FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [ブラジルWC-44] 今大会ここまでのベストゲーム!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 準々決勝コスタリカvsオランダの一戦は、文字通り両チーム死力を尽くした激戦でした。本当に素晴らしいゲームを魅せていただきました。ありがとうございます。

 [ベスト8 コスタリカ0-0オランダ (PK戦4-3でオランダ勝ち)]

 ゲームは全体として7:3でオランダが押していました。決定的なチャンスであれば9:1でしょう。
 このオランダの骨太の攻撃を、コスタリカはゴールキーパーGKナバス選手を中心としたディフェンスDF陣が防ぎました。守って守って守り抜いたのです。この集中力の継続は素晴らしい。コスタリカチームは、持っているものの全てを出し切ったと感じます。悔いの無いゲームであったことでしょう。

 もうひとつ忘れてはならないことは、オランダチームのDF陣です。後半の後半になって、攻めても攻めても点が取れないオランダは、当然前掛かりとなりました。そして、本当に時々、コスタリカのカウンター攻撃が来るのです。普通なら戻りが遅くなりピンチを招くことがあるものなのですが、オランダチームの最終ラインは良く戻り、よく対応しました。DF陣のコントロールが抜群だったのです。この点は、コスタリカチーム・ピント監督にとって予想外だったことでしょう。
 「誰もが認める強力な攻撃力を持つオランダは、DFも強かった」のです。

 コスタリカに惜しまれるのは、延長後半10分のカウンターのチャンス、ウレニャ選手の素晴らしいプレーから決定的なシーンが生まれましたが、これをオランダのGKシレッセン選手が止めたのです。後から再生で見ると、オランダチームのDFも必死に脚を延ばしてシュートコースを消していました。両チームの攻防が見事でした。

 それにしても、コスタリカのGKナバス選手のプレーは見事というか「神憑り」でした。
 オランダの攻撃も「今大会一の出来」だったのです。枠の中に、それもギリギリの場所に、ファンペルシ選手やスナイデル選手のシュートが飛びます。「普通のワールドカップのゲーム(変な言い方ですが)」であれば、2~3点は取れていたでしょう。

 ゴールポスト・クロスバーにも、オランダチームのシュートが何度も当たりました。スナイデル選手が2度、ファンペルシ選手が1度、どれも入っていても何の不思議も無いシュートでしたが、これが入らない。まるで「コスタリカのゴールに蓋がしてある」ようでした。
 GKナバスが飛び出した後も、コスタリカのDF陣はゴールライン上に立って守り続けました。極めてレベルが高いチームが出来上がっていたのです。

 さて、PK戦。
 オランダのファンハール監督は、交替選手3枚目のカードを温存し、延長後半14分のタイミングでGKをシレッセンからレンスに替えました。滅多に見られない采配です。これが吉と出るか凶と出るかは、何とも言えないと思いました。

 オランダは、ファンペルシ→ロッベン→スナイデル→カイトと「ビッグネーム」を並べました。こういった大試合では、中心選手がPKを外すことが多いというか、(本当は多くないのでしょうが)印象に残っているのです。
 しかし、このビッグネーム達は、全員見事に決めました。今大会屈指のGKナバスを相手に、ゲーム中止められ捲ったナバスを相手に、強烈なPKシュートを打ちました。このシュートの強さがオランダチームの強さを象徴していました。

 一方のコスタリカチームも、よく打って行きましたが、シュートの強さ・速さではオランダに及びませんでした。最後の最後に「ボールを蹴る力=肉体的・精神的な強さ」でオランダが勝りました。

 コスタリカチームでは、GKナバス選手と共に7番のボラニョス選手のプレーが際立っていました。良い選手です。そのパス・シュートの正確無比なコントロールと120分を通しての精力的な運動量は、なでしこの宮間選手を髣髴とさせるものでした。

 オランダチームはベスト4に進出しました。

 考えてみれば、前回大会準優勝チームが「戦力を落とすことなく」今大会に臨んだのですから、当然と言えば当然の成績なのかもしれません。世界サッカーにおけるスペインの時代に終止符を打ったオランダには、「南米開催の大会では欧州のチームは優勝できない」というワールドカップの公理も破ってしまうかもしれない勢いと力強さを感じます。

 ロッベン、ファンペルシ、スナイデル、カイト、デフライ、ブリント・・・素晴らしいプレーヤーが揃ったチームです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
長嶋茂雄選手が陸上競技の中距離ランナーに?
NEW Topics
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
Entry TAG
コスタリカをPK戦で破ってオランダがベスト4進出  
Comment
129
こんばんは
オランダコスタリカ戦はゴールはなかったですが、非常に見ごたえありましたね!
この前のベルギーアメリカの1戦も延長まで手に汗握りましたしね。

やはり強いチームになるとGKや守備が素晴らしいですね。
決勝トーナメントではすべての試合接戦でしたからね。

132
Re: コメントありがとうございます。
おっしゃる通りだと思います。

0-0のゲームでも、サッカーの楽しさ満載のゲームでした。

引き続き、コメントよろしくお願いします。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930