FC2ブログ
HOME   »   野球・ベースボール全般  »  [野球全般] ベースボール・野球の難しさ 「投球編」
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 「ベースボール・野球の難しさ」シリーズ第二弾です。

 最初は「三振」についての検討です。

 打者全員を三球三振で打ち取った時の球数は、3球×27人=81球になります。0ボール2ストライクの場面で、ストライクを投げて打たれると罰金が付されるというルールを設定しているチームがあるような話も耳にしますので、各打者に1球だけボール球を投げるとすると、総投球数は81+27=108球になります。

 一方で、打者一人1球で打たせて取ると27球で1試合を投げ切ることが出来ます。どちらが、良い投球なのでしょう。

 良し悪しはともかくとして、効率的という点では「打たせて取るピッチング」の方が、間違いなく優れています。全ての打者を4球で三振に取り、完投シャットアウト、完全試合を実現したとしても、108球の球数を要しますから、100球ルールなら交替もあり得ることになります。(落合監督以外の監督なら、この場合には完投させると思いますが)

 「奪三振」は、球数が多くなり易いのです。ど真ん中に投げて空振りが取れるのなら良いのですが、ピッチングマシンの高度化もあってか、打者がバットに当てる能力は上がってきていますので、ストライクからボールになるコースに投げて、空振りあるいはファウルでカウントを稼ぐことになります。そうなると見送ればボールになりますから、2ボール2ストライク、3ボール2ストライクといったカウントになり易く、球数が増えていくことになります。

 従って、三振ばかりを狙う投手は、MLBでは、なかなか完投できない投手ということになってしまいます。球数が増えることは、投球イニング数が減ることに繋がるので、三振を狙うことはチームの勝利のために、必ずしも有効な手段とは言えないのかもしれません。

 「三振を取る」→「バットに当てさせない」投球は、非効率的な投球ということになります。しかし、普段の投手の練習は、バットに当てさせないことを主眼として行う場合が多いのではないでしょうか。

 もうひとつ「バットの芯を外す投球」があって、カットボールとかスライダーといった球種は、効果的なものとされています。これは打たせて取る投球の武器となりますが、打たせるということはヒットになる可能性もありますので、変化球のキレを磨かなければならないことになります。

 以上を考え合わせると、ベースボール・野球における良い投球とは
① 打たせて取ることを基本とする。
② カウントやランナーの状況によっては、三振が取れる。

 ことになります。当たり前のことを書いているようで申し訳ない感じがしますが、「打たせる」ということの重要性を良く認識すべきだと思います。

 一方で、「投手が投げて、打者が打つことから野球は始まる」と、ルールブックの最初に記載されています。打者が打つことが、野球という競技の基本であることが明記されているのです。先般の「ベースボール・野球のはじまり」稿にも記載しましたが、19世紀の野球創成期には、「打者が打つ」ことを実現するためのルール設定・変更が相次いで行われています。

 はじめは8ボールで打者は一塁に歩いたのですが、次第にボール球の許容数が減少し、最後には現在の4ボールになりました。「投手は打者が打てる所に投げなければならない」という思想が表れています。
 打てる範囲(真ん中付近)に投球されているのに、打者が打たない場合には「ストライク(打て)」と命令形でコールされるようになったのも、「打者が打つこと」を実現させようという意志が感じられます。

 こうした「ベースボール・野球の根本理念に反するプレー」が三振であるともいえます。極端に言えば「ベースボール・野球において三振はあってはならないもの」のようにも見えます。ところが、いつの時代からか「打者に打たせない」ために三振が取れる投手が、良い投手のひとつの要件とされるようになり、奪三振記録が投手にとって重要な記録のひとつになっていったのです。
 「試合に勝つため」には三振が有効であるという考え方がベースになっているのだろうと思いますが、頭書しましたように、総合的に見て三振が本当に有効な手段なのかどうかは、十分に検討する必要がありそうです。
 
 続いて「球種」についての検討です。

 マウンドからホームベースまでは18.44mですから、相当の球速のボールは直ぐに打者の手許に来てしまいますので、打者は早い段階でボールのコース・球種を見極め、打つ・打たない、どの打ち方を選択するか、等の判断をしなければなりません。本当に僅かな時間しかありませんから、事前の予想も含めて、この判断を間違えると打てないことになります。

 ゲームにおける実際のプレーでも、プロの打者がワンバウンドの投球を空振りすることは珍しいことではありません。それもベースの手前1m位の位置でワンバウンドしているボールを空振りしたりします。素人である私達観客は「何であんなボールを振るんだ」と思いますが、前述の理屈からいえば何の不思議もないことになります。

 こうした投手と打者との関係からすると、投手は「投球するボールに対する打者の予想」を外せば、打ち取れる可能性が高くなると考えがちです。この考え方から「沢山の球種を投げられる方が有利」という考え方が導き出されます。

 しかし、実際の投球、投手の成績を見ると、球種が多い投手=好成績を挙げる投手には必ずしもなっていません。

 例えば、ヤンキースにマリアノ・リベラというクローザーが居ます。現在MLB最高のクローザーとされていて、通算603セーブはMLB記録です。リベラの球種は主に、カッター(カット・ファスト・ボール、カットボール、真っスラ)とストレートの2種類です。この2種類で、1996年~2011年までの15年間、その内の14年間はMLB屈指のクローザーのとして活躍してきているのです。

 また、日本人メジャーリーガーのパイオニア的存在である野茂秀雄は、フォークボールとストレートの2つの球種で日本プロ野球での5年間およびMLBでの12年間・計17年間活躍しました。もちろん、野茂投手もリベラ投手も、他の球種を全く投げない訳ではありませんが、概ね2種類の球種で、一流投手のポジションを維持してきたのです。

 これは「打者の次のボールについての予想を外す」という考え方ではなく、「判っていても打てない・芯に当てさせないボールを投げる」という考え方になります。

 リベラ投手や野茂投手と違って、7色の変化球とか十種類のボールを操る、ことを自らの武器とし、長所と考えている投手もいますが、リベラや野茂に匹敵するような成績を上げているプレーヤーは少ないというか、いないように思います。

 いくら沢山の球種を持っていても、投球したボールは本塁ベース上やその近辺を必ず通過するので、変化が小さかったり、遅かったりすれば打たれるのでしょう。やはり、判っていても打ちにくい、キレの良いボールを極める方が、ベースボール・野球で勝つためには有効なようです。

 投手を志すプレーヤーは、沢山の種類のボールを憶えるよりも、自らが得意とするボールを磨き上げ、必要ならば当該球種の中でバリエーションを広げていく(2種類のスライダーとかカーブといった形)方が、打者から見て「打ちにくい投手」になる近道であるという考え方が、あっても良いように思います。

 尚、最初の「三振」の項目についていえば、既にベースボール・野球のシーンにおいて、「三振というプレー」が相当のポジションを確保していますから、「三振の無いゲーム」は、観客にとって不満足・物足りないものになってしまうかもしれません。その点では、ベースボール・野球も時代と共に変化してきているのかもしれません。

 今回もおかしなこと?を書き、恐縮です。次回は「練習編」を採り上げたいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[大相撲] 優勝20回を超えると優勝確率が急減するという法則?
NEW Topics
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
[競馬コラム261-日本馬の海外挑戦8] 2004年からの4年連続のアメリカンオークス挑戦
[ラグビーワールドカップ2011準決勝] フランスチーム ウェールズチームを振り切る
Entry TAG
三振      マリアノ・リベラ   野茂秀雄  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031