FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [ブラジルWC-39] 熱狂コロンビア共和国! 死者13名・・・。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今大会、ベスト8進出を決めたコロンビアチームの大活躍で、コロンビア共和国は熱狂の坩堝(るつぼ)と化していて、グループリーグの3ゲームとベスト16の計4ゲームで、熱狂したファンの行為により、13人が死亡したと伝えられました。(msn総合ニュース7月1日)

 日本チームと同じグループCに所属したコロンビアチームが、初戦のギリシャ戦で3-0の勝利を挙げると、興奮したファンが暴徒化し、全国で9人が死亡。

 第二戦のコートジボワール戦に対して政府は「24時間酒類販売禁止」などの措置を取りましたが、2-1の勝利に興奮したファンが発砲、13歳の少女に銃弾が当たり死亡。

 第三戦の日本戦では4-1の勝利後に首都ボゴタで1人が死亡。

 ベスト16・決勝トーナメント1回戦ウルグアイとのゲームでは、警察当局が主要都市に数千人の警察官を配備して警戒したものの、2-0の快勝を受けて、やはり首都ボゴタで勝利を祝って発砲された銃弾が25歳の女性に当たり死亡、と死者は計13人に上っているとのこと。

 何だか凄い話だなあと感じますが、他国の文化について一方からの視線で論評するのは回避します。ただし、以下のような気概を持ってワールドカップに出場する必要はありそうです。

① こうした国のチームおよびプレーヤーは、真に「命懸け」でゲームに臨んでくること。

 1994年アメリカ大会で、活躍が期待されていたコロンビアチームのディフェンダーDFアンドレス・エスコバル選手がグループリーグ初戦のルーマニア戦でオウンゴールを献上してしまい、1-2で負けてしまいました。
 開催国アメリカと同組だったこともあり、コロンビアはグループリーグで敗退してしまったのですが、チームメンバーの他の選手が当面の間の帰国を渋る中、エスコバル選手唯一人が「説明しなければならない」として帰国したのです。
 しかし、帰国してバーで飲んでいたエスコバル選手は12発の銃弾を撃ち込まれ殺されてしまいました。世に言う「エスコバルの悲劇」です。

 「これは昔の話だろう」とおっしゃる方が居るかもしれませんが、頭書の13人死亡は、現在進行形の話です。

 コロンビア共和国は、サッカーどころ南米の中でも屈指の熱狂的なファンを擁する国なのです。

② サッカーで死者が出る国は多くは無いと思いますが、程度の差こそあれ、ワールドカップ出場国のファンは極めて強い気持ちで代表チームを応援しているのです。サッカーとは、そしてワールドカップとは、そういうものであることを、我が国のサッカーファンも十分に認識しておく必要があるでしょう。
 例えば、海外のゲームで日本代表が勝利した夜の繁華街などです。

 さて、今大会のグループリーグ敗退を受けて「日本代表チームのメンタル面の強化の必要性」が各所で叫ばれています。

 一方で、日本代表チームのメンタル面の強化は、日本では想像も出来ない熱狂的なファンの存在を背景とした南米やヨーロッパの国々における強化策とは異なる方法・アプローチが必要だとも思います。

 日本のサッカーファンが、「サッカー先進国である南米やヨーロッパのファン」と同じような有り様に変わっていくことは、ほとんど有り得ないことだと思います。安直な言い方で恐縮ですが「文化が違う」としか言いようがないのでしょう。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ブラジルWC-40] 堅守!ドイツチーム
NEW Topics
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
Entry TAG
熱狂的なコロンビアのサッカーファン  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930