサレラ、ブルチャガ、エンリケ、バルダーノ、バティースタ、ボルギ等々、素晴らしいプレーヤーが揃ったチームだったと思います。

 さて、翻って今大会を観てみましょう。(6月25日時点)

 ○○候補の、例えばブラジル・ネイマール選手はグループリーグで4得点、アルゼンチンのメッシ選手も4得点、オランダのロッベン選手とファン・ペルシ選手は3得点ずつ、ドイツのミュラー選手も3得点と、いずれもチームの勝利に貢献する大活躍です。

 このこと自体は素晴らしいことなのですが、気になるのは

① 各チームの選手層の厚み・得点力

 チームの総合力は得点シーンに表れると思いますので、特定のプレーヤーからしか得点が生まれないチームは、チーム力が十分とは言えないでしょう。

② エースプレーヤーのコンディション維持の難しさ

 グループリーグで「鳴りを潜めていた」マラドーナ選手は、決勝トーナメントで一気に実力を爆発させました。体力面・精神面の両面から、余力十分な形で準々決勝・準決勝に臨んだものと思われます。

 本大会でグループリーグから全開の各チームのエースプレーヤーの調子・コンディションが、決勝トーナメントが進むにつれてピークアウトしないか心配です。

 とはいえ、グループリーグから決勝トーナメントまで継続して活躍を続けるプレーヤーも居るでしょうし、大会が進むにつれて調子を上げて、複数のプレーヤーが得点するようになるチームも当然出てくるでしょう。

 こんな心配が杞憂に終わることを祈っています。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬] 宝塚記念2014 注目馬
NEW Topics
[MLB2020・WS] アロザリナ選手VSベッツ選手・シーガー選手
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-6] 女子100mH 青木益未選手 好記録で優勝
[競馬(観客数制限)] 天皇賞(秋)2020の注目馬
[全日本スピードスケート距離別選手権2020] 一戸誠太郎選手と高木美帆選手の活躍
[MLB2020・WS第6戦(観客数制限)] ドジャース 21世紀初の「世界一」
[PGA・ZOZOチャンピオンシップ2020(無観客)] 日本人プレーヤー「8名」が出場
[MLB2020・WS第5戦(観客数制限)] ドジャース ブルペンの踏ん張りで「王手」
[MLB2020・WS第4戦(観客数制限)] レイズ 逆転サヨナラ勝ちで2勝2敗のタイ
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-5] 女子円盤投げ 齋藤真希選手 55m41cmの好記録で優勝
[UEFA-CL2020~21] グループリーグ 開幕
[競馬(観客数制限)] 菊花賞2020の注目馬
[MLB2020・WS第2戦] レイズ 「負けられない試合」を制す
[MLB2020・WS第1戦] 「大エース」 クレイトン・カーショー投手の好投
[MLB2020ポストシーズン] ランディ・アロザリナ選手 PS7ホームランのルーキー新記録
[MLB2020NLCS(観客数制限)] ロサンゼルス・ドジャース ワールドシリーズ進出
[MLB2020ALCS(無観客)] 「2点の壁」 タンパベイ・レイズがワールドシリーズ進出
[箱根駅伝2021] 予選会
[PGAツアー2020~21] 相次ぐ ベテランプレーヤーの復活優勝
[競馬(観客数制限)] 秋華賞2020の注目馬
[MLB2020・ALCS(無観客)] ダスティ・ベイカー監督の丁寧な継投策
[MLB2020NLリーグチャンピオンシップ] 大型内野手の対決
[MLB2020リーグチャンピオンシップ(観客数制限)] 両リーグ共に一方的な展開
[NBAファイナル2020(無観客)] レイカーズ 10年振りの優勝!
[全仏オープンテニス2020(観客数制限)男子シングルス] ラファエル・ナダル選手 圧倒的な強さ
[ゴルフ全米オープン2020] さすがのウイングドフット・ゴルフクラブ西コース
世界陸連セバスチャン・コー会長来日 「持続可能性が高いスタジアム」
[MLB2020・AL地区シリーズ(無観客)] レイズとアストロズがリーグチャンピオンシップに進出
[MLB2020-NL地区シリーズ(無観客)] ドジャースとブレーブスがリーグチャンピオンシップに進出
[ロンドンマラソン2020] エリウド・キプチョゲ選手 久しぶりの敗戦
「女子」ラグビーワールドカップの歴史
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-4] 男子走り高跳び 真野友博選手 優勝!
[競馬コラム278・凱旋門賞2020] エイダン・オブライエン厩舎の4頭が出走取り消し
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-3] 女子1,500m 田中希美選手 もの凄いスパート
[日本女子オープンゴルフ選手権2020(無観客)] 原英莉花選手と小祝さくら選手の激闘
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-2] 女子200m 鶴田玲美選手の快走
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)] 女子100m 児玉芽生選手 素晴らしい加速
[MLB2020・ポストシーズン(無観客)] 地区シリーズの組合せが決まりました。
[MLB2020ポストシーズン(無観客)] シカゴ・カブス 2連敗で敗退
[競馬(無観客)] スプリンターズステークス2020の注目馬
[NPB2020(観客数制限)] 菅野智之投手 開幕12連勝!
[凱旋門賞2020(無観客)] エネイブルの史上初・3度目の制覇なるか。
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 大活躍の4力士
[MLB2020ポストシーズン] ヤンキース 超強力打線でワイルドカードシリーズを2連勝で突破
[J1リーグ2020(観客数制限)] 三浦知良選手 53歳6か月で先発出場
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 翔猿関 新入幕「三役揃い踏み」
[MLB2020(無観客)] レギュラーシーズン終了 ポストシーズン開幕
[飛び込み日本選手権水泳2020(無観客)] 玉井陸斗選手の大活躍
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 正代関 初優勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 8勝目
[セリエA2020~21(無観客)] 9月19日 開幕
Entry TAG
グループリーグで各チームのエースが活躍しすぎ?  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930