FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [アジア大会2014・サッカー男子] 1対1で勝負できなければゲームにならない。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 アジア大会2014のサッカー男子・準々決勝、日本対韓国戦は9月28日に行われ、韓国代表チームが1-0で勝ち上がりました。

 ゲームは終始韓国チームが押し気味で、守勢の日本チームとしてはなんとか失点を防ぎ続けたという形でしたが、後半40分過ぎにペナルティーエリア内で反則を犯してPK。これを張賢秀選手がキッチリと決めて、勝負がつきました。

 日本チームが0-1で敗れたことは、勝負事でもあり止むを得ないことなのですが、そのプレー振りは決して褒められたものではありませんでした。

 イーブンボール・ルーズボールの取り合いで、ほとんど競り負けていたのです。
 どの選手も「へっぴり腰」のように見えたのは、残念というよりは情けないという感じでしょうか。

 また、味方の選手同士で「見合ってしまうプレー」も散見されました。日本チームのどのプレーヤーも「ボールに触りたくない」「他の人にボールを処理してもらいたい」と考えながらプレーしているかのようでした。ボールに触らなければ、ボールを取りに行かなければ、サッカーにはなりません。

 サッカーに限らず、どんなスポーツでも共通していることでしょうが、技術とかフィジカルとかいう以前の問題として、「気後れしない」心持ち・精神力は競技スポーツの基本だと思います。
 この心持ち無くして、どんな技術もフィジカルも活きてはこないのです。

 このゲームの日本チームと韓国チームの技術・フィジカル面は互角(もしこの点で大幅に劣っているようであれば日本サッカーに明日はありません)に観えましたが、ゲーム内容は「一方的な韓国ペース」でした。不思議なことです。

 互いに攻め合い守り合うのがゲームだとすれば、極端な言い方をすれば、これは「ゲームでは無かった」のかもしれません。

 U-21の日本代表チームには「1対1で気後れしないプレー」を身に付けていただきたいと思います。
 サッカーの能力で互角でありながら、常にボールを支配され続ける展開になってしまう原因は、個々のプレーヤーに「1対1で相手チームのどのプレーヤーとも戦う」という意気込みが不足していることだと考えます。

 良いパスを出してもらえれば良いプレーが出来るが、良いパスが来なければ何もできないプレーヤーが集まってしまうと、強い時は強いが、弱い時はとことん弱いチームになってしまいます。
 この日の日本チームは、そんなチームに見えました。

 「互角の勝負で皆苦労している。自分こそが良いパスを出してやる。」という具合に、チームメンバーひとりひとりが考えてプレーすれば、技術・フィジカルに大差が無いゲームであれば、少なくとも「一方的にボールを支配されるゲーム」にはならないでしょう。

 ゲーム開始直後に「強い相手だ」と感じると、気持ちもプレーも後手に回ってしまう、チーム全員が怯んでしまうのが、この日本チームの最大の弱点であろうと感じます。
 グループステージのイラク戦でも、同じようなゲームをしました。

 せっかく高い技術と強いフィジカルを有しているのに、「自ら局面を打開してみせる」といった気迫が不足しているプレーヤーは、代表チームには相応しくないと思います。

 ゲームの勝ち負けは時の運もあるでしょう。当然ながら、負けることもあるのです。
 しかし、厳しい言い方で恐縮ですが、「ゲームにならない」というのは、日本サッカーを代表して国際大会に臨むチームには、あってはならないことだと思います。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
大激戦が続くMLB2014ポストシーズン
NEW Topics
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930