FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [ブラジルWC-28] 欧州の強豪チームが敗退したグループリーグ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 ワールドカップのグループリーグで、大会前に評判が高かったチームのいくつかが敗退することは、珍しいことではありません。

 例えば、2010年南アフリカ大会では、イタリアとフランスが決勝トーナメントに進めませんでしたし、2002年の日韓大会では、ウルグアイ、アルゼンチン、フランス、ポルトガルがグループリーグで敗退しました。

 従って、今大会でスペイン、イングランド、イタリア、ポルトガルの各チームが敗退したことは、敗退チーム数から見れば、通例の範囲内ということになるかもしれません。

 ただし、この4チームがいずれもヨーロッパのチームであることは「いかにも南米・ブラジル開催の大会」という性格を示していると思います。

 この強豪4チームのグループリーグの戦い振りを見て行きましょう。

① スペインチーム

 前回大会優勝チームの敗退ということになりますが、これも珍しいことではなく、21世紀に入ってからは、2002年大会では1998年大会優勝のフランスがグループリーグで敗退、2010年大会では同じくイタリアが敗退、2014年はスペインが敗退ということで、2006年のブラジルチームのみがグループリーグを突破している形です。

 21世紀になってからは「前回優勝チームはグループリーグを突破できない」というジンクスが生まれつつあるのかもしれません

 さて、本題に戻ります。

 スペインチームの現状を良く表しているのが、第3戦オーストラリア戦でしょう。3-0で快勝したのですが、この3点はビジャ選手、フェルナンドトーレス選手、ファン・マタ選手の得点です。

 シャビ選手とイニエスタ選手を中心としたパスプレーには馴染みにくいトーレス選手やマタ選手が得点を挙げるチームになってきたことが、スペインサッカーの変質を表しているように感じます。「少ない得点を堅守で守るチーム」から「得点の取り合いを挑むチーム」に変わったのでしょう。

 そのスペインの心臓とも言うべきシャビ選手が、第2戦から出場していません。シャビ選手とデルボスケ監督との間に、何らかの確執があったのかもしれません。いずれにしても「シャビ選手がプレーしたいと思わないチーム」は、いわゆる「世界最強のパスサッカーのチーム」ではないことは、明らかです。

② イングランド・イタリア・ポルトガルの各チーム

 3つのチームをまとめて記述するのは失礼なことかもしれませんが、姿が似ているのでまとめることとしました。

 イングランドはルーニー選手、イタリアはバロテッリ選手、ポルトガルはクリスティアーノ・ロナウド選手という「絶対エース」の実力を引き出すことなく、敗退したことが共通しています。

 ルーニー選手は、もともとワールドカップとは相性が悪く、長くイングランド代表チームの中心的ストライカーとして活躍してきたのですが、ワールドカップの得点は今大会が初めてでした。しかし、そのルーニーの得点も僅かに1に留まりましたから、イングランドが勝ち抜くのは難しいことでした。

 バロテッリ選手も同様です。雌雄を決するゲームであった第3戦のウルグアイ戦の後半開始時点から、バロテッリはベンチに下げられてしまいました。チームは「バロテッリで得点を狙うより、0-0の引き分けを狙った」のです。
 イタリアチームの敗因は「得点力不足」に尽きます。日本チームと同様、3ゲームで2得点しかしていないのです。現在のワールドカップのグループリーグのルールの下では、これでは勝ち抜けません。バロテッリ選手も1得点に終わりました。

 ポルトガルチームも、エースのクリスティアーノ・ロナウド選手は3試合で1点しか取れませんでした。それも第3戦になってから。
 帰趨を決める第1・2戦で、クリロナ選手が無得点ではポルトガルは苦しいでしょう。その第3戦の得点も、コール前でじっと待ち受けていたクリロナの前にボールが転げ出て、それを蹴り込んだものでした。

 50m以上を素晴らしいスピードでドリブルしながら、目が覚めるようなシュートを叩き込むプレーを身上としているクリロナ選手にとっては、全く持って不完全燃焼の大会となったことでしょう。

 ここまでは「南米で行われるワールドカップでは南米のチームが強いという大原則」に則って、大会が続いているように見えます。
 南米地区のチームは、グループAでチリがスペインを押し退け、D組でウルグアイがイングランド・イタリアを退けました。
 そして、6代表チーム中5チームが決勝トーナメントに進んだのです。

 さて6月28日から決勝トーナメント1回戦(ベスト16)が始まります。このまま南米優位の空気が漂う大会が続くのか、ヨーロッパの各チームが盛り返すのか、とても興味深く楽しい大会が続くのです。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ブラジルWC-29] 良いゴールキーパーが多い大会
NEW Topics
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
[日本陸上競技選手権2020競歩20km男子] あってはならない「誤表示」
[世界距離別選手権2020] 日本チームの大活躍
Entry TAG
ワールドカップ・グループリーグにおける有力チームの  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930