FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  [MLB2014] 岩隈久志投手、完璧な投球で12勝目
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 シアトル・マリナーズの岩隈久志投手が、8月19日のフィラデルフィア・フィリーズ戦に先発登板し、96球8イニングを投げて、被安打4、奪三振11、失点0の投球内容で、チームの5-2の勝利に貢献、今シーズン12勝目(6敗)を挙げました。

 この岩隈投手の投球内容は、「まさに完璧」と言えるものです。

 8月2日の本ブログでも、岩隈投手は「MLBの先発投手として完成の域に達している」と書きましたが、それを裏付ける快投でした。

 メジャーリーグの先発投手に求められる役割期待は、

①チーム全体のベンチ入り人数が少ない為、先発投手は5人しか登録できないので、20連戦が当たり前のMLBにおいては、中4日で登板し続けなければならないこと。

②上記の極めて厳しいローテーションを維持・実行するために、1度の登板の球数は100球前後に限定されるのですが、その100球前後で可能な限り多くのイニングを消化しなくてはならないこと。

 の2点をカバーしなくてはなりません。

A.結果として、「完成されたMLBの先発投手」は、ひとりひとりの打者を、可能な限り少ない球数で打ち取っていく必要があるのです。四球を出している余裕はありません。

B.少ない球数で打ち取るためには「打たせて取る」しかありません。投球の初球から、打者に打ってもらうためには「打者が打ちたいと思うようなコース」に、ストライクを投げて行かなければなりません。

C.「打者が打ちたいと思うコースのストライク」で、いつもヒットやホームランを打たれていては、相手打線を抑えることは出来ませんから、「打者の手許で微妙に変化する投球」で凡打を誘う必要があります。それがツーシームなのです。

D.こうやって「打たせて取る投球」を展開する以上、当然ながら時々ヒットを打たれてピンチを招きます。何しろストライクを投げているのですから。

E.こうしたピンチの時には、三振を取る能力も必要になるのです。その三振も、臭いところに投げながら、カウント3-2や2-2になってからの三振では、球数が多くなりますので、前述②の狙いに反しますから、0-2や1-2からの三振が望ましいことになります。

 さて、このA~Eの原則を、今回の岩隈投手の投球内容に照らしてみましょう。

・8イニングを96球でカバーしていますから、1イニング平均12球です。4安打を許している以上、ランナーも出ているので、打者1人当たり平均3~4球しか要していないことになります。素晴らしい投球でしょう。

・無四球でした。無駄球が殆ど無かったということです。見事なコントロールと配球、そして十分な威力の投球が出来ていたことに他なりません。

・奪三振11でした。「打たせて取る」投球を展開しながらも多くの三振を取っています。打者1人当たり平均3~4球という球数の中での、11奪三振ですから凄いとしか言いようが有りません。「球数を少なくしての三振奪取」という、難しい技を会得したようにさえ観えます。

・そして、96球で降板しています。8回まで96球・失点0となれば「完投・完封」が眼の前なのですが、球数が多くなると疲労が蓄積しますから、次の登板に影響が出るのです。完封目前でも降板するというところが、いかにも「MLBの先発投手」なのでしょう。

 以上から、8月19日の岩隈投手の投球内容は「まさに完璧」ということになります。

 シアトル・マリナーズは、8月19日現在68勝57敗と貯金11の好成績です。
しかし、所属しているアメリカンリーグAL西地区は勝率の高いチームが多く、順位ではロサンゼルス・エンジェルス、オークランド・アスレティックスに次いで3位です。おそらく、地区優勝は上位2チームの争いでしょう。

 シアトルとしては「ワイルドカード」でのプレーオフ出場を狙うしかありませんが、その可能性は十分に有ります。
 大エースのフェリックス・ヘルナンデス投手(13勝4敗)に続く、岩隈投手とクリス・ヤング投手(12勝6敗)の3本柱の活躍が、シアトルのプレーオフ出場のカギを握っています。

 そして、この3本柱は強力です。プレーオフのような短期決戦では4番手5番手の投手を出す必要がありませんから、相手チームの脅威となるでしょう。もし、久しぶりにプレーオフに進出できれば、台風の目になる可能性十分のチームなのです。

 残り40ゲームを切ってきたレギュラーシーズン、そしてプレーオフにおける、「MLBの完成された先発投手」となった岩隈久志投手の大活躍が、とてもとても楽しみです。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[夏の甲子園2014] 2013年とは好対照の準々決勝4試合
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
Entry TAG
岩隈久志投手・完璧なピッチングで12勝目  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031