FC2ブログ
HOME   »   野球・ベースボール全般  »  [野球全般] ベースボール・野球の難しさ 「打撃編」
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 野球というのは、他の競技には無い難しさを内包したスポーツであると、私は常々考えています。(大袈裟な書き様で恐縮です)
その難しさについて、本稿は「打撃面」を採り上げます。

 質問です。2死ランナー2塁で、打者がヒットを打つとします。A「ボテボテのゴロのセンター前ヒット」とB「火の出るようなライナーのライト前ヒット」のどちらが望ましいヒットでしょう。

 当然、Bボテボテのセンター前ヒットの方が、この場面では望ましいヒットになります。2塁ランナーが本塁に返ってきて、セーフになる可能性がより高いからです。いや、この二つヒットの比較であれば、野球の攻撃側にとって、ほとんどの場合Bの方が望ましいヒットになります。

 何故かというと「野球の攻撃は『時間を稼ぐ』ことを狙うから」です。野球は、投手が投げて打者が打つ、ことから始まる競技ですが、打球が野手の間を抜けて転がっている間などに、1塁→2塁→3塁とランナーが進み、ホームベースを陥れた回数(得点数)で、勝敗が決まるスポーツですので、なるべく「塁間を移動する=走る時間を稼げる打球」が、望ましい打球ということになります。

 従って、外野の間を抜ける打球でも、取れるか取れないかギリギリの当たりで、左中間ならセンターフィルダーとレフトフィルダーが二人とも目いっぱい追いかけて、そのグラブの先を掠めて抜けていく打球が、最も望ましい打球ということになります。抜けた後に、ボールを追いかける時間が掛るからです。
 痛烈な当たりで、外野手が「これは取れない」と考えて、回り込み、フェンスに届く前に捕球されるのでは、時間が稼げませんので、どちらかを選択できるのであれば、望ましくない打球ということになります。

 しかし、普段の野球の打撃練習は、「強く速い当たり」を打つことを目指して行います。ボールの芯を打ち、なるべく強く・速い打球を打つことにより、内野手の間、外野手の間を抜いてヒットにするために、日々のトレーニングが続けられるのです。ここが、野球の打撃面の難しいところだと思います。
 「時間が稼げない打球」を打つために練習するのですから、ある意味では矛盾しています。望ましくないプレーをするために、一生懸命練習するスポーツは、野球以外には思いつきません。

 「それは違う。守備プレーヤーに捕球されてしまいアウトになるよりは、痛烈な打球で守備プレーヤーの間を抜く方が時間を稼げるではないか」と言われそうです。それは、その通りです。
 加えて「守備プレーヤーの間を、ゆっくりしたスピードで抜いていく打球を打つ方が、余程難しい」とも言われてしまいそうです。これも、おっしゃる通りなのかもしれません。

 そうだとしても、「ヒット」が「守備プレーヤーの間を抜く打球を打つこと」ではなくて(ライトゴロなどが時々あります)、「守備側が処理したボールが一塁手に捕球される前に、打者・ランナーが一塁を駆け抜けること」である以上、攻撃側にも考慮し工夫する余地があるように思うのです。

 時間を稼ぐプレーとして一般的に行われているのは、バントです。これは、送りバントにしても、セイフティバントにしても、なるべく守備側のプレーヤー全員から遠いところに、遅い打球あるいは取りにくい速度の打球を転がすことを狙います。そのための練習も行います。この思想を、他の場面の打撃にも活かす練習を、普段から行うという方向性が無いものかと思います。

 巨人軍の中軸打者にして、後のV9監督、「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治選手は選手時代の晩年「テキサスの哲」と呼ばれていました。良い当たりに見える打球が、外野手の前で急に失速し、ぽとりと落ちる、いわゆるテキサスリーガーズ・ヒットになるのです。内野手の間や外野手の間ではなく、内野手と外野手の間に落とす、実に効果的・合理的なヒットです。
 イチロー選手は、打ち損ねて内野ゴロに見える打球でも、実は狙って内野安打を打っている、と言われました。一塁を走り抜けるまでの時間を稼げば良いのですから、合理的な打ち方だと思います。

 こうした実例?を研究して、「野球の打撃の本質に適う」打ち方、攻撃の仕方を、一層探求していくことも、重要なことだと思うのです。
 統計的な分析により、最もヒットになり易く、時間が稼げる方向への打撃練習を積み重ねることや、最も効果的な打球速度を検討することなどのトレーニング・研究には意味がないのでしょうか。

 ただし、このやり方を突き詰めていくと、痛烈なヒットが減ってしまい、お客様には不評かもしれません。しかし、お客様も「野球は、ヒット数や打球の鋭さ・美しさを競うスポーツでは無く、得点を競うスポーツである」ことは理解していますから、結局は得点を多くとり、贔屓のチームが勝つことで、一定の満足が得られるようにも思います。

 おかしなこと?を書きました。ベースボール・野球とは、他のスポーツには無い難しさを内包しているスポーツだと思います。(次回は投球編です)
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[MLB] ブルース・ボウチー監督とジム・リーランド監督
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
Entry TAG
野球   ベースボール   テキサスヒット   川上哲治   イチロー  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930