FC2ブログ
HOME   »   高校野球  »  高校野球に「タイブレイク制」を導入すべきか?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 8月24日の読売新聞に、夏の甲子園大会2014に出場した49校の監督に「タイブレイク制」導入への賛否を聞き取り調査した記事が載っていました。大変興味深い内容でした。

 タイブレイク制とは、「選手の負担を軽減することを目的」として、例えば延長11回までは従来通りのルール下で試合を行い、延長12回に入ったら両チームとも「1死満塁から攻撃を初める」というもの。例示すれば、先攻のAチームが12回表に1死満塁から攻撃し、後攻のBチームも12回裏に1死満塁から攻撃する形で、12回表裏で勝負がつかなければ、13回・14回と同じように1死満塁から始めるルールのゲームを続けるというものです。
 我が国の社会人野球では導入済みですし、ソフトボールでも導入されています。

 さて、49人の監督の回答は、タイブレイク制導入に
・賛成 10名
・反対 26名
・どちらとも言えない 13名 でした。

 反対が過半数の26名(53%)ですから、現在の現場指揮官の意見は「反対多数」ということです。

 反対意見としては
「好機を作るところからやるのが野球」
「練習を積んできた成果が出し切れるのか」
「終盤のドラマが高校野球の醍醐味」
 といったものが、列挙されていました。

 一方賛成意見としては、
「10数回も投げたら(投手は)肩を壊す」
「春でさえ選手の消耗は激しい・夏に再試合をしたらどれだけ負担が有るか」
 といったものが、紙面に列挙されていました。

 どちらの視線から観るかが大切だと感じました。「観客の立場」から観るのか、「選手の立場」から観るのかという点です。

 「醍醐味が失われる」というのは、観客目線の典型的な意見でしょう。事は「選手の健康面・体力面」を考慮するための検討なのですから、観客目線はなるべく回避した方が良いと思います。

 私はタイブレイク制の導入に賛成です。その理由は、

① 18歳以下の若いアスリートの健康を維持することが大切であること。この若さで故障を発症してしまっては、野球選手として、ひいては日常生活にも悪影響を残しかねないこと。

② 気温30度を遥かに超える高温多湿のグラウンドで、勝ち上がるほど2日に1試合以上のペースで試合をしなくてはならないスケジュールであり、甲子園球場の使用許可期間や天候の関係から、現状以上に休息日を入れて行くことが難しいのであれば、可能な限り各々の試合時間を短縮できる施策の導入が必要であること。

③ アメリカ・大リーグには引き分けが無く、決着がつくまで延々と試合を続けるルールですが、そうしたルール下でも先発投手100球前後、リリーフ投手は一人1イニング前後という「選手起用原則」が守られていて、「特定の選手に過剰な負担がかからない」運用になっています。
 従って、延長戦が長くなると投手が足りなくなり「外野手がマウンドに上がる」ことなども時折見られます。結果として、専門家ではないプレーヤーが投げたり守ったりするのですから、想像しているよりは早く決着が付くのです。アメリカ・大リーグには100年以上の歴史がありますが、延長戦の最長は26回です。

 つまり、日本の高校野球の様に、かつてなら延長18回を、現在でも延長15回を1人の投手が投げ切り、翌日再試合で再び投げることとは違う野球・ベースボールが、アメリカ・大リーグでは展開されているのです。

④ タイブレイク制においても、当然ながら戦術があり、ドラマがあります。例えば12回表に2点を取られたチームが12回裏に3点を取って逆転勝ちすることがあるのです。社会人野球やソフトボールでは、様々な角度からタイブレイク制の深い研究・緻密な練習が続けられているのでしょう。
 「ドラマは各々のルールの下で生まれる」のであって、「今の高校野球ルールの下でしか生まれないものではない」と思います。

 「死力を尽くして戦う」という言葉には何とも言えない雰囲気がありますが、それは体力の限界を超えてプレーするのとは違うでしょう。18歳以下の選手達に「故障覚悟でプレーしてもらう」ことは、回避しなければなりません。

 普通に生活している人でも「熱中症に厳重注意」とか「激しい運動禁止」とかいった警報が頻繁に出される気象条件下で、いつ終わるとも知れない試合を投手や選手達に課すのは、どう考えても無理があると思います。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[MLB2014] 4時間34分の中断後、コールドゲームが宣言されたものの・・・。
NEW Topics
[FIFAワールドカップ1982準決勝] 「死闘」 フランスチーム 延長で2点リードするも勝ち切れず
[競馬コラム258-日本馬の海外挑戦5] 栄光の1998年
[ラグビーワールドカップ2011準々決勝] オーストラリアチームの勝利
2016年~20年のスーパーボウルを彩った新進気鋭のクオーターバック達
[競馬(無観客)] 大阪杯2020の注目馬
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
Entry TAG
高校野球にタイブレイク制を導入すべきか?  
Comment
136
まぁ観客側の意見は置いとくとして、やってる本人達は「野球の試合で勝つ、その一瞬の達成感の為だけに毎日努力してきた」という殊勝な人種のわけで外野が理屈つけて達成感が薄まるような勝ち方を用意するのは余計なお世話ではないか?とは思いますけどね。

どうしても導入するのなら延長12回あるいは15回までやってそれでも決着つかなかったら再試合の代わりにタイブレーク開始、これが落としどころでしょう

再試合方式だと予選なり全国大会なりの大会日程がズレてしまうし応援団の調整も大変だから、と理屈つければ納得させられないこともないと思います

少なくとも10回からいきなりタイブレというのは通らないと思うので13回16回を落としどころにするべきですね

138
丁度いま、 軟式高校野球で30回までやっているのがニュースになっていますが、
未成年にここまでやらせるのはあまりにも酷だと思いますので、この案に賛成ですね。
サッカーでのPK戦のようなものだと思いますが、それでも優劣(白黒)をつけるためにもやむをえないかと思います。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930