FC2ブログ
HOME   »   競馬  »  [競馬コラム123] 重い馬場に強かったスガノオージ号
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 1995年の毎日王冠競走の優勝馬が、スガノオージです。

 毎日王冠G2は、以前も書きましたが、1950年に開始された歴史と伝統を誇るレースです。特に、大レース優勝経験のある馬が出走するに相応しいレースが少なかった1980年代までは、一流古馬の秋緒戦として選ばれることが多く、結果として勝ち馬には一流・強豪馬が数多く名を連ねています。1978年のプレストウコウ、1984年のカツラギエース、1986年のサクラユタカオー、1987年のダイナアクトレス、1988年89年を連覇したオグリキャップなどなど、思い出深い馬達が優勝しているのです。

 現在では1800mという距離もあってか中距離馬のレースに変貌しつつありますが、それでもG1ホースの天皇賞(秋)やジャパンカップ、有馬記念等々のレースへのステップレースとしての重要度は不変だと思います。

 こうした毎日王冠の歴史において、異彩を放つのが1995年の優勝馬スガノオージでしょう。

 スガノオージ号、父サクラトウコウ、母ベラ、父の父マルゼンスキー、母の父リマンド、通算成績・道営競馬23戦7勝、中央競馬27戦3勝、計50戦10勝。

 スガノオージは1993年6月に北海道営岩見沢競馬場でデビューしました。そして1995年1月に中央競馬に転入したのです。
 地方競馬から中央競馬への挑戦は、昔から珍しいことではありませんが、ハイセイコーやオグリキャップ、トロットサンダーの様に「地方競馬に敵無し」といった状況での挑戦ではありませんでしたから、スガノオージの中央入りはあまり騒がれませんでした。

 実際、スガノオージの中央初勝利は4戦目の特別戦でした。地方でも強かったとはいえ2年間で17戦7勝だった馬を、中央で走らせようと考えた馬主さんの狙いは分かりませんが、スガノオージは黙々とレースを重ねました。

 そして、中央入りして8戦1勝の成績で出走してきたのが1995年10月の毎日王冠だったのです。
 頭書の通り、このレースは強豪馬の秋緒戦に位置付けられていましたから、この年も沢山の強豪馬が出走してきました。
 クラシックホース・皐月賞馬のジェニュイン、エリザベス女王を制したホクトベガ、天皇賞(秋)を勝つサクラチトセオー、マイルチャンピオンシップと安田記念優勝のトロットサンダー、とG1ホースが目白押し。それ以外にも、当時はG2であったNHK杯を制したマイシンザンも出てきました。
 この布陣の中に、8戦1勝の地方出身馬スガノオージが挑んだのです。

 しかし、レースはスガノオージの完勝でした。2着のドージマムテキに1・3/4馬身差を付けて優勝したのです。重馬場のレースで、1800m・1分48秒4という走破タイムでした。
 3着トロットサンダー、4着サクラチトセオー、5着マイシンザン、6着ジェニュイン、7着ホクトベガと有力馬をずらりと従えての優勝でした。

 スガノオージは、このレースの後1996年のカブトヤマ記念G3にも優勝するのですが、このレースも渋い馬場でしたから、重い馬場に強いサラブレッドだったことが分かります。

 父のサクラトウコウは、全弟のサクラチヨノオーや半弟のサクラホクトオーと比べると競走成績は見劣りしましたが、何しろマルゼンスキーとサクラセダンの仔という当時の良血馬でしたので、種牡馬となることが出来ました。
 そして、相応の種牡馬成績を残しました。代表産駒はネーハイシーザーでしょう。ネーハイシーザーは快速馬として天皇賞(秋)を始めとする重賞5勝を挙げました。そして、スガノオージも代表的な産駒の1頭ということになるのでしょう。

 実は、このサクラトウコウの産駒が1994年と1995年の毎日王冠を連覇しているのです。1994年の優勝馬がネーハイシーザー、1995年がスガノオージなのです。

 中央競馬で27戦3勝なるも、2つの重賞に勝ったスガノオージは、1999年8歳の年に再び道営競馬に戻りました。そして6戦を走り勝つことが出来ずに2001年に引退しました。地方競馬→中央競馬→地方競馬と50戦を走り続けた馬は珍しいと思います。

 毎日王冠が重馬場になる度に、あの450kg位の小柄な鹿毛のスガノオージ号が逃げ切るシーンを思い出します。堂々たる逃げ切りでした。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[MLB2014] 機動力=盗塁数ではありません。
NEW Topics
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
[競馬コラム261-日本馬の海外挑戦8] 2004年からの4年連続のアメリカンオークス挑戦
[ラグビーワールドカップ2011準決勝] フランスチーム ウェールズチームを振り切る
[FIFAワールドカップ1978決勝] アルゼンチンチーム 初優勝
[競馬(無観客)] 桜花賞2020の注目馬
Entry TAG
重馬場の毎日王冠を逃げ切ったスガノオージ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031