FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [ブラジルWC-35] ドイツチームをもってしても容易ではない勝ち上がり
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 [ベスト16 ドイツ2-1アルジェリア (延長)]

 アルジェリアチームは、良く健闘しましたが、最後はドイツチームの地力が勝ったというゲームでした。

 アルジェリアにとって惜しまれるのは、動きが良かった前半の5~20分の15分間の間に構築したいくつかのチャンスをひとつでも物にして、先取得点に結びつけることが出来なかったことでしょう。
 この時間帯のアルジェリアチームは、左右からプレーヤーがドイツ陣を深く抉り、ゴール前に迫るプレーを連続して実現していました。惜しいチャンスがいくつもありました。ドイツのゴールキーパーGKノイアー選手の好守も目立ちました。

 逆にドイツは、中盤でボールを失うことが多く、ボールを保持している時間は長かったかもしれませんが、シュートに結び付くようなチャンスはありませんでした。明らかに、アルジェリアが押していたのです。

 しかし、前半30分を過ぎてから、アルジェリアチームの運動量がめっきり落ちてドイツペースのゲームとなりました。
 グループリーグの時もそうでしたが、守りに入ったアルジェリアチームは、良さが消えてしまいます。「飛ばし過ぎて疲れが出たか」と思いましたが、これはアルジェリアチームの戦略でした。体力を温存していたことが分かったのは、後半の後半でした。

 前半を0-0で折り返して、ドイツとしては「へばっているアルジェリアを、後半の後半仕留める」という考え方で後半に臨んだかもしれません。
 ところが後半25分を過ぎても、アルジェリアの動きは衰えず、ドイツチームにも少し焦りの色が見られるようになりました。

 攻防半ばする展開が続きました。

 そして、後半40分を過ぎるころから両チームに疲労の色が濃くなりましたが、やはりアルジェリアチームの方にダメージが大きい感じでした。

 延長前半開始直後に、ドイツのフォワードFWアンドレ・シュルレ選手が左足ヒールで流し込んで、ついに均衡が破れました。そして延長後半試合終了寸前にもメスト・エジル選手が得点して2-0、これで試合は決しました。

 アルジェリアチームの健闘に苦しんだドイツチームですが、サイドを抉り、ペナルティーエリア内までボールを持ち込んで、ゴール前にパスするという基本戦術を徹底して実施したことが、勝利に結びついた形です。
 また、今大会いまひとつの感があるマリオ・ゲッツェ選手に代わって後半からピッチに立ったシュルレ選手と、チームの中心選手であるエジル選手に得点が生まれたことは大きなことでしょう。「どこからでも、誰でも点が取れる」ドイツサッカーの調子がようやく上がってきた感じです。

 これでドイツは、ワールドカップ16大会連続のベスト8以上という記録を打ち立てました。もちろん圧倒的な大会最高記録です。
 60年以上に渡って、ワールドカップでベスト8以上に進んでいるというのは、空前というか想像を絶する成績です。何という素晴らしい記録でしょうか。

 「いつの時代も常に世界トップクラスのチームを保持するとともに、ワールドカップでも無類の勝負強さを魅せる」のですから、言葉が見つかりません。

 いくら強いチームを保持していても、16回もの大会があれば、1回や2回、コンディション不良や天候・気候や組合せの運・不運といった要素から、グループリーグ敗退やベスト16止まりの大会があっても、何の不思議もないのですが、ドイツチームはそれらの不確定要素さえも全て抑え込んで「極めて安定したパフォーマンス」を魅せ続けているのです。
 本当に、本当に凄いことだと思います。

 そして、そのドイツチームをもってしても、ベスト8に勝ち上がるために延長戦を戦わなければならないのですから、ワールドカップ決勝トーナメントで1勝を挙げることがいかに大変なことであるか、改めて感じさせられるのです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ブラジルWC-36] アルゼンチンを救ったディマリア選手の運動量
NEW Topics
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
Entry TAG
ドイツチーム16大会連続ベスト8進出  
Comment
123
予選は宛にならないですね!
トーナメント1回戦は結果的にグループリーグの1位通過のチームが全て勝ちましたね!しかも、ランク上位チームのほとんどががかなりの大苦戦。
裏を返せば1回戦の負けたチーム全てがもうひと踏ん張りしてたとしたらと思ったら、ワールドカップも大変な騒ぎになっ
てたことでしょうね。(*^.^*)
でも、PKだろうと、延長だろうときっちり勝つところがサッカー強国なんでしょうね。はやく日本も仲間入りしたいですね~!(*^.^*)

126
Re: コメントありがとうございます。
おっしゃる通りだと思います。

延長だろうがPKだろうが、勝ちあがるチームが強いチームなのでしょう。
そして、そのわずかな差が、実は大きな差なのだと思います。

これからも、コメントよろしくお願いします。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930