fc2ブログ
HOME   »   陸上競技  »  [100m競走] 手動計時について
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 前稿で、陸上競技100m競走について書きましたが、その際に「手動計時」の話が出てきました。これについて記述すると少し長くなりますので、別稿にしました。手動計時は、1960年代までは、世界的な大会でも行われていた計測方法です。我が国における、全国規模で無い大会でしたら1980年代以降も行われていたと思います。

 「手動計時」は、ストップウオッチを持った人間(計測員)が、目視で記録を測る方法です。以下に記述するのは、陸上競技100m競走、200m競走、400m競走の短距離競走における手動計時のことです。(本稿の記述は、ほとんど私の記憶によるものですので、専門家の方から見ると不正確な部分があるかもしれませんが、その場合にはご容赦ください)

 まず、ゴール横に計測員が配置されます。白い鉄パイプでてきた階段状の器具に、1列2名ずつ座り(これで1組)、段々に上まで8組計16人が座ります。(この他に、順位を判定する係員も、その上段に配置されます)
 階段に縦に2列に座っている形です。計測員1人が1台のストップウオッチを持っています。各組の2名が同じ選手の記録を測ります。
 お分かりになったと思いますが、階段状になっているのは、ゴールするランナーが良く見えるように、ということです。従って、当時の大会はゴール横に大きな白い階段状の器具があり、そこに2列に計測員が座ると「レースが始まる」と分かったのです。

 スタートライン方向を見ると、選手が並んでいます。「位置について」とスターターから号令が掛ります。この時、スターターはスタート用ピストルを持つ腕の肘を曲げています。ピストルは、スターターの耳の横にあります。
 「ヨーイ」と二つ目の号令が掛ります。この時、スターターはピストルを持つ腕の肘を伸ばし、ピストルを高く掲げます。これが大事なことです。適当な間の後、パンとスタートの号砲が響き渡り、選手が一斉に走り始めます。

 余談ですが、「位置について」はハッキリと、各音同じ強さでコールします。「ヨーイ」は、「ヨー」を強く、「―イ」にかけて小さな声にして行きます。選手の精神集中を妨げないためです。

 ゴール横に配置されている計測員は、スタートの様子を観ています。正確には、スターターのスタート用ピストルを凝視しています。計測員がストップウオッチのスイッチを押す(ウオッチを稼働させる)タイミングは、ピストルの号砲を聞いた時ではありません。音速は遅いので、それでは遅れてしまうからです。

 計測員は「ピストルから出る煙を観て」ストップウオッチのスイッチを押すのです。従って、スタート用ピストルは、煙が大きく多く出る構造になっています。大体、ピストルから50㎝位の長さで縦に煙が吹き上がります。そのために、ピストルには雷管を2個、後には簡易な紙雷管(しらいかん)を2枚、セットします。雷管も紙雷管も、煙が十分出る構造になっています。また、雨に強い構造にもなっています。

 スターターが「ヨーイ」の号令とともに、ピストルを持つ腕を高く上げるのは、計測員にピストルが良く観えるようにするためと、計測員に「打つぞ=スタートするぞ」との意思を示し、準備を促すためで、とても大切な動きです。

 スターターは、フライングがあったと判断された場合には、直ぐに2発目の号砲を鳴らします。フライングの有無の判定は、スターターの目視によります。後には、フライングを判定する二人目のスターターを配置し、2発目の号砲は二人目のスターターが鳴らすこともありましたが、多くの大会においては一人のスターターが、スタート動作とフライング対応の2つの作業を行いました。現在、フライング対応はスターティング・ブロック他による機械対応ですから、当時の方がスターターの仕事は多かったことになります。

 さて、ゴールです。

 ランナーがコースを走ってきます。ゴールテープ(当時は短距離競走にもゴールテープが張られていました)を通過する瞬間に、計測員はストップウオッチのスイッチを押して、ウオッチを止めます。
 1組2人の計測員は、お互いの測った記録を比較しあいます。そして、2人の記録が一致していれば、その記録を、2人の記録が違っていたら、その2つの記録の遅い方を、計測対象のランナーの記録として報告するのです。(まれに、1組3人の計測員のことがありました。この場合には、3人の記録の内、悪い方の2人の記録の中間が正式記録になっていたと思います)

 この「手動計時」には、誤差がありました。誤差は、主に2か所で発生します。
第一は、スタートの時です。煙が上がるのを観てから、ストップウオッチのスイッチを押すので、目で確認し手に命令を下す時間分、遅れるのです。
第二は、ゴールの時です。計測員は、ランナーがゴールする前にウオッチを止めてしまうのです。「もう、ゴールする」と無意識に思い込んでスイッチを押してしまう。これは、ある意味では不思議なことなのですが、相当に訓練された一流の計測員でも、ことごとくゴール前にウオッチを止めます。おそらく、人間の生理上の動きなのでしょう。

 第一の誤差も、第二の誤差も、計測員の能力が上がるほど小さくなります。オリンピック・世界大会クラスの、「世界一流の計測員」ともなると、100m競走における2つの誤差の合計は0.1秒程度と言われました。これが、日本全国大会クラスになると0.2秒、普通の大会なら0.3秒くらいの誤差です。現在の電動計時で10秒30の記録が、手動計時だと10秒00になることがあったわけです。

 実は、メキシコ・オリンピックの時の100m競走は、半分電動・半分手動の計時だったのです。確か、スタートが電動で、ゴールが手動だったと記憶しています。ピストルから音は出ますが、煙は出ず、ピストルから計測員のストップウオッチにコードが繋がっていて、ピストルが撃たれると同時に、ウオッチが動き始めます。
 ゴールの時に止めるのは、計測員の手動という形です。ですから、やはり誤差が半分でます。あの時のハインズの記録は、ウオッチ上は9秒90だったので、そこに「世界一流の計測員でも生ずる誤差0.1秒の半分=0.05秒を加算して」9秒95になったものと記憶しています。

 現在は、日本全国レベルあるいは世界レベルの大会は全て電動計時です。フライングも、機械判定します。ゴールは、ゴール板の所にセットされている「1秒2000コマ撮影」のスリットカメラの画像を張り合わせて、ゴール写真を作成し、ランナーの胴体の一部がゴールラインに触れた瞬間をゴールと認定、正式記録が確定します。現在の正式記録単位は100分の1秒です。100分の1秒でも10㎝以上走りますから、近い将来1000分の1秒計時の時代が来るかもしれません。

 ちなみに速報ベースの記録は、ゴール板にセットされている目に見えない壁にランナーが入った瞬間のタイムが自動的に掲示されますので、後に写真を観て修正されることがあります。理屈上、速報タイムと正式タイムは、ほとんどの場合異なるハズなのですが、100分の1秒の範囲内であれば、速報タイムと正式タイムが同じになることもあります。

 かえすがえすも残念だったのは、1998年のアジア大会男子100m準決勝で、日本の伊東浩司選手が素晴らしい走りをみせて1着でゴール、速報タイムが9秒99だったのです。私もテレビで観ていて、「いい走りだな」と思いました。速報記録を見て「やった、日本人初の9秒台!」と大喜びしたのも束の間、正式タイムは10秒00になりました。現在でも、アジア人(モンゴロイド)の最高記録は、この時の伊東選手の10秒00なのです。記録というのは、一度破ると、別の選手も含めて、次々と後に続くものなのですが、突破されないと中々破れないという話の典型です。

 従って、現在の100m競走の計測方法は「電動計時」とはいっても、最後は目視によることになります。張り合わせた写真に、判定員が線を引き、その線の位置のタイムが正式記録となるのですから。例えば、ランナーが右肩からゴールラインを越えたとします。「肩は胴体ではないので」ゴールのタイミングは「肩の位置より少し後ろ」ということになります。その「少し」の線をどこに引くのかは、恣意性が入りうる余地を生みます。

 競泳のゴール判定が、ゴール板へのタッチという明快なものであるのに比べて、競走のゴールには、いまだに曖昧な部分が残っているということになります。
 

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[野球全般] ベースボール・野球の難しさ 「打撃編」
NEW Topics
[UEFA-CL2021~22・グループステージ] 第5節を終えて
[NPB2021・日本シリーズ第6戦] ヤクルト・スワローズ 20年振り6度目の日本一
[プリメイラリーガ2021~22] 第11節を終えて FCポルトが首位
[競馬] ジャパンカップ2021の注目馬
[NPB2021・日本シリーズ第5戦] バファローズ 打ち合いを制して2勝目!
[リーグアン2021~22] 第14節を終えて パリ・サンジェルマンが首位
[NPB2021・日本シリーズ第4戦] スワローズ 再び接戦を制して3勝・王手!
[NPB2021・日本シリーズ第3戦] ヤクルト・スワローズ 接戦を制して2勝目
[エールディヴィジ2021~22] 第13節を終えて アヤックスが首位
[大相撲2021・11月場所] 中日を終えて
[NPB2021・日本シリーズ第2戦] 高橋奎二投手 133球の完封勝利!
[競馬コラム318・日本の偉大な母-2] ビワハヤヒデとナリタブライアンの母 パシフィカス号
[NPB2021] 日本シリーズ開幕! オリックス先勝!
[大相撲2021・11月場所4日目] 玉鷲関 現役力士最多の700勝!
[競馬] マイルチャンピオンシップ2021の注目馬
[NHK杯フィギュア2021・男子シングル] 宇野昌磨選手 圧勝!
[NPB2021] 鈴木誠也選手のメジャー挑戦
[NHK杯フィギュア2021・女子シングル] 坂本花織選手 圧勝!
[NFL2021~22] week10を終えて
[MotoGP2021] バレンティーノ・ロッシ選手 引退
[競馬コラム317・日本の偉大な母-1] 重賞勝ち馬6頭 ビワハイジ号
[MLB2021WS] 「招福?」 ジョク・ピーダーソン選手2年連続世界一
[番外2021・将棋] 藤井聡太三冠 竜王位も獲得して史上最年少四冠に!
[NPB2021セリーグ] ヤクルト・スワローズ 日本シリーズ進出
[NPB2021パリーグ] オリックス・バファローズ 日本シリーズ進出
[競馬] エリザベス女王杯2021の注目馬
[MLB2021WS] オジー・アルビーズ選手とホセ・アルトゥーベ選手
[アジア・パシフィック・アマチュアゴルフ選手権2021] 中島啓太選手 初優勝! マスターズ2022出場権獲得
[大相撲2021・11月場所] 活躍が期待される10名の力士
[全日本大学駅伝2021] 駒沢大学チーム 2年連続14回目の優勝
[MLB2021WS] ダスティ・ベイカー監督とロン・ワシントン3塁コーチ
[NPB2021] 荻野貴司選手の大活躍
[セリエA 2021~22] 第11節を終えて ナポリが首位
[Jリーグ2021] 川崎フロンターレ 2年連続4度目の優勝!
[リーガエスパニョーラ2021~22] 第12節を終えて レアル・ソシエダが首位
[MLB2021WS] アトランタ・ブレーブスが26年振り4度目の世界一
[NPB2021] 近本光司選手の大活躍
[プレミアリーグ2021~22] 第10節を終えて チェルシーが首位
[NPB2021] 岡本和真選手と村上宗隆選手の競り合い
[ブンデスリーガ2021~22] 第10節を終えて バイエルンが首位
[MLB2021-WS] ブレーブス3勝2敗で第6戦へ
[競馬コラム316-アメリカの名馬13] 「クラシック三冠」を確立した父子 ギャラントフォックス号とオマハ号
[全日本スピードスケート距離別選手権2021・男子] 一戸誠太郎選手と土屋良輔選手
[UEFA-CL2021~22GL] 第3節を終えて RBザルツブルグが首位
[全日本スピードスケート距離別選手権2021・女子] 小平奈緒選手と高木美帆選手の強さ
[競馬] 天皇賞(秋)2021の注目馬
[NPB2021] オリックス・バファローズ 21世紀初のパ・リーグ制覇!
[箱根駅伝2022予選会] 明治大学チーム 圧倒的な強さでトップ通過
[MLB2021ワールドシリーズ] MLB最古の球団 ブレーブスが先勝!
[NPB2021] ヤクルト・スワローズ セ・リーグ制覇!
Entry TAG
手動計時   電動計時   10秒の壁      フライング  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も25年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930