FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [ブラジルWC-52] 準決勝と決勝ではPK戦をやめてみては?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今大会もPK戦で決着したゲームが4つありました。

・ベスト16
① ブラジルvsチリ(PK戦3-2でブラジル勝ち)
② コスタリカvsギリシャ(同5-3でコスタリカ勝ち)

・ベスト8
③ オランダvsコスタリカ(同4-3でオランダ勝ち)

・ベスト4
④ アルゼンチンvsオランダ(同4-2でアルゼンチン勝ち)

 いずれも接戦の好ゲーム。どちらのチームも次ステージに進出させてあげたい、というゲームでした。

 もちろん、PK戦決着のゲームは公式記録上「引き分け」ですので、PK戦で大会を去ったチームは敗退ではないのです。

 例えば今大会のオランダチームは、グループリーグから通算して7戦5勝2引分と無敗でありながら、決勝には進出できませんでした。オランダのプレーヤーやサッカーファンにとっては「全く納得できない」ことでしょう。

 PK戦が始まったのは1970年代と古く、ワールドカップでPK戦が初めて行われたのは1982年スペイン大会の準決勝・西ドイツvsフランスでした。
 この大会は、1次リーグ→2次リーグ→準決勝→決勝という仕組みでしたから、PK戦の対象となるのは準決勝2ゲームと3位決定戦と決勝の計4ゲームでした。

 少し話が逸れますが、この「1982年大会準決勝・西ドイツvsフランス」は史上に残る名勝負でした。あまりに懐かしいので、少し書きます。

 先制したのは西ドイツ。ピエール・リトバルスキー選手がリバウンドを蹴り込みました。
 フランスも直ぐに反撃し、ミッシェル・プラティニ選手がPKを決めて同点。ゲームは1-1同点のまま延長戦に突入。

 延長戦はフランスが先行しました。ディフェンダーDFのマリユス・トレゾール選手が勝ち越し点を上げると、10分後にはカール・ハインツ・ルンメニゲ選手が同点弾を決め、アラン・ジレス選手が再び勝ち越し点を上げると、再び10分後にクラウス・フィッシャー選手が得点し、3-3の同点のまま延長戦も終了し、PK戦へと縺れ込みました。

 このPK戦も5人ずつが蹴り終わって4-4と決着がつかず、フランス6人目のマキシム・ボシス選手が決められずに5-4で西ドイツが勝利を収めるという、大変な激戦でした。

 この頃のフランス代表チームは、「将軍」プラティニ選手(現UEFA会長)を中心に黄金時代を迎えていて、1984年のユーロに優勝するなど最強の時期でしたが、西ドイツの本当に厚い壁に阻まれた形です。一方の西ドイツもこのゲームで精力を使い果たしたためか、決勝のイタリア戦では1-3で完敗しました。

 それにしても、前述のゲームの登場プレーヤーの懐かしいことと言ったら・・・。リトバルスキー、ルンメニゲ、フィッシャー、プラティニ、トレゾール、ジレス・・・。そういえばPK戦で活躍したドイツのゴールキーパーGKはハラルト・シューマッハ選手。この大会屈指の名キーパーです。今大会のマヌエル・ノイアー選手も同様ですが、「堅守ドイツチーム」には、いつの時代も素晴らしいGKが存在します。

 さて、話を戻します。

 PK戦の目的は
① トーナメント方式の大会において、次のステージに進出するチームを決めるため
② 各ゲームの延長戦で決着するまでゲームを続けることによる、プレーヤーの「疲労蓄積・故障発生」を防ぐため
 といった点が上げられるでしょう。

 一方で、前述のように「無敗のチームが次のステージに進めない」といったことや、「決勝トーナメント0得点のチームでも優勝できる可能性があること」といった、残念な欠点も存在します。

 当然ながら、PK戦ルールがあることを前提としたゲームプラン構築が行われますから、「守備重視」「失点しないこと」を標榜したゲームを目指すチームも出てきます。

 これは、本来「点を取り合う・ゴールを目指すスポーツ」であるサッカー競技の本質には、馴染まない考え方の様に思います。
 一方で、大会期間との関係でハードなスケジュールが組まれる中、プレーヤーの健康面を考慮すれば、決着するまで延々と延長戦を戦い続けるのも不得策という考え方も理解できます。

 この話はいつも結論が出難いテーマなのです。

 しかし、私はやはり「0得点で優勝する」というのは、サッカーの本質から外れている点を重視したいと考えます。

 そこで「準決勝・決勝の3ゲームにはPK戦ルールを適用しない」ことにすれば良いと思うのです。(3位決定戦はPK戦ルール適用)
 ベスト8までは、スケジュールと体力の関係からPK戦ルールを適用し、ベスト4以降は、延長戦を繰り返す形が良いのではないでしょうか。

 ベスト4まで進出した4チームは、残り2ゲームです。ここまで来たチーム・プレーヤーは「絶対に優勝するという気迫を持って戦う」のでしょう。であれば「決着を付けさせてあげたい」と思います。「引き分けで母国に帰る」のは、あまりに不完全燃焼でしょう。「疲れているけれども決着を付けたい」とベスト4まで進んだプレーヤー達の多くは考えるのではないでしょうか。

 加えて、どのチームも「得点しなければ絶対に勝てません」から、得点を取りに行くゲームプランを第一に考えることとなります。攻撃的なサッカーが展開されることとなるでしょうし、「得点を取る戦術・技術を磨く」方向にサッカー競技自体が進歩していくことでしょう。

 PK戦ルールが存在する限り、少し力量が劣ると考えていたり、「点を取りに行くことで失点の可能性が高くなるリスク」を冒したくないチームは、「守りに徹してPK戦に持ち込む戦略・チーム作り」に走ることになるのでしょう。このこと自体は現状のルールに則っていますから問題は無いのですが、決勝戦進出あるいは優勝という栄誉までもが、0得点でも獲得できるというのは、サッカー競技の進歩・未来を考えると、良いルールとは言えないでしょう。

 また、いつの時代もサッカー競技を財政面・精神面で支え続ける大多数のファンにとって「面白くないゲームが増える」のは良いこととは到底思えません。

 「0-0でも面白い試合はある」というご意見もあるとは思いますし、おっしゃる通りだとも思いますが、0-0でも面白いゲームというのは「双方が得点を目指して攻め合うが、結果として0-0のゲーム」でしょう。ガチガチに守備を固め合うゲームは、やはり面白くないし、そもそもサッカー競技の本質から遠いものだと感じます。

 さらに、PK戦はPK戦として面白い、というご意見もあるでしょう。GKにとっては見せ所でもありますし、既に相当定着してきています。「あのPK戦」といった形で、記憶に残るものもあります。
 しかし、やはりPK戦にはロシアンルーレットのような要素、当たるも八卦というか、不確実な要素が多いと思います。「弛まぬトレーニングにより磨き上げた戦術・技術・体力を持って勝敗を争う」という観点からは、異なる種類の競い合いに見えるのです。

 当たり前のことを書き恐縮ですが、サッカーはピッチの中でボールを動かしながら得点を取り合う競技であり、得点が多いチームがゲームの勝利を収めるスポーツなのです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬コラム112] アメリカのクラシック三冠馬(その1)
NEW Topics
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
Entry TAG
PK戦ルールの問題点  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031