FC2ブログ
HOME   »   NFL  »  [NFL2014~2015] 「リンチもピーターソンも練習しません。」
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 MLB(メジャーリーグ・ベースボール)の地区優勝争いが激しさを増す9月に入ると、NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)が開幕します。例年のことです。

 今シーズンのNFL開幕戦は9月5日(金)、昨シーズンのスーパーボールチャンピオンのシアトル・シーホークスがグリーンベイ・パッカーズをホームに迎えて行われました。

 モバイル・クオーターバックQBの代表格であるシアトルのラッセル・ウィルソン選手と、当代屈指のパッサー、グリーンベイのQBアーロン・ロジャースが激突する開幕戦となり、好ゲームが期待されましたが、結果は36-16でシーホークスが圧勝しました。

 試合開始直後は、Aロジャースが中々パスプレーを選択せず、Rウィルソンも自分で走ることをしないという展開でしたが、徐々に持ち味が発揮されました。

 特に、ランニングバックRBマショーン・リンチ選手を中心とするシアトルのランプレーが効果的で、ここぞというプレーで確実にゲインしたために、ゲームを優位に進めることが出来たという感じです。リンチ選手は、一度止められてから3~4ヤード前に進むという、「らしいプレー」が随所に観られました。今シーズンも、この独特のプレーでシアトルの中心プレーヤーの一人となることでしょう。

 ゲーム中、NHK-BS放送の解説者河口正文氏から興味深いコメントが有りました。
 「リンチはプレシーズン中、あまり練習をしているのを見ません。ショルダーもほとんど付けませんし。ミネソタのエイドリアン・ピーターソンなんかも、ほとんど練習をしません。」と。

 河口氏は、何故こうした一流RBが練習しないのかについては解説しませんでしたが、さもありなんという感じがしました。

① 高い質のフィジカル・トレーニングは行っているであろうこと。

 スーパーボール王者のシアトルのエースRBであるリンチ選手や、現在のNFL最高のRBのひとりであり、7シーズンで10,000ヤード以上を走り、NFL史上でも屈指のRBと呼ばれるエイドリアン・ピーターソン選手のことですから、「動ける体にするためのトレーニング」は十分に行っている筈です。プレーできる肉体造りに抜かりは無いでしょう。

② チーム練習で手の内は明かさない、ということではないか。

 日本人として歴代最もNFLプレーヤーに近づいた選手とも言われる河口正文氏が言っているのは、「チームプレーとしてのフォーメーション練習等」には、リンチ選手もピーターソン選手も、ほとんど参加していなかったということではないでしょうか。

 NFLの一流RBには各々独特の走り方があるのでしょう。そして、その走りの秘訣は門外不出のもの、というか、相手チームにはなるべく知られないようにしているのではないでしょうか。

 フランコ・ハリス、アール・キャンベル、トニー・ドーセット、OJシンプソン、エリック・ディッカーソン、ウォルター・ペイトン、マーカス・アレン、エミット・スミス、マーシャル・フォーク、ラダニアン・トムリンソン、バリー・サンダース、等々、NFLの歴史を飾ってきた名ランニングバックの走りには、それぞれ特徴がありました。
 素晴らしいスピードでディフェンスDFラインを抜けて行くタイプ、するりするりと交わしていくタイプ、カットバックのスピード・角度が際立っているタイプ、パワーで突き破っていくタイプ・・・。

 そして、これらのプレーヤーのテクニックは研究されているようで、研究し尽くされてはいないのではないかと考えます。

 例えば、頭書したマショーン・リンチ選手の「一度DFラインに止められたように観えながら、そこから3~4ヤード前に出る走り」は、リンチ選手独特のものです。
 リンチ選手は、身長180cm体重98kgとNFLのプレーヤーの中では決して大きな方ではありません。その体躯のリンチ選手が、大きなDFプレーヤーを引き摺りながら前進するのです。体格やパワーだけに頼ったプレーではないと思います。何らかのテクニック、独自の技術があるのです。

 それも、相手の多様なフォーメーションや様々なDFプレーヤーのタイプ、種々の角度のタックルを受けても、多くの場合リンチ選手は前に進みますから、リンチ選手側にも「多様なテクニック・対応策」が構築されていて、これを実行していることは明らかでしょう。
 そして、このプレーの秘密は、なるべく教えたくないというか、把握されたくないと考えていることと思います。

 既に、NFLの一流RBとしての地歩を固めているプレーヤーですから、プレシーズンで全体練習にほとんど参加せず、プレシーズンマッチにも必要最小限しか出場しなくとも、本番・レギュラーシーズンのゲームで力を発揮すればよいのです。

 逆に言えば、リンチ選手やピーターソン選手は「本番で力を発揮するために練習をしない」ということになるのかもしれません。

 さて、NFL2014~2015シーズンが開幕しました。

 季節が秋から冬に向かい、北アメリカ大陸の寒さが本格化するにつれて、NFLのゲーム内容も盛り上がります。

 今年は、どんなスーパープレーを魅せてくれるのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
ドイツ・ブンデスリーガの歴史に燦然と輝く 奥寺康彦選手!
NEW Topics
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
[競馬コラム261-日本馬の海外挑戦8] 2004年からの4年連続のアメリカンオークス挑戦
[ラグビーワールドカップ2011準決勝] フランスチーム ウェールズチームを振り切る
[FIFAワールドカップ1978決勝] アルゼンチンチーム 初優勝
Entry TAG
NFL2014~2015シーズン開幕  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031