FC2ブログ
HOME   »   競馬  »  [競馬コラム124] 京都大賞典を連覇したスーパークリーク号
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 1989年と1999年の京都大賞典競走を連覇したのがスーパークリークです。それ程昔のこととは思いませんでしたが、もう四半世紀も前になります。

 スーパークリークというと、オグリキャップ・イナリワンと共に、1980年代末の第二次競馬ブーム時代を代表する3強の一角を占めています。3強の中でも、長距離レースに強い馬として、時代を代表するステイヤーでもありました。

 スーパークリーク号、父ノーアテンション、母ナイスデイ、母の父インターメゾ、父の父の父ニジンスキー、通算成績16戦8勝。
 ノーアテンションはフランス馬。フランスの2500m以上の重賞しか勝っていませんから長距離馬と言えます。但し、全体として「ジリ脚」の印象も強く、なかなか勝ち切れない馬であったようです。
 母の父インターメゾは1969年のセントレジャーステークスの勝ち馬で、グリーングラスの父でもありますから、母系も長距離血統と言えるでしょう。

 スーパークリークは1988年・3歳の春を骨折で棒に振り、3歳秋から再始動、何とか出走に漕ぎ付けた菊花賞で圧勝します。2着馬に5馬身差のレースでした。
 このレースは武豊騎手の初のG1制覇でもありました。

 続く1989年の春シーズンは筋肉痛で棒に振り、秋の京都大賞典が緒戦となり、これをレコードタイムで快勝して、天皇賞(秋)に駒を進めました。
 後から考えると、府中の2000mはスーパークリークには短い感じですが、オグリキャップとの叩き合いを制して優勝しました。ステイヤーと言われるスーパークリークですが、こうした脚も使うことが出来たのです。

 続くジャパンカップは、ホーリックスの世界レコードの走りの前に4着、有馬記念はイナリワンと競り合いを演じて僅差2着と勝ち切れませんでしたが、好調は維持していたと思います。

 そして5歳の1990年。大阪杯・天皇賞(春)・京都大賞典と重賞を3連勝して競走馬を引退しました。
 スーパークリークにとっては、2度目の京都大賞典が引退レースとなったのです。

① 京都大賞典を連覇したのは、1973・74年のタニノチカラ、スーパークリーク、2000年・01年のテイエムオペラオーの3頭です。いずれも時代を代表する強豪馬です。京都大賞典競走が、関西強豪馬の秋緒戦として位置付けられてきたことがよく分かります。

② スーパークリークが、名騎手武豊の最初のグッドパートナーであったという話は、良く聞かれます。初のG1制覇がスーパークリークの菊花賞であったことは前述の通りですが、そういった意味以上の思い入れを感じさせるコメントが、武豊ジョッキーから聞かれるのです。
  名馬との出会いから、名騎手が誕生するとも言われますが、おそらく天才武豊騎手にとってもスーパークリークとの出会いは特別なものだったのでしょう。

③ 名ステイヤーが中々良い種牡馬になれないこと。

 我が国の競馬史を飾る名ステイヤーとして、タケホープ、グリーングラス、メジロデュレン、ホリスキー、ライスシャワー、ビワハヤヒデ、ヒシミラクルなどが挙げられると思いますが、総じて種牡馬成績は良くありません。(早世したライスシャワーはやむを得ませんが)
 唯一ホリスキーが重賞勝ち馬を4~5頭出している位でしょう。
 スーパークリークも例外では無く、種牡馬としては期待に応えられませんでした。

 世界的な傾向とはいえ、日本競馬においてもステイヤー血統がどんどん細くなっている現状は、とても残念なことだと思います。

 スーパークリークは幼少期から左前足が外向でしたので、セリで買い手が付かず、最終的には810万円の安い価格で売れました。「今は小川(クリーク)だが、いつかは大河になって欲しい」との期待から、スーパークリークと命名されたと伝えられています。

 素晴らしい命名であったと思います。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[PGAツアー] 松山英樹選手 今季開幕大会で3位タイの好成績!
NEW Topics
2016年~20年のスーパーボウルを彩った新進気鋭のクオーターバック達
[競馬(無観客)] 大阪杯2020の注目馬
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
Entry TAG
京都大賞典を連覇したスーパークリーク  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930