FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  [MLB2014] ロイヤルズ・ポストシーズン8連勝でワールドシリーズ進出
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 カンザスシティ・ロイヤルズKCの勢いが全く止まりません。

 アメリカンリーグALチャンピオンシップシリーズCSで4連勝。ボルチモア・オリオールズBALを下してALチャンピオンに就くと共にワールドシリーズ進出を決めました。

 個々のゲームはギリギリの内容なのですが、それらを全て勝ち切って連勝を続けているのは信じられないことです。

 これでMLB2014ポストシーズン8連勝、1985年ワールドシリーズの3連勝優勝を加えて11.連勝となりました。レギュラーシーズンでも11連勝は滅多に見られるものではありませんが、ましてやポストシーズンともなると奇跡的です。

 MLB記録はニューヨーク・ヤンキースNYYの12連勝(2度)だそうですが、その記録にあとひとつと迫りました。ご存じのようにNYYは1901年創設のMLBの中心的チームであり、ワールドシリーズ制覇MLB最多の27回を誇るポストシーズンの常連です。
 一方でKCは1969年創設・ワールドシリーズ優勝1回、今季のポストシーズン進出が29年振りという、ほとんど?ポストシーズンに進出しないチームですから、この11連勝の価値が良く分かります。

 今季ポストシーズンのロイヤルズの強さの要因を観てみましょう。

① ブルペンが完璧

 先発投手陣も大変良く頑張っていますが、何と言ってもリリーフ陣・ブルペンの活躍には目覚ましいものがあります。「完璧」と言って良いでしょう。

 そのブルペンの中でも、ケルビン・ヘレーラ投手、ウェジ・デイビス投手、グレグ・ホランド投手(クローザー)の3人の安定感は驚異的。KCは6回終了時点までリードしていれば、7・8・9回はこの3投手がピシャリと抑えます。
 3投手共に150kmを超えるストレートに、各々が得意な変化球を保持しています。そして、3投手共にポストシーズンに入ってから投球内容が一層進歩しています。

 軽々しく「勝利の方程式」などと言うべきではありませんが、現状のロイヤルズの3投手には、まさに相応しい言葉でしょう。ALCSの第3戦・第4戦を共に2-1で勝ち切ったのは、本当に見事でした。

② 素晴らしい守備

 内外野の守備が見事です。

 センターのロレンゾ・ケイン選手の再三の美技には本当に驚かされましたが、ライトの青木宣親選手、レフトのアレックス・ゴードン選手も、ここぞという場面でファインプレーを魅せました。

 内野陣も堅く、特に3塁手のマイク・ムスタカス選手には、ファインプレーに見えないファインプレーが再三あったように思います。例えば、CS第4戦のBAL最後の打者の打球は、3塁線ギリギリのゴロでしたが、ムスタカス選手は「何事も無かったように」これを処理し、矢のようなコントロールの良い送球を1塁に送りました。

 「この打球を処理すればワールドシリーズに行ける」という打球、それが難しい当たりであった時に、あれ程冷静なプレーは簡単なことではないでしょう。本当に守備が上手いことを示したプレーであったと思います。

③ 勝負強い攻撃陣

 KCの攻撃陣は、決して豪打ではありませんが、ここぞというチャンスでの得点力は抜群です。

 レギュラーシーズンでリーグ最下位だった本塁打数でしたが、ポストシーズンに入ってからは肝心なところで、極めて効果的なホームランが続いています。

 さらに特筆すべきは「最強のピンチランナー陣」でしょう。ジャロッド・ダイソン選手とテレンス・ゴア選手です。まさに快足コンビと呼ぶに相応しい2選手。ゲームが後半に差し掛かり、青木選手が塁に出ると「必ず!」ダイソン選手が交替登場します。続いて、ゴア選手も起用されるのです。

 この2選手は、盗塁成功率が極めて高いために起用されるのですが、今ポストシーズンではあまり盗塁には成功していません。ポストシーズンにおいては「ひとつのアウトが非常に重い」ので、いかに快足の2人でもうかつにはトライできないのです。しかし、この2人が塁上に居ると、相手チームのピッチャーを始めとして、守備陣はとても緊張します。

 そして、ダイソン選手とゴア選手は、進塁と本塁奪取に絶大な威力を発揮して来ました。本当に驚くべきスピードです。1塁上に居れば、ヒットで簡単に3塁を陥れ、3塁上に居れば外野フライで悠々と本塁を陥れます。
 クロスプレーにもならないのです。「肝心なチャンスで確実に得点できるという走塁・スピード」は、一戦必勝のポストシーズンゲームにおいては、何にも替え難い戦力でしょう。私は、この2人のプレーヤーが登場すると、思わず拍手してしまいます。真のスペシャリストです。

④ スーパースター不在のチーム

 ロイヤルズには、いわゆる「ビッグネーム」が居ません。今後ビッグネームになりそうなプレーヤーは複数居ますが、現時点では居ないのです。そしてチーム全体が若いチームでもあります。

 サイ・ヤング賞投手3人と三冠王カブレラ選手を誇るデトロイト・タイガースやトラウト選手・プーホールズ選手他の強力打線のロサンゼルス・エンジェルス、今季AL本塁打王クルーズ選手他を擁してヤンキースやレッドソックスが所属する激戦の東地区で圧倒的優勝を果たしたオリオールズを抑えて、ロイヤルズがワールドシリーズに進出したのです。

 「生え抜きが育つチーム」とも言えるのでしょう。トレードで大物選手を獲得するという話は聞いたことがありません。

 GMのドラフト指名や選手獲得の上手さもありますが、やはりネッド・ヨースト監督の采配も見逃せません。適所に若手を積極的に起用してきました。若手プレーヤーもその器用に見事に応えています。当初は1番打者が期待されていた青木選手も2番に起用することで、チーム全体のバランスが非常に良くなると共に、青木選手のヒット量産にも結び付いたと感じます。

 ヨースト監督の「個の力をチーム力に繋げる采配」は見事です。

 さて、ここまでポストシーズンにおけるロイヤルズ好調の要因を観てきましたが、これだけの要因が揃えば「強くて当然」ということになるでしょう。どんなチームでも、これだけプラス要素が現出すれば強くなります。

 前述の4要素の中で、最も大きなものはどれかと言うことであれば、②の守備力でしょうか。ポストシーズンに入ってからのロイヤルズの守備力は驚異的です。そのことが、ケイン選手のシリーズMVP受賞の理由でもあるのでしょう。

 NHK-BS放送のALCS第4戦の解説者であった田口壮氏は「(ロイヤルズは)全員で戦っている感じがする」とコメントしていました。全くその通りでしょう。KCはチームとして最強の状態にあります。
 ボルチモア・オリオールズも決して悪いゲームをしていた訳ではありません。バック・ショーウォルター監督も様々な戦術を駆使しましたが、今シリーズはカンザスシティ・ロイヤルズが上回ったのです。

 29年振りにポストシーズンに進出できるかどうかが話題になったチームでしたが、KCはワールドシリーズに相応しいチームに成長しました。たった2週間で最高レベルに成長を遂げたことが、最も驚くべきことです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[MLB2014] サンフランシスコ・ジャイアンツ NLCSを制してワールドシリーズ進出
NEW Topics
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
[競馬コラム261-日本馬の海外挑戦8] 2004年からの4年連続のアメリカンオークス挑戦
[ラグビーワールドカップ2011準決勝] フランスチーム ウェールズチームを振り切る
[FIFAワールドカップ1978決勝] アルゼンチンチーム 初優勝
[競馬(無観客)] 桜花賞2020の注目馬
Entry TAG
ロイヤルズ8連勝でワールドシリーズに進出  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031