FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  [MLB2014] 機動力=盗塁数ではありません。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 MLB2014のポストシーズンも、リーグチャンピオンシップ・シリーズCSが始まりました。
 アメリカンリーグALのCSはボルチモア・オリオールズとカンザスシティ・ロイヤルズの対戦。10月10日に、オリオールズのホーム・オリオールパークアトカムデンヤーズで緒戦が行われました。

 NHK-BS放送で観戦しました。いつも感じることですが、MLBのポストシーズンゲームをライブで観戦できるのはとても幸せなことです。

 このゲームの5回裏、1-5とリードを許していたオリオールズの攻撃、先頭のマーケイキス選手が四球で歩きました。ここでアナウンサーが「ランナーが出ましたが、オリオールズは機動力が弱く盗塁がとても少ない。レギュラーシーズンで42個しかありません。162試合で42個ですからね。」といった趣旨の放送をしました。

 これに対して、解説の田口壮氏が「盗塁が少ないからといって、必ずしも機動力に乏しい訳ではありません。ショーウォルター監督のことですから、エンドランなどを使って戦っているのでしょう。機動力イコール盗塁数では無いです。」とコメントしたのです。

 全く、おっしゃる通りでしょう。

 オリオールズ=ホームランが多く長打で得点するチーム、ロイヤルズ=機動力で得点するチーム、という単純な図式で両チームを把握していて、ゲーム開始直後から再三「オリオールズは機動力が無い」と放送していましたので、田口氏もいい加減に諌めておいた方が良いと考えてのコメントだったように感じます。

 他にも、この種の指摘がいくつかありました。田口氏が言いたかったことは

① ポストシーズンゲームの戦いは、レギュラーシーズンの成績では測れないものだということ。

 1点の重み、1球の重みが、レギュラーシーズンとは異なるポストシーズンゲームでは、思いもよらないプレーが現出します。
 例えば、レギュラーシーズンでとてもホームランが少なかったロイヤルズ打線が、ポストシーズンに入ってからは、ホームランで勝負を決めているゲームが多いことを見ても判ります。

 例えば「このバッターとピッチャーは、これまで10打数1安打ですから、ピッチャー有利です。」などという説明は回避すべきでしょう。このバッターとピッチャーは、リーグチャンピオンシップ・ゲームで10度対戦しているわけではないのですから。

② ショーウォルター監督のような名将は、全てを把握したうえでチームを造り・運営しているということ。

 バック・ショーウォルター監督は、ニューヨーク・ヤンキースを始めとする4チームで16シーズンに渡り監督として采配を振るい、リーグ最優秀監督賞を2度受賞している名将です。そうした、MLB屈指の名将ですから、ゲームの性格・プレーヤーの特質・スケジュール等々の全ての要素を考慮した上で、ゲームを創っているということです。

 現役時代、セントルイス・カージナルスにおいて名将トニー・ラルーサ監督の下で働き、ワールドシリーズ優勝を果たした田口氏ならではの視点だと思います。

 さてゲームの方は、5対5の同点のまま9回の攻防を終えて、ALCSは緒戦から延長戦に入りました。「接戦になればロイヤルズペース」と観ていましたが、ロイヤルズは10回表、この日大当たりの6番ゴードン選手がライトスタンドにホームラン、9番ムスタカス選手が2ランホームランと畳み掛けて3点をリードし、10回裏のオリオールズの反撃を1点に止めて8-6で勝ちました。

 ビッグネームプレーヤーが少なく、戦前の予想では常に劣勢のロイヤルズですが、素晴らしいブルペンが接戦での強さを担保しています。1点差あるいは同点のゲームに持ち込めば、無類の強さを示すのです。
 これで、2014年ポストシーズンの5ゲームで5連勝、内4ゲームが延長戦勝ちという離れ業を魅せ続けています。それも、先攻ゲーム=アウェイゲームでの延長戦勝ちが多いのですから、抑え投手陣が強くなければとても出来ない芸当でしょう。

 地区シリーズDSを3戦0敗で勝ち上がったチーム同士の緒戦は、ロイヤルズが制しました。ホームで戦うオリオールズは第2戦は落とせません。序盤から自慢の打線が爆発し、ロイヤルズに得点差を付けて行くゲーム展開が望まれるところでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[MLB2014] ロイヤルズ ポストシーズン6連勝、30シーズンで9連勝!
NEW Topics
[全日本卓球選手権2020・男子] シングルスは宇田幸矢選手が優勝
[全日本卓球選手権2020・女子] 早田ひな選手が2冠
[bリーグ・オールスターゲーム2020] 定着
[U-23アジア選手権2020タイ大会] 日本代表チーム 最下位でグループリーグ敗退
[NFL2019~20ポストシーズン] ディビジョナル・ゲーム
[全国高校サッカー2019~20・決勝] 静岡学園チーム 逆転で勝利
[大相撲2020・1月場所] 3日目を終えて 大波乱の土俵
[MLB2019オフシーズン] 秋山翔吾選手 シンシナティ・レッズ入り
[全国高校ラグビー2019~20・決勝] 桐蔭学園チーム 悲願の単独優勝!
[大相撲2020・1月場所・初日] 炎鵬関の人気
[全国大学ラグビー決勝2020] 早稲田大学チーム 16度目の優勝
[PGA2019~20・トーナメントオブチャンピオンズ2020] ジャスティン・トーマス選手がプレーオフを制して優勝
[卓球2020] 東京オリンピック2020の代表決まる。
[NFL2019~20・ワイルドカード] ロースコアの激戦 ペイトリオッツも敗退
[競馬コラム250・ばんえい競馬2020] ホクショウマサル号 30連勝の日本新記録
[大相撲2020・1月場所] 活躍が期待される10名の力士
[NPB2019シーズンオフ] 2020年シーズンに向けて「複数年」の大型契約更改
[箱根駅伝2020] 1年生ランナーの活躍
[箱根駅伝2020] 青山学院大学チーム 5度目の優勝
[箱根駅伝2020・往路] 好コンディション and 好タイム
[リーガ・エスパニョーラ2019~20] エル・クラシコ 17年振りのスコアレスドロー
2020年のスポーツ界展望
2019年のエムウェーブと横浜国際総合競技場
[サッカー天皇杯2020] 決勝進出の2チーム
[2019年を振り返って-8・RWC43] 日本VSスコットランド 栄光のフィフティーン
[2019年を振り返って-7・RWC42] 日本VSアイルランド 栄光のフィフティーン
[2019年を振り返って-6・大相撲] 照ノ富士 関取に返り咲く
[競馬] ホープフルステークス2019の注目馬
[2019年を振り返って-5・世界陸上] 黄色いスパイクシューズ
[2019.年を振り返って-4・MLBイチロー引退-5] 「月間50安打」を4度!
[全日本フィギュア2019] 若手の成長
[箱根駅伝2020] 活躍が期待される10チーム
[2019年を振り返って-3・MLB] 大谷翔平選手 トミージョン手術からのリハビリを完了
[UEFA-CL2019~20] 大混戦だったグループG
[UEFA-CL2019~20] グループHの死闘
[2019年を振り返って-2・J1] 横浜F・マリノス 15年振りの優勝
[競馬] 有馬記念2019の注目馬
[UEFA-CL2019~20] ネイマール選手の復帰
[2019年を振り返って-1] 大坂なおみ選手 再びコーチを交替
[競馬コラム249・朝日杯FS2019] サリオス号の「速い二の脚」
[ラグビーワールドカップ2019-41] アダム・ヘイスティングス選手
[プレミアリーグ2019~20] 南野拓実選手がリバプールへ移籍?
[MLB2019オフシーズン] エンゼルスがアンソニー・レンドン選手と7年契約
[競馬コラム248・阪神JF2019] 「飛んだ」 レシステンシア号
[NBA2019~20] レギュラーシーズン序盤戦
[競馬] 朝日杯フューチュリティステークス2019の注目馬
[全日本アイスホッケー2019] 栃木日光アイスバックス 優勝!
[スキージャンプ/フィギュアスケート2019] 次代を担う 2人の「佐藤」選手
[ISU-GPファイナル2019] フィギュアスケート競技のこれから
[ISU-GPファイナル2019] 素敵な「負けず嫌い」 羽生結弦選手
Entry TAG
田口壮氏・機動力=盗塁数ではありません。  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031