FC2ブログ
HOME   »  
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 10月7日、フランス・ロンシャン競馬場2400m芝コースで開催される、第97回凱旋門賞競走の展望です。

 今回日本からは、クリンチャーが挑戦します。

 さて、これまでにも何度も書きましたが、凱旋門賞には大きな特徴があります。

① 欧州馬が強い

 過去96回のレースで「欧州馬以外が優勝したこと」は一度もありません。

 つまり、日本馬が一度も勝ったことが無いというのは、欧州以外の地域の競走馬の中で、日本馬が弱いということではないのです。

 凱旋門賞では、フランス馬、アイルランド馬、英国馬が強いのです。

② 3歳馬が強い

 過去10年間で、3歳馬が7勝しています。

 斤量の差が、こうした傾向を生んでいるとも言われます。古馬牡馬59.5kg、古馬牝馬58.0kgに対して、3歳牡馬56.5kg、3歳牝馬55.0㎏と「3㎏の差」があるのです。
 世界トップクラスのサラブレッドが競う時、「3㎏の差」はとても大きいのです。

 3歳馬にとって、4・5・6歳馬より明確に有利なことが分かっているのですが、主催者側は決して斤量を見直そうとはしません。
 結果として、「3歳馬の優位」が続いています。

③ 3歳牝馬が強い、あるいは、牝馬が強い

 前述の3歳優勝馬7頭の内4頭が牝馬です。3歳馬の中でも牝馬が強いのです。
 斤量差の1.5㎏が効いているのかもしれません。

 また、4歳以上の優勝馬(全て4歳馬)3頭は全て牝馬なのです。
 つまり、過去10年の優勝馬の中で「7頭が牝馬」ということになります。

 これは「1.5kg差」の影響というより、「凱旋門賞には牝馬の方が向いている」と見た方が良いと考えます。
 ロンシャン競馬場の特性や2400mという、現代競馬では長距離に属するレースに対する適応力が、強い牝馬の方がある、ということかもしれません。

④ まとめ

 以上から、過去10年の結果を観る限り、凱旋門賞の優勝馬には、以下のような傾向が有ります。
・3歳馬が強い
・牝馬が強い
・5歳以上の馬は勝てない
・59.5㎏を背負っては勝てない

⑤ 2018年のレース展望

 実績から観れば10番のエネイブル(4歳牝)でしょう。9戦8勝、2017年の優勝馬です。3歳では無いのですが、2013年・14年を連覇したトレブと同様に、「3歳時強い勝ち方をした4歳牝馬は十分に勝てる」と観るのが自然でしょう。ちなみに2017年のレースでは、エネイブルは2馬身半差を付けて圧勝しています。

 続いては、19番のシーオブクラス。
 適性十分な「3歳牝馬」であり、5戦4勝で、このところ4連勝中です。G1ヨークシャーオークスを制してのローテーションも、昨年のエネイブルと同じです。勝たれたとしても、何の不思議もないでしょう。

 続いては、13番のキューガーデンズ。
 3歳牡馬です。このところ好調なレースを魅せているアイルランド馬ですが、エネイブル、シーオブクラスの2頭の英国馬に対して、意地を魅せて欲しいものです。

 凱旋門賞2018では、以上の3頭に注目したいと思います。

 日本馬で唯一挑戦するクリンチャーは、地力の差が少しあるかなと感じています。

 「エネイブルの連覇」をどの馬が阻止するのかが、見所でしょう。
 10月1日、中国オープン大会の1回戦に勝利した大坂なおみ選手が、「BNPパリバWTAファイナルズ・シンガポール大会(10月21日~28日)」への出場を決めたと報じられました。

 そのシーズンのツアーにおける獲得ポイント上位8名=世界トップ8、のみが出場できる大会に名乗りを上げたのです。

 今年3月のインディアンウェルズ大会でツアー初優勝を挙げた大阪選手が、一気に「ファイナルズ」に進出したことは、素晴らしいことですし、直近の8か月間の大坂選手の成長と勢いは驚異的であったことを、如実に示す事実でしょう。

 大坂選手は「8名の内3番目に進出を確定した」とも伝えられました。

 最初に進出を決めたのは、今季の全仏オープン覇者のシモナ・ハレプ選手(ルーマニア)、2番目に決めたのは、今季のウィンブルドン・チャンピオンのアンジェリック・ケルバー選手(ドイツ)でした。
 言うまでも無く、大坂選手は「8名の中でも上位での進出」となったのです。

 1972年開始の「ファイナルズ」には、これまで伊達公子選手が3回、杉山愛選手が1回出場しています。大坂選手は、日本人プレーヤーとして3人目の出場者となったのです。

 ホテルでの待遇やポルシェ専用車による送迎など、豪華絢爛な処遇も話題となる大会ですが、大坂選手には「日本人プレーヤー初の決勝進出→優勝」を期待してしまいます。
[10月3日・ヤンキースタジアム]
ニューヨーク・ヤンキース7-2オークランド・アスレティックス

 アメリカンリーグALのワイルドカードゲームは、ヤンキースが終始試合をリードして勝ち抜きました。
 ボストン・レッドソックスとの地区シリーズに駒を進めたのです。

 1回表、ヤンキース先発のルイス・セベリーノ投手は「フルスロットル」で入りました。
 全力投球を続けたのです。
 そして、アスレティックスの攻撃を0点に抑えました。
 この気迫が、1回裏の得点に結びついたように感じます。

 1回裏、ヤンキースは1番アンドリュー・マカッチェン選手が四球を選び2番のアーロン・ジャッジ選手を迎えます。そして、ジャッジ選手はレフトスタンドに完璧なホームラン。
 打つべき人が打って、ヤンキースとしては理想的な形で先制したのです。

 2回表からセベリーノ投手は「巡航速度」での投球となりましたが、やはり1回表のフルスロットルが影響したのでしょうか、5回を投げ切ることが出来ませんでした。

 オークランドにも何度かチャンスがありましたが、日本流に言えば「あと1本が出なかった」形です。2死からのヒットが奪えなかったのです。
 両チームとも、特にアスレティックスは継投を続けましたが、形としては「息詰まるような投手戦」が続きました。

 そして6回裏、ヤンキースは4点を挙げ、ゲームを支配しました。

 この回の攻撃では、5番ルーク・ボイト選手のライトオーバーの2点タイムリーが効果的でした。
 アスレティックスのクローザー、ブレイク・トレイネン投手との対戦でしたが、粘りに粘って、外角のスライダーを見事に弾き返しました。トレイネン投手も、いつもとは異なる6回の登板に戸惑ったのかもしれませんが、レギュラーシーズン防御率0.78の好投手からのタイムリーは値千金でしょう。

 ヤンキースは小刻みな投手リレーで、この差をキープし、最期はクローザーのチャップマン投手がしっかりと抑えました。
 
 気迫溢れるベンチ内の雰囲気と、後押しする4万9千人を超えるヤンキースファンに歓喜の瞬間が訪れました。

 さて、予想もされていた、AL東地区1位と2位の地区シリーズが始まります。
 レギュラーシーズン108勝のボストン・レッドソックスと100勝のニューヨーク・ヤンキースの対戦という、極めてハイレベルなシリーズとなります。

 相当強い「今季のボストン」を相手に、田中将大投手がどのようなピッチングを魅せるのかも、とても楽しみです。
[week3・9月23日・アローヘッドスタジアム]
カンザスシティ・チーフス38-24サンフランシスコ49ers

 チーフスの2年目クオーターバックQBパトリック・マホームズ選手が、この試合で3タッチダウンTDパスを決めて、NFLの「開幕3試合TDパス数」の新記録を打ち立てました。
 第1・2戦の10TDパスに3つを加えて13TDパスとしたのです。

 これまでの記録は、「あの」ペイトン・マニング選手の12個、2番目は「あの」トム・ブレイディ選手の11個、3番手は「あの」ブレット・ファーブ選手の10個と報じられていますから、マホームズ選手は、「錚々たるQB」の記録を一気に塗り替えたことになります。

 今回、2・3・4位に下がることとなった3名のQBは、ご存じの通り、NFL史を飾るスーパースター揃いです。

 加えて、マニング選手、フレイディ選手、ファーブ選手は、これらの記録を樹立したシーズンにおいて全員が「スーパーボウルに進出」しているのですから、チーフスファンの期待は嫌がおうにも盛り上がらざるを得ません。

 残念なことに、チーフスと言えば「ポストシーズンに弱い」という歴史が有りますから、カンザスシティの人々にとっては、「スーパーボウル進出」、そして「スーパーボウル制覇」は「宿願」なのです。

 若き司令塔・マホームズ選手は、カンザスシティの星と言って良いのでしょう。

 このゲームのチーフスの攻撃は、とても多彩でした。49ersの「意表を突くプレーコール」が目立ったのです。
 第1・2戦では、パスTDが多かったのですが、このゲームではランニングバックRBカリーム・ハント選手の2つのTDランで先行し、その後TDパスを連ねるという形でした。既にNFLを代表するRBのひとりであるハント選手の活躍も頼もしい限りでしょう。

 チーフスは10月1日のweek4の一戦、デンバー・ブロンコスとのゲームも27-23で勝ち切りました。
 このゲームでのマホームズ選手は、1TDパスを決めています。

 開幕4連勝としたチーフスに、今季のポストシーズン進出、そしてスーパーボウルへの勝ち上がりを期待するのは、少し気が早いのでしょうか。
 
 9月24日、アリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を締結した、元社会人野球パナソニックの吉川峻平投手(23歳)が入団会見を行ったと報じられました。

 大阪出身の吉川投手は、北陽高校から関西大学、社会人野球のパナソニックと野球キャリアを進め、2018年8月10日にダイヤモンドバックスとマイナー契約を結びました。

 身長188cm・体重79㎏の本格派右腕ですが、日本プロ野球での実績は無く、いきなりメジャーに挑戦した形です。
 この「いきなり」については、日本野球連盟の規則に反するものですから、事実上の「日本球界からの永久追放」処分になったと報じられました。

 この日の入団会見で「また野球が出来ることに幸せや喜びを感じた」というコメントが示されたのも、こうした経緯の為でしょう。

 マイナーリーグからメジャーへの階段を上って行かなければならない吉川投手の前には「茨の道」が広がっているのでしょう。ご本人も「今の段階では何も通用しない」と語っています。

 とはいえ、近時、日本球界からメジャーリーグへの挑戦者が減少している状況下、吉川選手の挑戦を応援したいと思います。
 持ち球であるストレートとシンカーに磨きをかけていただき、いつの日かメジャーのマウンドに立ってもらいたいものです。

 また、ダイヤモンドバックスとしては、シーズン74試合登板の日本人投手新記録を打ち立てた平野佳寿(ひらの よしひさ)投手に続く日本人投手として、吉川選手と契約したのでしょう。球団として「日本人投手の良さ」を感じているのかもしれません。

 「また野球が出来ることの喜び」は、吉川峻平投手にとっての最大の武器になるのでしょう。

 1986年の3歳世代牝馬といえば、「牝馬三冠」メジロラモーヌがまず思い出されますが、同期にダイナアクトレスという女傑が居たことを忘れることが出来ません。
 同世代に、とても強いサラブレッドが複数登場するというのは、我が国の競馬のみならず世界中で眼にする「不思議な現象」ですが、ここにも起こっていたのです。

 父がノーザンテースト、母がモデルスポート(1978年の最優秀3歳牝馬賞受賞)という良血のダイナアクトレスは、2歳時からその競走馬としての高い能力が注目されていました。
 2歳時に函館3歳ステークスG3を圧勝した時には、陣営は皐月賞・日本ダービーへの出走も検討したと伝えられました。

 3歳時はしかし、メジロラモーヌには勝つことが出来ず、迎えた4歳・1987年になって本格化したのです。
 毎日王冠G2と京王杯オータムハンデG3に快勝し、ジャパンカップではルグロリューの3着と健闘しました。日本馬最先着でした。

 そして、この年の最優秀5歳以上牝馬(現在なら4歳以上)を受賞しました。

 1988年になっても、強豪牡馬を相手にしてのダイナアクトレスの活躍が続き、スプリンターズステークス(当時はG2)、京王杯スプリングカップG2に優勝し、安田記念G1で2着、天皇賞(秋)4着と気を吐いたのです。

 そして、この年も最優秀5歳以上牝馬を受賞しました。
 1987年・88年と、2年連続の最優秀5歳以上牝馬賞でした。

 そのダイナアクトレスの代表的なレースが、1987年の毎日王冠であったと思います。

 1987年10月11日に行われたレースです。
 ダイナアクトレスは、4歳牡馬ウインドストースとの叩き合いを制して、アタマ差で優勝しましたが、この時のメンバーが凄いのです。
 3着が「中距離の鬼」ニッポーテイオー(マイルチャンピオンシップ、安田記念の優勝馬)、さらに1985年の日本ダービー馬シリウスシンボリ、1986年の日本ダービー馬ダイナガリバーをも引き連れての優勝でした。

 特にニッポーテイオーとは「勝ったり負けたり」を繰り広げました。
 時代最強の中距離馬を相手に、中距離のレースで先着したダイナアクトレスは、まさに「女傑」であったと思います。

 ダイナアクトレス号、父ノーザンテースト、母モデルスポート、母の父モデルフール。通算成績19戦7勝。主な勝ち鞍、毎日王冠、スプリンターズS、京王杯スプリングカップ、京王杯オータムハンデ、函館3歳ステークス。

 繁殖に入ってからも、ダイナアクトレスは活躍を続け、初仔のステージジャンプと第2仔のプライムステージが共に重賞2勝、第3仔のランニングヒロインはスクリーンヒーロー(ジャパンカップ2008優勝馬)の母です。

12頭の仔を成したダイナアクトレスは、繁殖場としても「名牝」でした。

 2012年、ダイナアクトレスは29歳で息を引き取りました。長寿を全うしたのです。

 まさに「無事これ名馬」でしょう。

 西幕下筆頭の豊ノ島が9月場所で6勝1敗の好成績を収めました。

 十両力士の成績との関連も有りますが、11月場所での十両昇進は確実だと思います。

 2016年7月場所の場所前稽古中に左足アキレス腱を断裂し、2場所連続休場となって、11月場所に幕下に陥落した豊ノ島は、関取復帰に向けての戦いを続けましたが、以降も故障が続き中々十両復帰は成りませんでした。

 関脇を何度も務め、小兵ながらもその独特の相撲によって三賞を十度(殊勲賞3、敢闘賞も3、技能賞4)も受賞している豊ノ島には、当然ながら多くのファンが居て、関取への復帰を心待ちにしてきたのです。
 私もそのひとりです。

 9月場所では、4勝1敗で迎えた11日目の蒼国来戦を勝利したことがポイントとなり、14日目の鏡桜戦も制して、6勝と大きく勝ち越しました。(それにしても、3日目の豊響、11日目の蒼国来と、幕ノ内で戦っていた力士達が幕下で頑張っています)

 そして、ついに実現する時がやって参りました。

 36歳となった豊ノ島ですが、関取として「もうひと花」咲かせていただきたいと思いますし、その力は十分にあると感じます。
 ペナントレースも終盤となりました。

 セントラルリーグは2018年も広島カープの優勝です。

 これで3連覇となりましたが、その広島カープにあって、2018年シーズンに驚異的な出塁率をマークしているのが丸佳浩選手です。

 9月25日終了時点で.481。5割に近い出塁率です。
 
 打率も.321とセ・リーグの7位に居るのですが、何といっても四球121個が圧倒的です。2番手の山田哲人選手(ヤクルト)の100個を大きく引き離して、断トツなのです。

 丸選手は、もともと四球を良く選ぶプレーヤーです。2014年シーズンには100個、2015年シーズンには94個を選んで、リーグトップでした。
 とはいえ、その2シーズンと比較しても、今季の数字は驚異的です。

 丸選手に何が有ったのか?といったところでしょう。

 一方で、丸選手は本塁打でも38本と筒香嘉智選手(DeNA)と並んでトップを走っています。そして、長打率も.662でトップなのです。

 ホームランを沢山打ち四球も多いとなると、かつての王貞治選手を思い出させます。

 打率、出塁率が高く、ホームランも打てるとなると、チームへの貢献度はとても高いと見るのが自然でしょう。

 広島カープの中心打者としての丸選手の活躍が続きます。
 9月20日から27日にかけて、アゼルバイジャンのバクーで開催された、柔道の世界選手権大会は、東京オリンピック2020に向けて強化を進めている日本代表チームにとっては、男女で明暗が分かれる結果となりました。

 日本チームサイドから見ると、男子は7階級中2階級で金メダル、2階級で銀メダル、2階級で銅メダルという結果となりました。
 女子は7階級中5階級で金メダル、3階級で銀メダル、1階級で銅メダルとなりました。

 「女子は大変良い結果となり、男子は不満な結果となった」のです。

 男子は、60kg以下級の高橋直寿選手と66kg以下級の阿部一二三選手が優勝し、幸先の良いスタートを切ったのですけれども、その後は「体重が重くなるにつれて成績が下降」する傾向となりました。100kg以下級では、全14階級で唯一メダル無しに終わったのです。

 女子は、48kg以下級と63㎏以下級において優勝を逃しましたが、両階級とも2位ですから「決勝進出」は果たしています。
 52kg以下級では阿部詩選手、57kg以下級では芳田司選手、70kg以下級では新井千鶴選手、78kg以下級では濱田尚里選手、78kg超級では朝比奈沙羅選手が、それぞれ優勝しました。
 女子は「体重の軽い重いと成績は無関係」で、全体としてとても良い戦いが出来ていたのです。

 柔道がjudoとなって、世界中で行われる人気スポーツとなり、国別のjudo人口においてフランスが世界一となったと報じられてから、もう相当経っていますので、発祥の国・日本としても、いつまでも「お家芸」と言っては居られない状況が到来していて、オリンピックや世界選手権大会において、日本チームが「過半数の金メダルを獲得する」ことが極めて困難になっていることは、周知のことでしょう。

 従って、当然ながら、「7階級中2階級優勝の男子」が概ね現在の力通りの成績であり、「7階級中5階級優勝の女子」は大健闘であったと見るのが妥当なのでしょう。

 そもそも、「世界ランキング1位のプレーヤー」の中で、今大会で金メダルを確保したのは、男子では81kg以下級のサイード・モラエイ選手(イラン)、100kg超級のグラム・ツシシビリ選手(ジョージア)と女子の63kg以下級のクラリス・アグベビュー選手(フランス)の3選手だけでした。
 それどころか、世界ランキング1位でありながら、今大会の1回戦で敗退したプレーヤーが男女ひとりずつ2名も居たのです。

 日本選手のみならず、世界中の強豪選手にとっても、世界大会で優勝することは「至難の技」となっていることが、良く分かる結果です。
 競技人口が多く、いわゆる「メジャースポーツ」であればあるほど、世界一となるのは難しいのです。(当然のことを書き、恐縮です)

 東京オリンピック2020に向けて、日本柔道界にとっては「茨の道」が続きますけれども、発祥の国のチームとして、どの階級においても「堂々たる戦い振り」を示していくことだけは、是非、堅持していただきたいと感じます。

 横綱・稀勢の里の復帰、横綱・白鵬の復活優勝、大関・栃ノ心のカド番脱出と、上位陣が次々と「9月場所の目標」を達成した中で、唯一、関脇・御嶽海の大関取りだけが失敗しました。

 これだけ多くの上位力士の「思いがこめられた場所」ですから、全ての「重い」が成就するというのは、難しいことなのでしょう。

 9月場所の御嶽海の相撲は、先場所と比べて、前に出る力とスピードが劣っていたと感じます。これは、初日から感じました。本場所に強い力士とされている御嶽海にしても、やはり緊張と気負いが有ったのかもしれません。

 結果として土俵上で、先場所より「小さく」観えました。

 御嶽海の身長180cm・体重170㎏という体格は堂々たるものですが、上位陣には大きな力士が並んでいるのです。
 身長192cm・体重154kgの白鵬、身長188cm・体重176㎏の稀勢の里、身長185cm・体重180kgの高安、身長191cm・体重175㎏の栃ノ心、身長193cm・体重227kgの逸ノ城と、関脇以上には大型力士が目白押しです。

 こうした状況下で御嶽海が勝ち抜いて行くためには、スピードと相撲の上手さが必要なことは言うまでも無いことでしょう。
 そして、7月場所では、この「上手さ」、相撲に行っての機を観るに敏な取り口が存分に発揮されたのです。(7月場所で3横綱を始めとして、上位陣が軒並み休場したことも、多少は影響が有ったかもしれませんが・・・)

 7月場所と比べて調子が悪かった御嶽海ですが、14日目の高安戦では本領を発揮しました。対戦成績で圧倒的に負けている(7連敗中)の大関を、土俵際の動きで逆転勝ちしたのです。
これこそが、相手力士の僅かな重心の動きを取らまえて勝機を見出していく相撲こそが、御嶽海の真骨頂でしょう。

 その相撲が取れていることが、高安戦で示されたわけですから、あとはコンディションを整えていただき、前に出るパワーとスピードに磨きをかけてもらいたいと思います。

 御嶽海関には、再び「大関取りのチャンス」がやってくることは間違いないのですから。
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031