FC2ブログ
HOME   »   大相撲  »  [大相撲7月場所] 栃ノ心関、見事なカムバック
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2014年の大相撲7月場所は7月27日に千秋楽を迎えて、十両では栃ノ心が優勝しました。自身2度目の十両優勝ですが、今回の優勝は一段と嬉しいものであったのではないでしょうか。

 ちょうど昨2013年の7月場所で栃ノ心は右膝に大怪我を負ってしまいました。靱帯断裂であったと思いますが、怪我の後しばらくしてから手術(靱帯断裂等の手術は患部の炎症が落ち着いてからになりますので、通常1ヶ月位後になります)、休養、リハビリと期間が過ぎて、栃ノ心は幕下まで番付を下げてしまいました。

 完治まで待っていては、どこまで下がるか分からないということでしょうか、栃ノ心は今年の3月場所から土俵に復帰し、3月場所・5月場所を幕下で連続優勝して十両に上がってきたのが7月場所だったのです。

 もともと幕の内上位・三役の力があった力士ですから、幕下で優勝するのは当然という見方もあるかと思いますが、私は全くそのようには考えません。ご存知の方も多いとは思いますが、幕下には元幕の内力士が相当数居ますし(幕下と言えども強い力士が沢山居るのです)、何より自身の膝が回復途上なのですから、栃ノ心にとっては「慎重な」取組が続いたと考えます。

 そうした中で十両に復帰した7月場所は14日目を終わって12勝2敗の好成績、千秋楽は13勝1敗の逸ノ城関との一番となりました。
 逸ノ城は、2014年1月の角界デビューから僅か4場所目で十両西3枚目に上がるという、日の出の勢いの力士です。身長190cm体重183kgという堂々たる体躯とアマチュア相撲の経験を活かした取り口で、十両に上がったばかりの5月場所も11勝4敗で優勝するなど、今後の角界を支えて行く力士として期待されている大物なのです。

 私は、この逸ノ城と栃ノ心の取組が組まれた時に、十両優勝を決めるには避けては通れない一番だと思う一方、「栃ノ心関は怪我をしないと良いが」と感じました。
 大怪我から一生懸命復帰してきた力士が、再び怪我をしてしまうというのは、残念ながら時折目にするのです。今場所の豊真将関もそうです。

 膝の大怪我は完治に時間がかかりますから、まだまだ栃ノ心関は回復途上でしょう。一方、とても真面目な性格ですからこういうチャンスが到来した以上「勝ちに行く」タイプなのです。

 案の定、取組前のインタビューで「本割・決定戦の連勝を狙う」とのコメントが伝えられました。ますます心配になりました。

 さて本割の一番。立ち合いからがっぷり四つとなって、力比べの感。引き付け合いや寄りの応酬の後、栃ノ心が寄り切りました。栃ノ心の体は何とも無いようです。

 続いて優勝決定戦。これも立ち合いからがっぷり四つとなって、力比べから、栃ノ心が逸ノ城の重心を少しずつ上げることに成功して寄り切りました。

 公言通り「2つ勝った」のです。素晴らしい優勝でした。

 優勝インタビューで「膝はだいぶ良くなってきた。速く幕内に戻りたい。」とコメントしていました。

 この2番を観る限り、栃ノ心は「怪我をする以前より、安定感が増した」ように感じられました。その大きな要因として、左腕上腕部のサポーターが取れていることがあるように思います。
 その腕力・怪力を武器として、一気に幕内上位に進出した栃ノ心は、怪力ゆえの故障「両腕の上腕部の筋肉断裂」に悩まされていると聞きました。2013年の春頃には、かつての怪力が見られなくなっていたのです。

 それが、今回の右膝の大怪我の治療の過程で、腕の怪我も快方に向かっているとしたら、膝の大怪我にも僅かに良いことがあったということかもしれません。まだ右腕の上腕にはサポーターがありましたが、もし両腕とも回復が進んでいるようなら、「膝の大怪我以前より強い栃ノ心」になっている可能性が十分あります。

 栃ノ心関は、まだ26歳。来9月場所に十両の上位で好成績を残していただき、11月場所には幕内に戻って来て欲しいものです。

 そして、2015年は栃ノ心関にとって「失われた1年の倍返しの年」にしていただきたいと思うのです。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[世界ジュニア陸上2014] なかなか見られなかったシーン
NEW Topics
[FIFAワールドカップ2002・決勝] セレソン 5度目の制覇
[競馬コラム276-日本馬の海外挑戦15] 2012年 G1・2勝、G2・1勝
[温故知新2020-競泳9] 女子400m自由形のオリンピック金メダリストの記録
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 再開 ベスト8決まる。
[温故知新-陸上競技13] 男子3,000m障害 オリンピック金メダリストの記録
[全米プロゴルフ選手権2020(無観客)] コリン・モリカワ選手 初優勝
[MLB2020(無観客)・ナショナルリーグ] 8月8日終了時点の各地区の順位
[MLB2020(無観客)・アメリカンリーグ] 15ゲーム前後を終えての各地区の順位
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 2連勝!
[PGAツアー2019~20(無観客)] 全米プロゴルフ選手権大会 開幕
[ルヴァンカップ2020(観客数制限)] 三浦知良選手 53歳5ヵ月10日で先発!
[温故知新2020-陸上競技12] 男子三段跳び オリンピック金メダリストの記録
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] MVPは隠岐の海関
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 照ノ富士関 5年振り2度目の優勝
[競馬コラム275] キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの勝ち馬
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン初登板
[NBA2019~20(各種制限)] 再開 八村塁選手の活躍
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 大一番 朝乃山VS照ノ富士
[欧州4大リーグ2019~20] 各リーグの優勝チームが決まりました。
[NPB2020(観客数制限)セリーグ] 巨人が首位
[NPB2020(観客数制限)・パリーグ] ソフトバンクが首位
[陸上・東京選手権2020(無観客)] 男子800m クレイ・アーロン・竜波選手 快勝!
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 今季初登板・初勝利
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平「投手」 久しぶりの登板
[競馬コラム274] エネイブル号 G1レース11勝目!
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 中日を終えて
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 登場
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平選手 3年目のシーズンイン
[MLB2020(無観客)] 筒香嘉智選手 メジャーデビュー戦で2ランホームラン
[MLB2020(無観客)] 秋山翔吾選手 メジャー初打席・初ヒット・初打点
[MLB2020開幕戦(無観客)] マックス・シャーザー投手とゲリット・コール投手の投げ合い
[MLB2020(無観客)] ついに開幕 今シーズンの試合数など
[大相撲2020・7月場所5日目(観客数制限)] 5戦全勝の力士達
[セリエA2019~20(無観客)] クリスティアーノ・ロナウド選手 驚異の得点力
[競馬コラム273] ビワハヤヒデ号 30歳の大往生
[大相撲2020・7月場所初日(観客数制限)] お行儀の良い観客の皆さん
[ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020(観客数制限)] 一山麻緒選手と前田穂南選手
[FIFAワールドカップ2010準決勝] スペインチーム 「パスサッカー」の完成
[温故知新2020-陸上競技11] 男子400m競走 オリンピック金メダリストの記録
[NPB2020(観客数制限)] 戸郷翔征投手 開幕3連勝!
[NPB2020(観客数制限)] DeNA 7月15日まで16試合連続「○●○●・・・」のNPB記録更新
[大相撲2020・7月場所(観客数限定)] 活躍が注目される10名の力士
[温故知新2020-競泳8] マーク・スピッツ選手とマイケル・フェルプス選手
[リーガエスパニョーラ2019~20(無観客)] 久保建英選手 今シーズン4点目!
[アメリカ・カレッジスポーツ2020] アイビーリーグが秋季のスポーツを中止
[温故知新2020-ボート] 男子エイト オリンピックのメダル獲得チーム
[NPB2020・パリーグ(無観客)] 楽天ゴールデンイーグルスの快走
[NPB2020・セリーグ(無観客)] 阪神タイガース 3連勝
[温故知新2020-陸上競技10] 110mハードル 金メダリストの記録
[競馬コラム272-日本馬の海外挑戦14] 2011年 ヴィクトワールピサの快挙
Entry TAG
栃ノ心関・見事なカムバック  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031