FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  [MLB2014] ボルチモア・オリオールズとカンザスシティ・ロイヤルズが3勝0敗で地区シリーズを突破!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 MLB2014のポストシーズンゲーム、アメリカンリーグALの地区シリーズ第3戦が10月5日に行われ、ボルチモア・オリオールズとカンザスシティ・ロイヤルズが勝って、共に3連勝、3勝0敗で勝ち上がり、リーグチャンピオンシップへと駒を進めました。(ナショナルリーグNLは移動日)

① ボルチモア・オリオールズ2-1デトロイト・タイガース

 タイガースの地元コメリカパークで行われた一戦。
 タイガースは、7月末にトレードで獲得した元タンパベイ・レイズのエース、デビッド・プライス投手を立てました。初戦がマックス・シャーザー投手、第二戦がジャスティン・パーランダー投手、第三戦がデビッド・プライス投手という豪華絢爛な3本柱です。この3投手は、いずれも「サイ・ヤング賞」受賞投手ですから、現在のMLBの球団で最も豪華な3本柱であることは間違いありません。

 よもやの2連敗でホームに帰ったタイガースとしては、必勝を期しての投入であったことでしょう。

 一方のオリオールズも今季15勝8敗のバッド・ノリス投手を立てての対戦は投手戦となり、5回まで0-0の拮抗した展開。
 6回表、オリオールズの4番DHネルソン・クルーズ選手が2ランホームランを放って、2-0とリードしました。クルーズ選手は今季レギュラーシーズンで40ホームランの本塁打王の力をいざという場面で見事に発揮したのです。
 プライス投手やタイガースにとっては、強烈なパンチとなった一発でした。

 この後、タイガースのミゲル・カブレラ選手を始めとする自慢の打線が反撃を試みますが9回裏に1点を返すのがやっと。オリオールズが1点差で逃げ切りました。

 強豪チーム・タイガースを相手に3連勝としたオリオールズは、今シーズンの好調さをそのままポストシーズンに持ってきた感じがします。名将ショーウォルター監督の采配も随所に冴えを見せています。

② カンザスシティ・ロイヤルズ8-3ロサンゼルス・エンジェルス

 ロイヤルズの地元カウフマンスタジアムでの一戦。
 敵地で2連勝として、ホームに帰ってきたチーフス打線が前半から爆発し、4回までに7-2とリードして、試合を決めました。

 エンジェルスの先発は好投手C.J.ウィルソンでしたが、ロイヤルズ打線は1番エスコバー選手・2番青木選手が連続ヒットを浴びせてチャンスメイク、僅か2/3イニングで降板となりました。

 その後もエンジェルスのマイク・ソーシア監督は小刻みな投手リレーを展開し、8イニングに8人の投手を投入しましたが、ロイヤルズ打線を抑えることは出来ませんでした。

 一方のロイヤルズは、ポストシーズに入ってから、延長12回、延長11回、延長11回と3試合連続の延長戦という厳しいゲームを続けてきた鬱憤を一気に晴らすようなゲーム内容でした。

 そもそも、レギュラーシーズン終盤まで、ポストシーズン進出を掛けた激しい戦いを続けていたロイヤルズは、ようやく競り勝って29年振りのポストシーズン進出、そしてワイルドカードのアスレティックス戦も戦って、殆ど休み無しで地区シリーズを迎えましたから、投手陣・野手陣共に疲弊し切っていると見られていて、地区シリーズはエンジェルスが相当有利と予想されていました。

 ところが、まるで「延長戦の度にエネルギーを貯めて行った」かのような試合振りで、ロイヤルズは絶好調でホームに帰ってきたのです。凄いことです。

 また、青木宣親選手の活躍も特筆すべきものでしょう。このゲームも3打数3安打1打点2得点と大活躍。体は疲れ切っている筈なのですが、プレー振りは喜びに溢れています。MLBに来て良かったと実感しているのではないでしょうか。

 さて、オリオールズとロイヤルズは、共に3勝0敗で地区シリーズを勝ち上がりました。これは、今後のスケジュールを考えるととても大きなことなのです。

 次のリーグチャンピオンシップ(ALのチャンピオンを決める戦い)は10月10日開始ですから、4日間の休養日があるからです。これで第5戦まで縺れ込んでいれば10月8日までゲームがありましたから、中1日ということになるところでした。

 もちろん2チームとも中4日ですから条件は同じですけれども、少なくとも相手チームと同じ休養日というか調整日を持てたということは、やはり大きなことでしょう。
 特にロイヤルズにとっては、レギュラーシーズン→ワイルドカード→地区シリーズと続いた厳しいスケジュールでしたから、この4日間は貴重です。
 故障や疲労を回復するチャンスとなります。また、ロイヤルズのファンにとっては、久しぶりのプレーオフの勝利を存分に味わえる期間にもなるでしょう。

 ALリーグのリーグチャンピオンシップについて見れば、やはり今シーズン東地区でヤンキースやブルージェイズを振り切って優勝したオリオールズの方が、戦力面から見ても有利でしょう。
 そして、ここまでミラクルな戦いを続けてきているロイヤルズの勢いが、どこまで通用するのか、とても楽しみです。

 初戦の戦い振りがポイントとなるでしょう。 

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[東京オリンピック1964から50年] 大会の開催時期について
NEW Topics
[全日本卓球選手権2020・女子] 早田ひな選手が2冠
[bリーグ・オールスターゲーム2020] 定着
[U-23アジア選手権2020タイ大会] 日本代表チーム 最下位でグループリーグ敗退
[NFL2019~20ポストシーズン] ディビジョナル・ゲーム
[全国高校サッカー2019~20・決勝] 静岡学園チーム 逆転で勝利
[大相撲2020・1月場所] 3日目を終えて 大波乱の土俵
[MLB2019オフシーズン] 秋山翔吾選手 シンシナティ・レッズ入り
[全国高校ラグビー2019~20・決勝] 桐蔭学園チーム 悲願の単独優勝!
[大相撲2020・1月場所・初日] 炎鵬関の人気
[全国大学ラグビー決勝2020] 早稲田大学チーム 16度目の優勝
[PGA2019~20・トーナメントオブチャンピオンズ2020] ジャスティン・トーマス選手がプレーオフを制して優勝
[卓球2020] 東京オリンピック2020の代表決まる。
[NFL2019~20・ワイルドカード] ロースコアの激戦 ペイトリオッツも敗退
[競馬コラム250・ばんえい競馬2020] ホクショウマサル号 30連勝の日本新記録
[大相撲2020・1月場所] 活躍が期待される10名の力士
[NPB2019シーズンオフ] 2020年シーズンに向けて「複数年」の大型契約更改
[箱根駅伝2020] 1年生ランナーの活躍
[箱根駅伝2020] 青山学院大学チーム 5度目の優勝
[箱根駅伝2020・往路] 好コンディション and 好タイム
[リーガ・エスパニョーラ2019~20] エル・クラシコ 17年振りのスコアレスドロー
2020年のスポーツ界展望
2019年のエムウェーブと横浜国際総合競技場
[サッカー天皇杯2020] 決勝進出の2チーム
[2019年を振り返って-8・RWC43] 日本VSスコットランド 栄光のフィフティーン
[2019年を振り返って-7・RWC42] 日本VSアイルランド 栄光のフィフティーン
[2019年を振り返って-6・大相撲] 照ノ富士 関取に返り咲く
[競馬] ホープフルステークス2019の注目馬
[2019年を振り返って-5・世界陸上] 黄色いスパイクシューズ
[2019.年を振り返って-4・MLBイチロー引退-5] 「月間50安打」を4度!
[全日本フィギュア2019] 若手の成長
[箱根駅伝2020] 活躍が期待される10チーム
[2019年を振り返って-3・MLB] 大谷翔平選手 トミージョン手術からのリハビリを完了
[UEFA-CL2019~20] 大混戦だったグループG
[UEFA-CL2019~20] グループHの死闘
[2019年を振り返って-2・J1] 横浜F・マリノス 15年振りの優勝
[競馬] 有馬記念2019の注目馬
[UEFA-CL2019~20] ネイマール選手の復帰
[2019年を振り返って-1] 大坂なおみ選手 再びコーチを交替
[競馬コラム249・朝日杯FS2019] サリオス号の「速い二の脚」
[ラグビーワールドカップ2019-41] アダム・ヘイスティングス選手
[プレミアリーグ2019~20] 南野拓実選手がリバプールへ移籍?
[MLB2019オフシーズン] エンゼルスがアンソニー・レンドン選手と7年契約
[競馬コラム248・阪神JF2019] 「飛んだ」 レシステンシア号
[NBA2019~20] レギュラーシーズン序盤戦
[競馬] 朝日杯フューチュリティステークス2019の注目馬
[全日本アイスホッケー2019] 栃木日光アイスバックス 優勝!
[スキージャンプ/フィギュアスケート2019] 次代を担う 2人の「佐藤」選手
[ISU-GPファイナル2019] フィギュアスケート競技のこれから
[ISU-GPファイナル2019] 素敵な「負けず嫌い」 羽生結弦選手
[大学駅伝男子2019~20] かつてない大混戦
Entry TAG
ロイヤルズとオリオールズが3連勝で地区シリーズ突破  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031