FC2ブログ
HOME   »   テニス  »  [ウインブルドン2014女子シングルス] 世代交代の大会か。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 7月3日に行われた女子シングルス準決勝の組合せです。

・クビトバ選手(24歳)vsサファロバ選手(27歳)
・ハレップ選手(22歳)vsブシャール選手(20歳)

 そして、決勝はクビトバ選手とブシャール選手の対戦となり、クビトバが快勝し2度目の栄冠に輝きました。

 この準決勝と決勝は、「女子シングルスには世代交代の波が押し寄せていること」を如実に示していると思います。

 21世紀に入って圧倒的な力を示してきたウイリアムズ兄弟(ビーナス34歳・セリーナ32歳)や昨年の覇者バルトリ選手(29歳)を抑えて、20代前半のプレーヤーが決勝を争ったのです。

 ご存じのように、ウインブルドン大会女子シングルスには、過去30年以上に渡って「秩序」が存在しました。

① 1978年~1996年までの19年間
[マルチナ・ナブラティロバ選手とシュティフィ・グラフ選手の時代]
 この間のウインブルドン大会は、ナブラティロバ選手が優勝9回、グラフ選手が7回優勝と2人で16回優勝しています。
 この時代の序盤にはクリス・エバート(結婚後はクリス・エバート・ロイド)選手、中盤から終盤にはハナ・マンドリコワ選手やヤン・ノボトナ選手が健闘しましたが、2人の牙城はなかなか崩せませんでした。

② 2000年~2012年間までの13年間
[ウイリアムズ兄弟の時代]
 この間の大会は、ビーナス・ウイリアムズ選手が5回、セリーナ・ウイリアムズ選手が5回、計10回優勝しています。
 この時代の前半にはリンゼイ・ダベンポート選手が中盤から現在に到るころにはマリア・シャラポワ選手が健闘しましたが、厚い壁でした。

 こうした、明確な優勝候補が存在し、他のプレーヤーがこれに挑む形であったウインブルドン大会が、2013年以降は新鋭選手が登場し、混戦状態となっています。
 まだたったの2年間ですが、この時期が1997年~1999年の3年間、マルチナ・ヒンギス選手やヤン・ノボトナ選手が活躍し、ウイリアムズ兄弟の時代への布石となった時代と重なるものなのか、それとも「当分続く戦国時代」なのかは分からないところですが、世代交代の時期であり、ある意味ではとても面白い時代であることは、間違いありません。

 今大会特に注目された若手プレーヤーは、カナダの20歳ウージニー・ブシャール選手でした。そもそも、テニス4大大会決勝でカナダのプレーヤーというのが珍しく、ウインブルドン大会では初の決勝進出者でした。

 準決勝まで1セットも落とさずに決勝に進出しましたから、前日の記者会見では自信満々でしたが、決勝では第一セットこそ3ゲームを取ったものの、第二セットは0-6と完敗でした。

 ブシャール選手は、スピンが効いたボールを打つのですけれども、ボールのスピードはそれ程ではないのです。これに対して、クビトバ選手はフラットな打球も打つことが出来ますので、打球スピードで勝りました。芝のウインブルドンでは、速いボールを駆使できる方が有利ですから、一方的なゲームとなってしまったように思います。

 とはいえ、ブシャール選手は2014年の全豪・全仏でベスト4に入るなど急速に力を付けてきていますので、次代の世界女子テニス界を牽引するプレーヤーになる能力を十分に備えていることは異論のないところでしょう。今後の活躍がとても楽しみです。

 ウインブルドン2014女子シングルスは「世代交代を色濃く反映した大会」であったと思います。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ウインブルドン2014男子シングルス] まだまだ続くか 3強の時代!
NEW Topics
[MLB2020・WS] アロザリナ選手VSベッツ選手・シーガー選手
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-6] 女子100mH 青木益未選手 好記録で優勝
[競馬(観客数制限)] 天皇賞(秋)2020の注目馬
[全日本スピードスケート距離別選手権2020] 一戸誠太郎選手と高木美帆選手の活躍
[MLB2020・WS第6戦(観客数制限)] ドジャース 21世紀初の「世界一」
[PGA・ZOZOチャンピオンシップ2020(無観客)] 日本人プレーヤー「8名」が出場
[MLB2020・WS第5戦(観客数制限)] ドジャース ブルペンの踏ん張りで「王手」
[MLB2020・WS第4戦(観客数制限)] レイズ 逆転サヨナラ勝ちで2勝2敗のタイ
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-5] 女子円盤投げ 齋藤真希選手 55m41cmの好記録で優勝
[UEFA-CL2020~21] グループリーグ 開幕
[競馬(観客数制限)] 菊花賞2020の注目馬
[MLB2020・WS第2戦] レイズ 「負けられない試合」を制す
[MLB2020・WS第1戦] 「大エース」 クレイトン・カーショー投手の好投
[MLB2020ポストシーズン] ランディ・アロザリナ選手 PS7ホームランのルーキー新記録
[MLB2020NLCS(観客数制限)] ロサンゼルス・ドジャース ワールドシリーズ進出
[MLB2020ALCS(無観客)] 「2点の壁」 タンパベイ・レイズがワールドシリーズ進出
[箱根駅伝2021] 予選会
[PGAツアー2020~21] 相次ぐ ベテランプレーヤーの復活優勝
[競馬(観客数制限)] 秋華賞2020の注目馬
[MLB2020・ALCS(無観客)] ダスティ・ベイカー監督の丁寧な継投策
[MLB2020NLリーグチャンピオンシップ] 大型内野手の対決
[MLB2020リーグチャンピオンシップ(観客数制限)] 両リーグ共に一方的な展開
[NBAファイナル2020(無観客)] レイカーズ 10年振りの優勝!
[全仏オープンテニス2020(観客数制限)男子シングルス] ラファエル・ナダル選手 圧倒的な強さ
[ゴルフ全米オープン2020] さすがのウイングドフット・ゴルフクラブ西コース
世界陸連セバスチャン・コー会長来日 「持続可能性が高いスタジアム」
[MLB2020・AL地区シリーズ(無観客)] レイズとアストロズがリーグチャンピオンシップに進出
[MLB2020-NL地区シリーズ(無観客)] ドジャースとブレーブスがリーグチャンピオンシップに進出
[ロンドンマラソン2020] エリウド・キプチョゲ選手 久しぶりの敗戦
「女子」ラグビーワールドカップの歴史
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-4] 男子走り高跳び 真野友博選手 優勝!
[競馬コラム278・凱旋門賞2020] エイダン・オブライエン厩舎の4頭が出走取り消し
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-3] 女子1,500m 田中希美選手 もの凄いスパート
[日本女子オープンゴルフ選手権2020(無観客)] 原英莉花選手と小祝さくら選手の激闘
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-2] 女子200m 鶴田玲美選手の快走
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)] 女子100m 児玉芽生選手 素晴らしい加速
[MLB2020・ポストシーズン(無観客)] 地区シリーズの組合せが決まりました。
[MLB2020ポストシーズン(無観客)] シカゴ・カブス 2連敗で敗退
[競馬(無観客)] スプリンターズステークス2020の注目馬
[NPB2020(観客数制限)] 菅野智之投手 開幕12連勝!
[凱旋門賞2020(無観客)] エネイブルの史上初・3度目の制覇なるか。
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 大活躍の4力士
[MLB2020ポストシーズン] ヤンキース 超強力打線でワイルドカードシリーズを2連勝で突破
[J1リーグ2020(観客数制限)] 三浦知良選手 53歳6か月で先発出場
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 翔猿関 新入幕「三役揃い踏み」
[MLB2020(無観客)] レギュラーシーズン終了 ポストシーズン開幕
[飛び込み日本選手権水泳2020(無観客)] 玉井陸斗選手の大活躍
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 正代関 初優勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 8勝目
[セリエA2020~21(無観客)] 9月19日 開幕
Entry TAG
女子テニス界は世代交代が進んでいるのか?  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930