FC2ブログ
HOME   »   競馬  »  [競馬コラム123] 重い馬場に強かったスガノオージ号
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 1995年の毎日王冠競走の優勝馬が、スガノオージです。

 毎日王冠G2は、以前も書きましたが、1950年に開始された歴史と伝統を誇るレースです。特に、大レース優勝経験のある馬が出走するに相応しいレースが少なかった1980年代までは、一流古馬の秋緒戦として選ばれることが多く、結果として勝ち馬には一流・強豪馬が数多く名を連ねています。1978年のプレストウコウ、1984年のカツラギエース、1986年のサクラユタカオー、1987年のダイナアクトレス、1988年89年を連覇したオグリキャップなどなど、思い出深い馬達が優勝しているのです。

 現在では1800mという距離もあってか中距離馬のレースに変貌しつつありますが、それでもG1ホースの天皇賞(秋)やジャパンカップ、有馬記念等々のレースへのステップレースとしての重要度は不変だと思います。

 こうした毎日王冠の歴史において、異彩を放つのが1995年の優勝馬スガノオージでしょう。

 スガノオージ号、父サクラトウコウ、母ベラ、父の父マルゼンスキー、母の父リマンド、通算成績・道営競馬23戦7勝、中央競馬27戦3勝、計50戦10勝。

 スガノオージは1993年6月に北海道営岩見沢競馬場でデビューしました。そして1995年1月に中央競馬に転入したのです。
 地方競馬から中央競馬への挑戦は、昔から珍しいことではありませんが、ハイセイコーやオグリキャップ、トロットサンダーの様に「地方競馬に敵無し」といった状況での挑戦ではありませんでしたから、スガノオージの中央入りはあまり騒がれませんでした。

 実際、スガノオージの中央初勝利は4戦目の特別戦でした。地方でも強かったとはいえ2年間で17戦7勝だった馬を、中央で走らせようと考えた馬主さんの狙いは分かりませんが、スガノオージは黙々とレースを重ねました。

 そして、中央入りして8戦1勝の成績で出走してきたのが1995年10月の毎日王冠だったのです。
 頭書の通り、このレースは強豪馬の秋緒戦に位置付けられていましたから、この年も沢山の強豪馬が出走してきました。
 クラシックホース・皐月賞馬のジェニュイン、エリザベス女王を制したホクトベガ、天皇賞(秋)を勝つサクラチトセオー、マイルチャンピオンシップと安田記念優勝のトロットサンダー、とG1ホースが目白押し。それ以外にも、当時はG2であったNHK杯を制したマイシンザンも出てきました。
 この布陣の中に、8戦1勝の地方出身馬スガノオージが挑んだのです。

 しかし、レースはスガノオージの完勝でした。2着のドージマムテキに1・3/4馬身差を付けて優勝したのです。重馬場のレースで、1800m・1分48秒4という走破タイムでした。
 3着トロットサンダー、4着サクラチトセオー、5着マイシンザン、6着ジェニュイン、7着ホクトベガと有力馬をずらりと従えての優勝でした。

 スガノオージは、このレースの後1996年のカブトヤマ記念G3にも優勝するのですが、このレースも渋い馬場でしたから、重い馬場に強いサラブレッドだったことが分かります。

 父のサクラトウコウは、全弟のサクラチヨノオーや半弟のサクラホクトオーと比べると競走成績は見劣りしましたが、何しろマルゼンスキーとサクラセダンの仔という当時の良血馬でしたので、種牡馬となることが出来ました。
 そして、相応の種牡馬成績を残しました。代表産駒はネーハイシーザーでしょう。ネーハイシーザーは快速馬として天皇賞(秋)を始めとする重賞5勝を挙げました。そして、スガノオージも代表的な産駒の1頭ということになるのでしょう。

 実は、このサクラトウコウの産駒が1994年と1995年の毎日王冠を連覇しているのです。1994年の優勝馬がネーハイシーザー、1995年がスガノオージなのです。

 中央競馬で27戦3勝なるも、2つの重賞に勝ったスガノオージは、1999年8歳の年に再び道営競馬に戻りました。そして6戦を走り勝つことが出来ずに2001年に引退しました。地方競馬→中央競馬→地方競馬と50戦を走り続けた馬は珍しいと思います。

 毎日王冠が重馬場になる度に、あの450kg位の小柄な鹿毛のスガノオージ号が逃げ切るシーンを思い出します。堂々たる逃げ切りでした。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[MLB2014] 機動力=盗塁数ではありません。
NEW Topics
[温故知新2020-陸上競技12] 男子三段跳び オリンピック金メダリストの記録
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] MVPは隠岐の海関
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 照ノ富士関 5年振り2度目の優勝
[競馬コラム275] キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの勝ち馬
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン初登板
[NBA2019~20(各種制限)] 再開 八村塁選手の活躍
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 大一番 朝乃山VS照ノ富士
[欧州4大リーグ2019~20] 各リーグの優勝チームが決まりました。
[NPB2020(観客数制限)セリーグ] 巨人が首位
[NPB2020(観客数制限)・パリーグ] ソフトバンクが首位
[陸上・東京選手権2020(無観客)] 男子800m クレイ・アーロン・竜波選手 快勝!
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 今季初登板・初勝利
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平「投手」 久しぶりの登板
[競馬コラム274] エネイブル号 G1レース11勝目!
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 中日を終えて
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 登場
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平選手 3年目のシーズンイン
[MLB2020(無観客)] 筒香嘉智選手 メジャーデビュー戦で2ランホームラン
[MLB2020(無観客)] 秋山翔吾選手 メジャー初打席・初ヒット・初打点
[MLB2020開幕戦(無観客)] マックス・シャーザー投手とゲリット・コール投手の投げ合い
[MLB2020(無観客)] ついに開幕 今シーズンの試合数など
[大相撲2020・7月場所5日目(観客数制限)] 5戦全勝の力士達
[セリエA2019~20(無観客)] クリスティアーノ・ロナウド選手 驚異の得点力
[競馬コラム273] ビワハヤヒデ号 30歳の大往生
[大相撲2020・7月場所初日(観客数制限)] お行儀の良い観客の皆さん
[ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020(観客数制限)] 一山麻緒選手と前田穂南選手
[FIFAワールドカップ2010準決勝] スペインチーム 「パスサッカー」の完成
[温故知新2020-陸上競技11] 男子400m競走 オリンピック金メダリストの記録
[NPB2020(観客数制限)] 戸郷翔征投手 開幕3連勝!
[NPB2020(観客数制限)] DeNA 7月15日まで16試合連続「○●○●・・・」のNPB記録更新
[大相撲2020・7月場所(観客数限定)] 活躍が注目される10名の力士
[温故知新2020-競泳8] マーク・スピッツ選手とマイケル・フェルプス選手
[リーガエスパニョーラ2019~20(無観客)] 久保建英選手 今シーズン4点目!
[アメリカ・カレッジスポーツ2020] アイビーリーグが秋季のスポーツを中止
[温故知新2020-ボート] 男子エイト オリンピックのメダル獲得チーム
[NPB2020・パリーグ(無観客)] 楽天ゴールデンイーグルスの快走
[NPB2020・セリーグ(無観客)] 阪神タイガース 3連勝
[温故知新2020-陸上競技10] 110mハードル 金メダリストの記録
[競馬コラム272-日本馬の海外挑戦14] 2011年 ヴィクトワールピサの快挙
[温故知新2020-競泳7] 男子100m自由形 オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技9] 男子200m競走 金メダリストの記録
[温故知新2020-自転車] 男子団体追い抜き オリンピックのメダル獲得チーム
[Jリーグ2020(無観客)] J1再開 アウェイチーム優勢の不思議
[ラグビートップリーグ2021] ボーデン・バレット選手 サントリー・サンゴリアス入り
[NPB2020(無観客)] 菅野智之投手 1安打完封勝利!
[NFL2020~21] ペイトリオッツのQBは?
[温故知新2020-女子テニス6] 「豪打」と「悲劇」 モニカ・セレシュ選手
[温故知新2020-陸上競技8] 男子円盤投げ オリンピック金メダリストの記録
[PGAツアー2019~20(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 今期初優勝
[NPB2020(無観客)] ロッテマリーンズ 8連勝!
Entry TAG
重馬場の毎日王冠を逃げ切ったスガノオージ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031